上郷開発NO! 広島の土砂災害に学ぶ―(2) 増補版

山崩れ 危ない過去が? 「猿田」という地名に隠された歴史 

1013-4320_convert_20140827122652.jpg
23日付け記事の時点ですでに八木地区は死者が25人も出ていた(朝日)

広島の土砂災害で最大の死者・行方不明者を出した「八木地区」という地名に隠されていた災害の記録――。
ところが東急建設による上郷開発計画が大規模造成の対象とする舞岡上郷線の西側部分、「深田地区」を含む事業計画にある「猿田」という地名について、楽天ブログの「仙台・宮城・東北を考える おだずまジャーナル」2013年10月15日号に注目すべき記事が載っています。以下、全文転載させていただきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/odazuma/diary/201310150000/

「猿田」という字名 おだずまジャーナル 2013年10月15日号

昨日に続き、宮城県内の災害を知らせる地名の話を。太宰先生の本を読みながら。(太宰幸子『地名に込められた伝言 災害・崩壊・津波地名解』彩流社、2013年) *昨日の記事 仙台・泉区の赤生津を考える(2013年10月14日)

水害を知らせる地名としては、昨日記した赤生津や荒川などのほか、袋、郎丸が関連する。また、ウメ(梅田など)、カケ(欠、懸、柿など)、カメ(亀田など)、ヨネ(米川、米山など)、ツル(鶴巻、鶴巣など)も水害を受けやすい地を示している。

崖崩れなどの災害を知らせる地名としては、クリ(栗生、栗木など)、アザブ・アオソ(麻布、青麻)、小豆、倉(大倉、沼倉)、サクラ(佐倉)、シロ、放れ、竹(竹谷など)、貫(平貫など)、萩(萩野など)が関連する。いずれも、崩れる、荒れる、取れるなどの言葉から生まれたものとされる。

中でも興味を引いたのが、「猿」である。
サルは、古語のザレ(礫)の転訛で、山の崩れて欠け落ちた所や岩の崩れることをいう。地名の例として挙げられているのが「猿田」で比較的多い地名とのことだ。

同書に説明されているものでは、
○猿田(石巻市北村)(平成15年宮城県北部地震で被災)
○猿田(角田市)(地元ではサンダと呼ばれる。猿田溜池がある。昭和61年8.5豪雨で地滑り。
○猿跳(さるぱね、丸森町)
○猿鼻(さるはな、蔵王町)ハナは地形が出っ張っていること。住所表記は町尻。東に猿頭の地名があり、ザレの始まりの地だろう。
もう一つある。この読み方が興味深い。
○猿田(ねこた、蔵王町)
地元では「去る」で縁起が悪いので猫にしたと伝わる。猿田と書いてネコタと読ませるのだから面白い。
松川と薮川の合流地点で、猿が来て田植えを手伝ったという伝説があるが、川が崖を曲流していて、古くから崩れていたのではないかという。
また、ネコは山の麓や山の根方を意味し、ここも山の際に位置している。私も地図を見てみた。蔵王町の宮地区の小字に猿田があり、読みはやっぱりネコのようだ。


■編集部注
=東北における地名が関東で同じ由来に基づくとは限らない。郷土の歴史に詳しい北條祐勝師(上郷・光明寺の前住職)の説についても引き続き取材・報告が必要だろう。
他方「サル」についてはウイキペディアに次のような記述があり、「猿田」との共通点があることに驚く。
沙流川(さるがわ) 沙流川の名は、アイヌ語のサラ:Sar=葭原(よしはら)に由来。 別名をシシリムカ:Sisirimukaとも呼ばれているが、これは流砂で河口部が塞がりやすいことを示していると考えられる。

こうした記述を上郷開発をめぐるアセス審における地盤面の審査を主導した地盤工学専門のK委員はどう考えているのだろうか? 6月19日付けのブログで紹介したK委員による「地盤災害から身を守るための4ケ条」をあらためて紹介する。
(1)どんな土地か調べましょう  (2)引っ越しましょう  (3)災害に強い家に変えましょう  (4)とにかく逃げましょう土地柄を調べて


■続報:横浜市の対応 ⇒8月29日付けでHPにUP!
横浜市の対応について注目していたところ、ようやく8月29日付けで危機管理室から「土砂災害への備えについて」と題する記事がHPにアップされました。危険箇所の造成や建築の規制、危険にそなえた「まちづくり」というよりも、どうしたら事前に危険をキャッチし逃げられるかが主眼のようですが、念のため一読を。
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/doshasaigai-sonae.html

上郷開発NO! 広島の土砂災害に学ぶ―(1)

消された先人の警鐘  「八木地区」に埋もれていた水害の歴史

26日(火)の昼前、広島の土砂災害関連のニュースを見た読者から驚くべき内容のブログ記事が送られてきました。
今回の災害で最大の死者を出した「八木地区」が古くは「悪谷(あしだに)」といういわくつきの地名で「山からの水の通り道」とされていたというのですね。

「にんじ報告」というタイトルの芸能ニュースを中心とするブログ。
そこに次のような見出しを掲げた記事が載り、その後急速にさまざまなHPやブログへと拡散されています。
以下、全文転載させていただきます。

2014年08月26日 09:28
広島市安佐南区八木3丁目、かつては「蛇落地悪谷」という地名だった。
由来は「竜の首が落ちた場所」 災害に警鐘を鳴らしたはずの地名、とくダネ!で紹介


土砂災害に見舞われている広島県広島市安佐南区八木地区(八木3丁目)ですが、この土地がかつて「蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)」と呼ばれていたことがわかりました。26日に放送されたフジテレビの番組「とくダネ!」で紹介されていました。

地元の住民によれば「あそこは山からの水の通り道だと聞いていた」「蛇落地悪谷という地名だった。今は八木3丁目って現代風の住所だけど」「昔は蛇が降りるような水害が多かったから、蛇落地(じゃらくじ)ってなった。それに悪い谷で"悪谷(あしだに)"。そういう伝説があった」という。

この「八木蛇落地悪谷」と呼ばれた地名が、いつのまにか「上楽地(じょうらくじ)」と呼び替えられ「八木上楽地芦谷(やぎじょうらくじあしや)」になり、そして現在は「八木」だけが残され、災害のイメージは地名からなくなってしまっているということでした。

130年の歴史を持つ地元のお寺「浄楽寺」の住職によれば「昔からの言い伝えで、"竜がいて、その竜の首をはねて、その首が飛んで落ちたところが蛇落地"。そういうふうな地名。竜というのは水の神様ですから、そういうふうなもの(災害)を収めたというのがあるかもしれない」ということでした。

そして、竜の首をはねた刀があると言われる地元の「光廣神社」には、竜を討伐した武将のすぐ横に、激しい水の流れが描かれた絵が存在。先人が災害の記憶を伝えようとしたものだ、ということです。

ただ、近年はその山の土砂災害よりも、頻繁に氾濫する川の洪水のほうが警戒されるようになり、先人の警鐘は消えてしまったということでした。

このような地名の呼び変えは、土地のイメージを良くするために、どこでも行われていることだそうです。もしかしたら自分の身近な土地も、かつては違う名前だったのかもしれません。気になる方は、図書館などで調べてみてはいかがでしょうか・・・。


編集部注=1999年、同じ広島の土砂災害で多くの死者を出した (土砂災害発生件数325件、死者24名)ことが「土砂災害防止法」の成立につながったことはニュースで度々報じられてきましたが、「地名」に託された先人の教訓がいつのまにか忘れ去られ、名を換え、大きな事故につながったとするなら、全国各地で同じことが?

東急建設による「上郷猿田地区都市計画提案」の場合、地名に隠された記憶は? 
「広島の土砂災害に学ぶ―(2)」に続きます。乞う、ご注目!(ブログ制作本舗)

上郷開発NO! 8月街宣行動レポート

大規模土砂災害は「対岸の火事」か?  あらためて問う、軟弱地盤での造成

広島市で20日未明に起きた集中豪雨による大規模土砂災害の被害が死者40人に加え「不明なお47人、捜索難航」「二次災害の危険」などと、深刻な被害の実相が報じられた23日(土)の午後、守る会・署名の会は港南台駅頭で街宣活動を行い上郷開発の問題点をあらためて訴えました。

先に林市長は環境影響評価審査会(アセス審)の答申をふまえ、「上郷開発は環境に影響なし」との意見書を東急建設に提示しましたが、広島で起きた今回の土砂災害では広島県内で約3万2000カ所という「土砂災害危険箇所」の指定問題、被災地の地形や地盤・土質などがクローズアップされ、上郷開発計画のアセス審査にあたって私たちが指摘してきた地形・地盤上の問題が「盲目的かつ一方的に書かれている」「周辺住民の不安を煽る」(アセス審査会における地盤工学専門のK委員の発言)といった不当な批判にあたるどころか、まさに上郷深田地区における大規模な宅地造成計画にとって地盤問題が最重要課題であり、広島の土砂災害が「対岸の火事」ではないことを物語っています。


■8月街宣チラシ1面

2014蟷エ+8譛・_convert_20140825003314

■同2面

2014蟷エ+8譛医€€陦_convert_20140825004553


注:経費節減のため配布用のチラシはモノクロ印刷です。

上郷開発NO! 市長宛て陳情書への回答(増補版)

軟弱地盤問題への市長回答届く  アセス審にゲタを預けおざなり

6月26日に署名の会・守る会が連名で林市長宛てに提出した上郷開発事業計画予定地の「軟弱地盤問題」に関する陳情書に対する8月6日付けの回答が、やっと郵送されてきました。

お役所の流儀?なのでしょうか、今回もまたいつものように質問には真正面から答えず、(好意的に解釈すれば)市民の持つ軟弱地盤への不安提起や開発を認めた場合のリスクについての行政への責任追及に対し、「陳情書に書かれたことを踏まえ、評価委員会において提案の採否を決定する」という一般論での意思表示となっています。

■資料1:林市長からの回答

+14_6_26+・(2)_convert_20140811004410


軟弱地盤問題についてはこの間ブログやチラシで様々な角度から問題点を指摘してきましたが、アセス審査会における審議&答申をふまえ7月10日付けで東急建設社長宛てに「意見書」を提出したこともあり、行政自らの責任については何もふれていません。なぜこうしたおざなりの回答をするまで1カ月半もの日時を要したのか理解に苦しむところです。

なお6月26日付けの陳情書提出については同28日付けの記事をご覧ください。
http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-date-201406.html


■資料2:軟弱地盤問題等に関する市長宛て陳情(6月26日付け)

        件名 上郷猿田地区都市計画提案について

陳情項目
軟弱地盤地帯の市街化調整区域の市街化区域への編入を伴う、都市開発計画を認めないよう求めます。
軟弱地盤地帯の開発計画に対し、下記の通り市民が不安を抱いています。これに関する質問に端的にお答えください。

陳情の理由
現在横浜市の環境影響評価審査会において、標記の軟弱地盤についての審査が行われています。次の流れとして都市計画提案評価委員会が、このアセス審査の結果を踏まえて提案の採否を決定することとなっています。ここで提案が採択されると、軟弱地盤帯の開発計画地は市街化地区への編入が認められることとなります。
しかし市街地としての安全性に果たして保証が得られるのでしょうか。甚だ疑問です。
猿田、深田などの字名を持つこの軟弱地盤地帯は、2010年10月市が公表した「大規模盛土造成地の調査図」によれば、過去において既に約10m谷埋め盛土がなされており、東急建設の提案によればその上に更に最大で14mもの盛土を施し市街地を造成する計画となります。

更に上記の調査図に示された3600箇所の造成地のうち、1500箇所は安全性に不安が残るとして、横浜市は今後ボーリング等を含めた詳細な調査を実施する計画です。
 
このような状況のなかアセス審査会が、アセスの段階ではなくて造成を実施する段階になってから調査を行ない、各種法規に則った施工をすれば問題なしとの判断を現存するデータのみで行ない、都市計画提案の採否を決する評価委員会に進むことは、手順が逆であり十分な事前調査がなされたとは決していえません。アセス審査会の存在意義を無視する行為とも言えます。
 (横浜市が2010年に公表した「大規模盛土造成地の状況調査図」及び2012年の 「液状化マップ」の開発計画地拡大図を添付)

質問
1. 東急建設及びアセス審査会の委員は、軟弱地盤対策として法規に則った施工法を適用すれば問題なしとの見通しを立てていますが、たとえどんなに高度で万全な技術で工事をする計画だとしても、もともとそこが軟弱地盤であって、地滑りや液状化が発生する危険性が高い地帯であるという事実からは逃れようがありません。 
災害に対する各種の対策や法規はいつも、それまで想定していた以上の災害に見舞われてから初めて、後追い・後追いで強化されているのが現状です。これは過去の経験則に頼るものに過ぎません。 想定を上回る地震や豪雨があったとき、市民の生命や財産の保証についてはどこが責任をもつのでしょうか。また安全面だけではなく、災害によるインフラの損壊は、市の財政に大きな負担を与え、引いては納税者である市民に負担を強いる結果となります。そうならないという保証を、東急や横浜市はいったい、できるというのでしょうか?

2. 過去に経験した地震よりも強い地震に襲われないという保証はどこにもないなか、この軟弱地盤が市街地として、実際どれ程の強さの地震動まで耐え得るのかは、非常に重要な要素となります。「ここまでは安全」と保証できるのであれば、その地震動の具体的な数値(ガル)をお示しください。

3. 安全性に少しでも懸念が残れば、市民が不安に感じることは排除できません。
「生命や財産の安全保証や市民が安寧に日常を過ごす権利」と「経済性・利便性」とを比較することや、両者の間の妥協を考えるべきではありません。軟弱地盤という難問を抱えたこの市街地造成計画を、今夏に予定されている評価委員会において市が採択さえしなければ、何ら将来に禍根を残さなくて済みます。逆に提案を採択するという判断を下すならば、横浜市政・市民にとって大きな損失になると考えます。
これについての市長のお考えを伺います。

■資料3:コメント欄への投稿から(転載)

地盤問題についての記事を掲載後、本日昼前に栄区在住のNさんからコメントが届いていました。
「事なかれ主義」に流されがちなプロフェッショナルたちへの厳しい批判。評価委メンバーへのメッセージとして転載いたします。(編集部)

いつしか事なかれ主義に?  庄戸・N生
小生たまたまこうした問題について現役時代に関わった経験から時折ブログを拝見するのですが、お盆休みで地盤問題やアセス審査会についての記録(HP)などを斜め読みしてひとこと。
市長名の回答の執筆を担当したのは現場の責任ある立場の職員と思いますが、奉職時には使命感や責任感を持っていたはずと想像するのですが、市民の声にまともに応えないこんな対応を繰り返していくうちに、事なかれ主義、無責任な行政職員になっていくのでしょうね。
「地盤構造物は想定の約3倍の安全率を見込んで設計・施工」ということは、「地盤構造物はそれだけ不確かな材料・構造特性を持っている」ということを示しており、3倍の安全率を見込んでおけば、今までの経験上安全と見なせるということだけで、安全であるとは断言できないはずです。
神戸や今回の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で災害の起きた谷埋め盛土も、3倍の安全率を見込んで(正確に言えば、地震時の安全率はもっと低い、多分1.5のはず)いたにもかかわらず災害を引き起こしてしまいました。想定外?の地震力だから仕方ないのでしょうか。大規模谷埋め盛土なのですから、アセス審で審査にあたった研究者、それを下支え?した現場の技系職員としては、もう少し慎重な意見を述べて欲しいと思います。

上郷開発NO! 都市計画課の猛省を促す

線引き見直し関連資料、開示すべき 情報公開審査会が市決定の取消しを求める

署名の会及び守る会は横浜における緑被率減少や郊外区における人口減・高齢化・少子化という社会・経済上の変化をふまえ、上郷開発問題における主要な論点である区域区分変更、つまり瀬上市民の森に連なる「市街化調整区域」の緑地の大規模な開発に反対し、「市街化区域」への変更に異をとなえてきました。

そうした活動の一環として調査チームは昨年から審議が始まった都市計画審議会の「線引き全市見直し検討小委員会」(非公開)の審議の大まかな方向性と全国各地の土地利用の現状について知るため、第2回小委(平成25年8月9日開催)の資料の公開請求を行ってきましたが、本年1月にほぼ全面非開示(黒塗り!)とされたことから、市長に対して異議申し立てを行ってきました。

  1013-4315 (269x400)
1013-4316 (269x400)
全国各地の土地利用についての事例紹介ページはほぼ全面黒塗りの状態で「開示」された

8月1日付けで「横浜市情報公開・個人情報保護審査会」(三辺夏雄会長=横浜国大名誉教授)から「市が一部開示とした決定は妥当ではない。申立人の請求通り開示すべきである」との答申(決定)がなされた旨の通知がありました。

情報の開示を求めたのは今年1月、そして小委の開催からほぼ1年。
全7回と予定された「線引き見直し小委」は既に6月末に6回目の審議を終えたことから既に答申案をとりまとめ、今月27日に開催予定の都市計画審議会に対し線引き=整開保の見直しについての答申案を提出するものと推測されます。

しかし、区域区分の変更をともなう線引きをめぐる審議の前提となる資料について、都市計画審議会の担当セクションである都市計画課に対して私たちが行った「市政の遂行に当たって得られた情報を市民に公開するとの原則を大きく逸脱し、市民協働に掲げる理念に反するばかりか、小委員会における審議の透明性及び公開性に疑義を生じさせる」との訴えがほぼ全面的に認められ、市民への情報公開が「審議の公正かつ能率的な遂行を阻害する恐れがあるとは認められない」と指摘し、開示するよう求めた今回の決定は都市計画課が事務局となって進められている都市計画提案評価委員会はじめ上郷開発問題の今後の審議・検討にとっても大きな意味を有しています。

都市計画課は「非公開」の原則を拡大解釈し、市民の訴えを頭から否定してきた閉鎖的な対応や公開資料の狭い限定を改め、広く市民の衆知を今後の横浜の「まちづくり」に生かすべきではないでしょうか。

今回の答申を行った横浜市情報公開・個人情報保護審査会の第2部会は金子正史(独協大名誉教授)、高橋良(弁護士)、三輪律江(横浜市大准教授)の3氏で構成。

なお詳細は続報の形で分析、レポートしますが、答申の全文は以下のHPでご覧ください。
「線引き全市見直し検討小委員会(第二回)(平成25年8月9日開催)資料」の一部開示決定に対する異議申立てについての答申=答申第1273号(平成26年8月1日)
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/shiminjoho/shinsakai/toshin/



プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)