豪雨禍ウオッチング

一時は「氾濫注意水位」に! 昨夜の集中豪雨でいたち川の水位が急上昇 

横須賀で1時間に100ミリ以上という猛烈な雨による土砂崩れで脱線し、朝から運休を余儀なくされた京浜急行。三浦半島沿線の横須賀市や金沢区民で通勤難民となった方も多かったのでは? 
脱線事故で負傷された方はじめ豪雨による被害に遭われた市民の皆さん、心よりお見舞い申し上げます。

さて、わが栄区でも昨夜の雨はすごかった。テレビのボリュームを上げないと音声が聞こえないほどでしたね。
で早速、横浜市の防災情報コーナーで24日(月)夜の「いたち川水系 城山橋」近くの水位を調べてみると、
 午後 9時30分  40cm
   10時00分  182cm
   10時30分  204cm

546611_mobile_20120924230000.jpg
水位が急上昇した城山橋あたり 24日22:30PM  

豪雨に見舞われた午後9時過ぎ、わずか30分で水位が一気に140cm以上も急上昇し、水防団の「待機水位」とされる120cmをはるかに超え、「氾濫注意水位」となっていたのです。(ちなみにこの夜の最高水位は228cmとありました。)

瀬上池、そして瀬上沢の状況はまだ把握できていませんが、広大な樹林地・緑地・沢地無かりせば……かつて「いたち川」の氾濫による浸水で天神橋一帯が大きな被害にあった経験をもつ栄区長はきっと眠られぬ夜を過ごしたのでは? そしてまた上郷開発問題のポイントをあらためて考えさせられた一夜でした。

注:城山橋=県立柏陽高校裏手、JR本郷台駅から区役所へ向かう際に渡る橋

横浜カーフリーデー

カーフリーデーに出展、奮闘しました 22日、署名とVYCで大きな成果

・呎怦・抵シ呈律+CFD+003_convert_20120923163839

「署名の会&守る会」混成チームは秋分の日の22日(土)、9回目を迎えた「横浜カーフリーデー2012&モビリティウィーク」に出展、横浜公園のミュージックステージ前のブースで上郷の緑の保全を訴える署名活動を行いました。

この日の横浜公園はプロ野球のDeNA対広島戦(2時~)やら、「ブラジル・フードフェスタ」やら秋のイベントが重なったこともあり、昼前から親子連れや若いカップルなどで大賑わい。

201209221517002_convert_20.jpg 201209221517001_convert_20120923162314.jpg

交代でチラシまきや瀬上地区の現状説明、賛同署名の応接にあたった有志8名は午後4時の閉会まで忙しい一日を過ごしましたが、署名も300近く集まりキャンペーンの手ごたえ十分でした。

さらに日本大通りに設けられたパタゴニア横浜ストアのブースではVYC(ボイス・ユア・チョイス)の投票が行われたのですが、「守る会」を支援先とする投票が「FoE Japan」を大きくリードした模様で、状況偵察に訪れた有志が思わずほっとする一幕もありました。

・呎怦・抵シ呈律+CFD+007_convert_20120923150233

もっとも今年のカーフリーデーは参加団体数や人出こそ昨年を上回ったものの、第1会場=日本大通り、第2会場=横浜公園、第3会場=象の鼻パークと、関内駅から横浜港までロング・ロングトレイルとなったこともあり、横浜公園内のステージやフリーマーケット、また物販関係のブースなどはどこも長く拡散した参加者を呼び込むのに苦労したようで、来年の開催に大きな宿題を残す形となったようです。(署名の会 M&M)

守る会:活動レポート(続々)

VYCそしてGRT 土曜の昼下がり、守る会への「支援」を訴える

残暑厳しい中、アウトドアシーズンを目前に買い物客で賑わうパタゴニア横浜ストア。
その店内の一角で「ボイス・ユア・チョイス」キャンペーンが行われていることは既報の通り。

VYC+繝代ち繧エ繝九い讓ェ豬・12_9_14+3鄂イ蜷阪°縺医k繝昴せ繝育畑繝励Λ繧ォ繝シ繝・005_convert_20120918234351

9月15日(土)、上郷・瀬上の自然を守る会はGRT活動(注)の一環として瀬上沢緑地の全面保全を訴える署名に加え、守る会へのチョイス(投票)を訴える呼びかけを同店で行い、対戦相手の「FoE Japan」を大きくリードした模様?(投票箱にはキーがかけられていて……実はわからないのですね)。

VYC+繝代ち繧エ繝九い讓ェ豬・12_9_14+002_convert_20120918234907

*GRT=「グラス・ルーツ・テーブル」は環境保護団体がパタゴニア日本支社のバックアップを受け全国の直営店の店頭で行う活動キャンペーン。店のユーザーだけではなく通行人など広く一般市民を対象とする「草の根」の活動として、これまで「署名の会」は横浜店のほか鎌倉店、鳥浜のアウトレットで何度もGRTに取り組み、今は「守る会」がその成果を引き継ぐ形で旗を掲げている。

守る会:活動レポート(続)

「ボイス・ユア・チョイス」って何?
「FoE Japan 気候変動・エネルギーチーム」って何?
 お答えします

「ボイス・ユア・チョイス!」、また「FoE Japan 気候変動・エネルギーチーム」って何? と思われる方も多いのでは……。で、台風接近による変わりやすい天気でひょっこり時間が空いたのでパタゴニアさんのHPから引用、ご紹介します。

header-index_convert_20120916103009.jpg

Voice Your Choice (ボイス・ユア・チョイス)
「ボイス・ユア・チョイス」はパタゴニアに来店されるお客さまが地元の環境問題によりかかわることができるようにとアメリカの直営店でその取り組みがはじまりました。それぞれの地域で活動する環境保護団体が取り組んでいる問題に焦点を当てながら、来店されるお客さまにグループを紹介し、「ボイス・ユア・チョイス」を通して各ストアの環境助成金予算の使い道について、お客さまの直接参加を呼びかけています。

日本でも2008年より直営店および通信販売部門を中心として本プログラムを実施しています。これまでの「ボイス・ユア・チョイス」プログラムによる助成先の詳細については、パタゴニア日本支社の環境助成金プログラム支援先をご覧ください。
 2011年度 パタゴニア日本支社環境助成先
 2012年度 パタゴニア日本支社環境助成先

そして2012年秋、直営店およびウェブサイトにご来店いただいたお客様にご参加いただき、その声を助成金の環境活動分野別の配分に反映させる「ボイス・ユア・チョイス 2012」を実施します。さまざまな分野で活動している非営利の市民グループを支援するために、各直営店および通信販売部門がそれぞれ2つの環境保護団体を選出し、全国36の団体に総額6,300,000円の寄付をおこないます。

製品のお買い上げの有無を問わず、投票期間中にパタゴニア直営店またはウェブサイトにご訪問いただいたすべてのお客様に、ご訪問ごとに1回の投票をしていただくことができます。各団体の活動内容については、店内の展示パネルおよび「ボイス・ユア・チョイス 2012」ページをご覧ください。結果発表は10月中旬ごろを予定しています。
http://voiceyourchoice.jp/#tag_6


「FoE Japan」とはどういう団体?
さて今回競合するのは文字通りの強豪である国際環境NGO「FoE Japan」の 気候変動・エネルギーチーム。
以下の紹介文から明らかのように、この間の脱原発運動における首相官邸前抗議行動やパブリックコメント提出を呼びかけてきたエネルギッシュな団体の一つなのですね。
簡単にどんな団体かそのHPから抜粋、紹介しましょう。

設立目的
FoE Japanは、地球上のすべての命がバランスを取りながら心豊かに生きることができる持続可能な社会をめざし1980年から日本で活動しています。国際環境NGO Friends of the Earthの日本メンバーとして、気候変動・エネルギー、森林・生態系保全、廃棄物削減などの分野で政策提言や普及啓発を行っています。気候変動・エネルギーチームは、地球温暖化問題に向き合い、放射性物質汚染リスクや使用済み核燃料処分問題などを抱える原子力からも脱却する、持続可能で公正・公平なエネルギー社会の実現をめざします。
活動概要
FoE Japanの気候変動・エネルギーチームは、これまで化石燃料や原子力に依存し、エネルギーを大量に消費してきた社会を見直し、環境負荷が少なく、持続可能で民主的なエネルギー社会の構築をめざし活動しています。今後のエネルギー政策を決める際には、原発事故被害の実態を出発点として、福島の方々をはじめ広く国民・市民の意見が反映されるよう、意見表明の場を創出し、政府や社会の各セクターに働きかけを行っています。また、自治体や企業などとも連携しながら、効果的な節電・省エネの取り組みの普及を行っています。
現在取り組んでいる主要な課題
原子力・化石燃料依存から脱却し、省エネルギーと自然エネルギー中心のエネルギーへのシフトに向けて、できるだけ多くの国民の意見を意思決定に反映させること。
自治体、公共施設、店舗、事業所などでのエネルギー利用の見直し・省エネルギーの取り組みを普及・加速すること。

守る会の活動レポート

「ボイス・ユア・チョイス」  あなたも1票を投じませんか?


      チョイス270x154_vyc_F12-jp


いま「パタゴニア」の環境保護活動への助成プログラムの一環である「ボイス・ユア・チョイス」というキャンペーンがパタゴニアの全国各地の直営店などで行われており、来店客なら誰でも二者択一の投票行動によって地域の環境保護団体への支援の意思を示すことができます。

で、とりあえずは関内の日本大通りの1本中華街寄り、大桟橋(おおさんばし)通りに面した横浜ストアで。
もちろん今回もまた、円海山山麓の丘陵地・樹林地の緑の全面保全を訴えて地道な署名活動などに取り組んでいる「上郷・瀬上の自然を守る会」に○または◎。

津波や原発事故による被害にこそ合わなかったものの、大規模開発の魔手?によって32ヘクタールもの緑野が住宅地や商業施設などに姿を変えてしまえば、豊かな生態系や美しい景観は一掃されてしまい、この夏、多くの子どもたちに感動を与えたホタルの群舞も見られなくなってしまいます。

上郷開発反対! 瀬上の緑の全面保全を!

3連休で関内方面へお出かけの折は、ぜひパタゴニア横浜店に立ち寄り、「ボイス・ユア・チョイス」に1票を投じてみませんか? 

勝者・敗者に関係なく、1位そして2位それぞれにパタゴニア日本支社から環境活動助成金として20万または15万円が託されるのですよ。なおちなみに、これまでの結果は以下の通り。

街頭などでのカンパに加え、パタゴニアさんの助成プログラムは私たちの活動にとって大きな励ましであり支えとなっています。

2010年 投票総数273票 
 ●上郷・署名の会125票 VS. ○丹沢自然保護協会148票 

2011年 投票総数241票 
 ○上郷・署名の会147票 VS. ●丹沢自然保護協会 94票

2012年 目下、投票行動受付中
  上郷・瀬上の自然を守る会 VS. FoE Japan 気候変動・エネルギーチーム

守る会:署名活動レポート

署名23,358筆に! 第1回集計目標を大幅に上回る

東急建設による上郷開発計画に反対し緑地の全面保全を求めるための署名活動を展開してきた「上郷・瀬上の自然を守る会」が、当初の署名目標としてきた2万をクリアーしたことについては既にお知らせしましたが、その詳細を告げる最新のチラシ(フライアー)が届きました。

通常、駅頭などで配布するチラシはモノクロですが、ブログ読者の皆さんに向けた特製のカラー・バージョン版です。署名活動の様子や開発計画図がはっきりと明示されています。


守る会:チラシ1面(2012.09③)


縺オ繧峨>縺ゅ・img095_convert_20120911163438


同2面


縺オ繧峨>縺・繝シimg096_convert_20120911163547

なお東急建設は6月にも行うとしていた開発計画の提出をいまだ行っておらず、今後同社がどういう形やタイミングで横浜市に対して開発の許可を求めるための動きに出るか不明ですが、守る会は引き続き横浜市長および市会に対する働きかけの一環として署名活動を継続するとの方針を伝えてきております。

以下、「守る会」からのメールです。

皆様

8月末に行った1回目の署名の集計の結果、目標の2万筆を大幅に上回る23,358筆に達していることが分かりました。皆様のご支援、ご協力に御礼申し上げます。

報告を兼ねて、ちらしを作成しましたのでお送りします。 
ご支援下さった方々への報告としても活用頂ければさいわいです。裏面の開発予定図も用地の表記を鮮明にしています。

また、ご支援をいただいているパタゴニア日本支社の環境保護団体への助成プログラムの一環として、今年もパタゴニア横浜・関内店においてヴォイス・ ユア・ チョイスが8月28日(火)から10月3日(水)まで実施されています。
今年は、FoE Japan (国際環境NGO Friends of the Earthの日本メンバー) と当会、上郷・瀬上の自然を守る会がノミネートされております。パタゴニア横浜・関内店においでの際には、ぜひ当会に票を投じていただきますよう、お願いいたします。
*ヴォイス・ユア・チョイスとは、パタゴニア各店がそれぞれ2つの環境保護団体を選出し、来店客にご購入の有無を問わず支持する団体に投票してもらい、順位に応じて助成金を寄付するというプログラムです。全国36団体への寄付は総額6,300,000円にのぼります。

上郷・瀬上の自然を守る会


守る会:署名活動レポート

防災の日、洋光台駅前でアピール  防災面からも瀬上沢緑地の全面保全を

「防災の日」の9月1日は午前中に久々の小雨がぱらつき、夕方からは神奈川県東部に大雨警報が出されるなど、あいにくの不安定な空模様。
しかし降り始めた雨はどこもほんのおしめり程度だったようで、防災訓練関係者は痛しかゆし? 8月は記録的な“少雨高温化”で、街はどこもカラカラ……適度な降雨が期待されていたのですね。

そんな悪条件の土曜の昼下がり、「守る会」の街宣活動がJR洋光台駅前で行われ、道行く人影こそ少なかったものの、夕刻5時過ぎまでの1時間強で延べ200筆近くも署名が寄せられ、あらためて市民の関心の高さを実感できるものとなりました。

006+(2)_convert_20120902174719.jpg
閑散とした駅前。でも署名は延べ200近くに…
突き当たりは東急ストア洋光台店!

既報のように、署名活動は全市・全県的な展開を待たず第1次目標をクリアーし、この日配布したチラシは依然として東急建設による開発計画案の正式な提出が行われていないこと、また署名が2万筆を超えたことを報ずる改訂版となりました。

守る会のチラシ:1面

鄂イ蜷絞mg090_convert_20120902174316

同2面

鄂イ蜷絞mg091_convert_20120902174436


「瀬上沢」という地名が示すように、東急建設が大規模な造成工事によって開発をもくろむエリアは円海山麓に連なる樹林地や田畑だった沢地で、このところの地球規模で頻発する自然災害を直視すれば、緑地としての全面保全の方策を図ることこそが次世代の市民への責任であることは明らかです。

守る会:署名活動レポート(番外編)

本日夕4時~5時半、洋光台駅前へ 活火山?かかえ「備えあれど憂いあり」

今日9月1日は防災の日。朝から各地各所各家庭では防災訓練のバケツリレーやすいとん?作り、あるいは高齢者の避難訓練やらで汗をかいていることでしょう。

さて今朝の朝日新聞の社会面には「備えあれど憂いあり」の大きな見出しが。
神奈川県内の各地には活断層があり、備えても憂えても、憂いは去らず……“富士山大爆発”の危険性だってあるということなのですね。

ところで東急建設による瀬上・上郷開発計画はその後どうなっているのでしょうか? 
富士山同様、不気味な沈黙が続いているのですが、東急サイドが計画を中止し緑地保全に向けた新機軸を打ち出さない限り、やはり活火山に対すると同じく備えを固めることが肝要……。

――という次第で、8月末を待たず当初目標とした2万筆の賛同署名を達成した「守る会」は、引き続き今日の夕4時から5時30分までJR洋光台駅前で署名への賛同を訴える街頭宣伝活動を行うそうです。

    108yuki1_convert_20120901103251.jpg

月の暦を見ると今夜は「十五夜」、月の出は18時12分です。
署名活動への声援がてら洋光台へ出かけてみませんか? あいにく洋光台駅前は高層の団地群に囲まれ、「月は東に 日は西に」の光景に接するのは難しそうだけれど。(ブログ制作本舗:M&M)

追伸

なおまたつい先刻、神奈川県東部に大雨洪水警報が発令されたので(降水確率は40%)、お出かけの方は傘のご用意も忘れずに。

 横浜地方気象台は1日、神奈川県東部に大雨・洪水警報を発令した。

 同日昼前まで、低い土地の浸水や河川の増水への警戒を呼びかけている。

 同気象台によると、1日午前中に、1時間あたり最大60ミリの雨量が見込まれ、雷も同日夜遅くまで予想されるという。
  
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)