2018瀬上沢ホタル観賞ナイト:番外編

映画「ほたるの川のまもりびと」鑑賞ガイド 
7月7日からユーロスペースで公開

ホタル観賞に続いては「ホタルの里」を守る粘り強い闘いを描いた映画鑑賞のご案内です。
作品は山田英治監督による長編ドキュメンタリー「ほたるの川のまもりびと」。
配給元である鎌仲ひとみ監督率いる「ぶんぶんフィルムズ」から首都圏での公開と記念イベントの案内が届きました。

 top_pc_convert_20180609114418.jpg

と言っても撮影現場は瀬上沢ではなく、遠く長崎県川棚町の里山を流れる石木川。
映画『ほたるの川のまもりびと』は、川棚町の川原(こうばる)地区を舞台に、約半世紀に渡り続くダム計画に翻弄されながらも、美しい里山に暮らす13世帯54人を描いた作品です。


 footer_bg_convert_20180609114501.jpg 川原地区

長崎県と佐世保市を事業主とする石木ダム建設計画が持ち上がったのは1970年代。
建設する理由として「将来の佐世保市の水不足に対応するため」「川棚川の治水対策」と説明している。しかし、同市は全国の市町村の中で人口流出率が6位の地域で、90年代から水需要は低下、さらに河川改修によって治水対策も進んでいてもはやダム建設は無用の指摘も……。

人口減少により新しく宅地造成を行う必然性の無い中で、郊外部ならではの豊かな緑の自然環境を壊し、大規模な谷埋め盛り土造成工事を行い、医療モールやホームセンター、マンション、戸建て住宅などの建設を強行しようという時代の流れに逆行する上郷開発と同じような構図が浮き彫りに?(ちなみに上郷開発計画が浮上したのは1992年1月、四半世紀以上前でした!)

九州各地での先行ロードショー公開に続いて7月7日、七夕の日から渋谷ユーロスペースはじめ全国各地で公開が始まります。(神奈川県下はまだ未定ですが)

■7月7日(土)~ ユーロスペース 東京都渋谷区円山町1-5
http://www.eurospace.co.jp/ (https://l.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.eurospace.co.jp%2F&h=ATMuAPHbxXFAlQoeqoVVHMAQkZll0xI6Ac_hDg41gUF8m6OB3BwNMul7nz_KAJwQU_OaftR2OubhVz6lrw8a0hTllllbXNBvbHjAQ46bOtDLnGXWAqNXdevndxaybOGYXWxKZMZY7RPYNJg)

詳しくは「ほたるの川のまもりびと」公式サイトをご覧ください。
http://hotaruriver.net/ (http://hotaruriver.net/

また、ぐーんとお得な全国共通特別鑑賞券の販売もスタートしたようです。
(劇場料金は当日一般1,800円、前売券は1,300円)
* 前売券の購入はパタゴニア各店舗が便利かも(東京と神奈川と福岡エリア)
◎パタゴニア 横浜・関内 https://www.facebook.com/PatagoniaYokohama/?fref=mentions
◎パタゴニア ベイサイド・アウトレット https://www.facebook.com/PatagoniaBaysideOutlet/?fref=mentions
◎パタゴニア 鎌倉 https://www.facebook.com/PatagoniaKamakuraStore/?fref=mentions


6月24日(日)プレイベント開催決定!
公開を記念して、東京でホタルが輝き出す6月24日(日)に、
ホタルを通してこれからの暮らしを考えるプレイベントを開催いたします。
美しい水辺に住むホタル。
その輝きは、初夏の訪れ、そして大切な清らかな水がそこにあることを教えてくれます。
その輝きが多くの開発によって、失われようとしています。
私たちがこれから選択していく未来とは。暮らしとは。
この輝きが失われる前に、一度立ち止まって話し合ってみませんか?

第1部では、
世界的にも有数のホタル博士大場信義さんに基調トークをしていただきます。
「ホタルの方言」など神秘的なホタルの生態を発見されてきた大場さんのお話は必聴。

そして第2部では、
北海道の二風谷ダム反対活動にも参加されたアイヌ文化活動家の貝澤耕一さん、
本作の共同プロデューサーでありパタゴニア日本支社長の辻井隆行さん、
山田英治監督によるトークセッションを行います。ぜひご参加ください!
 
【イベント詳細】
■日時:2018年6月24日(日) 開場13:30  14:00~16:00
■場所:明治学院大学 白金キャンパス アートホール
 地図:https://goo.gl/maps/SPTx5gPqKaM2
■タイムテーブル
1部 基調トーク「ホタルが暮らせる環境って?」
   ゲスト:大場信義さん(大場蛍研究所所長、全国ホタル研究会名誉会長)(30分)
 休憩:10分
2部 トークセッション(60分)
   テーマ:「これから私たちが選ぶ未来にホタルは輝いているか」
   ゲスト:山田英治監督(映画「ほたるの川のまもりびと」)
       辻井隆行さん(パタゴニア日本支社長)
       貝澤耕一さん(NPO法人 ナショナルトラスト チコロナイ理事長)
・入場料:無料
・定員:200名(予約先着)
・オンラインご予約(推奨) Peatixページにてご予約ください。 http://hotaruriver0624.peatix.com
・メールご予約:「お名前」「メールアドレスまたは電話番号」「人数」をご記入の上、件命を「6/24イベント予約」としてお送りください。 E-mail:savekoubaru@gmail.com
■主催:ぶんぶんフィルムズ、いしきをかえよう実行委員会
■共催:ナマケモノ倶楽部、明治学院大学国際学部大岩圭之助ゼミ
■お問い合わせ:ぶんぶんフィルムズ savekoubaru@gmail.com

●資料:チラシ1面

hotaru_reeflet1806-1_convert_20180609114538.jpg
● 同2面
hotaru_reeflet1806-2_convert_20180609114659.jpg

関連資料
今年5月には「ホタルの里から長崎をかえよう」というイベントが開かれ、大きな盛り上がりをみせました。
以下、長崎新聞の記事から。


 ■長崎新聞トピック








2018ホタル観賞ナイト:速報-その4

今日明日が見頃かも? by瀬上沢通信員直送メール

7日(木)夜の瀬上沢の観察結果が届いていました。
一昨日の梅雨入り(恵みの雨)と一昨日来の気温上昇で今期のホタルはピーク状況にあるようです。
幸い今夜もおだやかな晴天となる模様なので、ホタル観賞に絶好の週末かも……。 編集部

今夕のホタルの様子です。

池の下広場と池の左俣の谷戸には沢山のホタルが
出ていましたが、田んぼから下流部にかけては大分
減っていました。

田んぼのところには、早くもヘイケボタルが20頭
ぐらい発生していました。

あくまでも推測ですが、下流部では、前回の雨で
発生した成虫が減る一方、池の近くの上流部で雨を
待っていた個体が昨日の慈雨で羽化をしたのかも
しれません。

瀬上沢全体としてのピークは、少し過ぎたかも
しれませんが、今年はピークがなだらかで、池の下
近辺では暫く楽しめそうです。

2018瀬上沢ホタル観賞ナイト:速報ー3

ホタルに会いに出かけよう 今日明日、見頃です

お待たせしました! 
いよいよホタル観賞絶好の日和(ひより)が来たようです。
守る会世話人会から、昨日6月1日(金)夕の最新情報が届きました。

20150608180543972_2018060215523294d.jpg ホタルの飛翔シーン(注1)

昨夕のホタルの様子です。
数日来、雨が適当に降り気温も高く、風も月もなく絶好の
ホタル観賞条件が整っていました。

横堰~栄高校下でも20頭程度見られ、高校下~瀬上池の
間では約500頭と大幅に増えていました。
この先数日がピークかと考えられます。

守る会メンバーの応援を得て、二人で約300枚のチラシを配りました。
やはり、ホタルを、自然を愛でに来た人達とあって、開発から緑地を守るには
何ができるのかなどの反応が多く返ってきました。

今日明日は、相当の人出となるでしょう。
「大幅人口減が見込まれる当地で、貴重な自然を壊しての
開発とは、横浜市は何を考えているのか!」という市民の
声を高めるには絶好の機会です。

201406110229526d6_201806021552314fe.jpg 瀬上池下の紫陽花(注2)

さて、追加情報です。
例年通り、栄高校下の瀬上沢入口に4基の移動式簡易トイレが
設置されていました。

2018060614340000.jpg

これで一安心! 南部公園緑地事務所が設置。
6月30日まで使えるようです。

注1:フラッシュ禁止のため2014年にプロカメラマンが撮影のものを再録。
 2:アジサイも同じく2014年6月のもの。さて今年の咲き具合は?

追記
既報のように今日明日の日の入り&月の出の時刻はホタル観賞にピッタリです。
 2日(土) 日の入り:18:52 月の出:21:49           
 3日(日) 日の入り:18:52 月の出:22:31         
日没から月が出るまで、夜の闇の深さを感じながら小川アメニティ沿いに瀬上池まで歩けば、きっと駅から徒歩圏にあるとは思えないほど豊かな新緑の樹々の下を遊弋(ゆうよく)するホタルのあえかな光の交差に感動! 
                      

上郷開発NO! 5月街宣レポート

緑地破壊の上郷開発 根拠ナシ 地盤災害の恐れあり

2018ホタル観賞シーズンを迎え、守る会&署名の会は26日(土)、時代の流れに逆行する上郷開発計画の撤回を求める街宣活動を活動のベースキャンプともいうべき港南台駅頭で行い、あらためて瀬上沢緑地の自然環境を激変させる大規模な谷埋め盛土造成工事による大規模な宅地造成事業の中止をアピールしました。

以下、世話人会の両会員宛てレポートと、同日の夜、瀬上沢現地で行ったホタル観賞の市民向けアピール行動の報告を。

反響良好 5名参加、チラシ300枚配布
今日の街宣についてご報告します。
 日時:5月26日(土)11時~12時
 場所:港南台バーズ前
 参加5名 チラシ配付約300枚

爽やかで人出も多く、いつもより少ない5名の参加で
300枚のチラシを受け取っていただきました。

瀬上沢の平年より1週間程度早いホタル発生と
開発地におけるホタル絶滅の危機や、横浜市が都市計画の
目標年=2025年において横浜市の人口が1万人減ると
予測しているにもかかわらず、緑地を壊して新たな
市街地をつくるという矛盾についてマイクで発信しました。

両会世話人一同


 2018052807050000.jpg


高校下~瀬上池の間で99頭 発生状況に異変?/26日夜
昨夕は、ホタルの今季の手始めとして19:30から横浜栄高校下の瀬上沢入口でチラシを約100枚を配布しました。
街宣と異なり、チラシを手渡すときにホタル情報や開発事業計画の状況を伝えることができ、相手も関心を持って聞いてくれ、よい反応を得ました。

1時間で訪れた人は約150人で、やはり地元の人が多く、横堰方面からの人が3分の2以上でした。
6月1~3日と8~10日の週末、大勢の観賞者が訪れると思われるので、チラシを配りながら、この有効な情報発信をするつもりです。

なおホタルは横堰から高校下の間は、依然として発生が少なく数匹程度で、高校下~瀬上池の間では、実際にカウントした人が99頭だったと言っていました。


■資料:守る会街宣チラシ1面

2018蟷エ5譛医メ繝ゥ繧キ-1_convert_20180528105337

■ 同2面

2018蟷エ5譛医メ繝ゥ繧キ-2_convert_20180528105411

注:街頭で配布するチラシは経費節減のためリソグラフによるモノクロ(単色)印刷です。

2018瀬上沢ホタル観賞ナイト:速報ー2

早くもそこここで飛翔 ホタル月夜 瀬上沢通信員:25日ナイト便

今夕もホタルの偵察をしてきました。
舞上線から栄高校下で5頭、栄高校から3軒家で数頭、
アメニティに入って鉄塔までで数十頭、それから田んぼ
間で数頭、田んぼから池の下で50頭と増えていました。

いつも早く出る横堰から高校下や鉄塔から田んぼまでの
間など、どういうわけか少なくなっています。

月が大きくなり、明るさが観賞を相当邪魔をするようにな
ってきました。あと5日ばかり月は明るくなるばかりですが、
31日あたりから月の出が遅くなり解消されそうです。

また、池の下の親子連れから昨年訪れた小網代の様子を
聞きました。結論として瀬上沢の方が下記の理由で格段と
よいとのことでした。
・小網代は開放期間が1週間で、宣伝も行き届いており、
 散策路も狭いこともあって、混雑ぶりが凄まじい。
・ホタルがいるところと散策路が離れており、瀬上の
 ように間近な観賞・接触ができない。
・散策路が懐中電灯を使わざるを得ないような状況で、
 皆が照らす灯りが観賞の邪魔になる。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)