上郷開発NO! 宅地造成抑制の動き

国交省、新たな宅地造成を抑制へ 上郷開発の問題点浮き彫りに!

5月29日付けの朝日新聞朝刊の5面。国土交通省が今後の土地計画の目標として住宅用地の割合を増やさない方針を「国土利用計画」の改定素案に盛り込み今夏の閣議決定をめざす、との小さな記事が載りました。

安全保障関連11法案の集中審議や辺野古への基地移設をめぐる翁長沖縄県知事の訪米による自治体外交など、大きなニュースの谷間の3段抜きわずか30行余の小さな記事です。しかし具体的な素案は未見ながら、「土地無策」との批判もあった開発事業最優先の都市政策にあって画期的な方針転換のようです。

人口減により全国的に空き家が増える中で、郊外でも続いてきた新たな宅地開発。これまでは一貫して宅地を広げていく計画がとられてきただけに、当面する第7回線引き見直しはもとより市街地に残る貴重な緑地をつぶして行われる宅地造成・土地利用に対して今後どういう規制策をこうずるか、建築行政の政策転換は必至です。
 
  1013-4394_convert__20150529232943162.jpg
  Special thanks 朝日2015.5.29朝刊

続報(5.31)
31日(日)朝のNHKTVの生活情報コーナー「サキどり」でもさっそく空き家問題が取り上げられ、現在全国の空き家率は総住宅戸数6063万戸のうち13.5%にあたる820万戸(7軒に1戸)だが20年後には28.5%、3.5軒に1戸まで増大するとの予測があり、空き家対策特別措置法をふまえた抜本的な対策が必要とのコメントが。

もっとも空き家の増加、特別措置法の成立・施行を前に横浜市でも手をこまぬいていたわけではないようで、昨年には市内の空き家の調査結果が報告されているのですね。また5月26日の措置法の完全施行を前にした本年4月には『空家のはなし』というタイトルのリーフレットを発行(建築局企画部企画課)、「横浜市ではこの法律を運用していくとともに、「予防」、「流通・活用の促進」、「管理不全な空家の解消」、「跡地の活用」の視点から、総合的な対策に取り組みます」と謳っています。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/kikaku/plan/akiya-akichi/25tyosa-kekka.pdf

 1013-4395 (350x500) (280x400)
  後手にまわった?横浜市の住宅・土地政策…

問題は対策が対症療法それも建築局内の空き家・中古住宅の活用検討にとどまり、緑被率の漸減状態に歯止めをかけることを名目に「みどり税」を導入しながら、市街化調整区域の緑をつぶし市街化区域に編入し新規に大規模な宅地開発を行おうとする「上郷開発計画」のような(国交省の新方針と逆行するような)開発計画にNOという決断を下す合意形成、かつて宅地開発指導要綱で示されたような先見性のある行政判断が市の関係部局間で行われなかったこと。

当面は坂和伸賢建築局長を座長とする市の都市計画提案評価委員会が上郷開発計画にどういう行政判断を下すか、また開発計画案の前提となる第7回線引き見直し小委員会(高見沢実委員長=横浜国大教授)、さらに提案の是非を審議する都市計画審議会(森地茂会長=政策研究大学院大学教授)の今後の動きが注目されます。


続々報(06.01)
国土交通省のHPにはすでに審議資料として「第5次国土利用計画」の素案のポイントが掲載されており、まさしくこれまでの都市近郊&農村地域における宅地開発による緑地の減少に歯止めをかける方向への政策転換を示しています。とり急ぎ討議資料として紹介します。
http://www.mlit.go.jp/common/001087998.pdf

素案の同省HPへの正式なUPを待って「上郷開発事業計画」の問題点をあらためて検証・指摘する予定ですが、精査を待つまでもなく、私たちが一貫して横浜市に対して述べてきた瀬上沢緑地開発の問題点と重なる表現が素案の随所にあるのですね。例えば…

○土地利用転換
毎年1万ha以上の農林地等が都市的土地利用に転換
され、一方で、市街地においては、空き家や低・未利
用地が増加している。

○優れた自然環境の保全
高い価値を有する原生的な自然、野生生物の重要な
生息・生育地、すぐれた自然の風景地等、生態系ネット
ワークの中核的な役割を果たす地域を適正に保全

上郷開発NO! 2015ホタル観賞の手引き

今年のホタルの発生状況  瀬上沢通信員だより(第1報) 

このところの晴天&高い気温続きでアジサイが一気に色づき始めています。
ということは梅雨入りを前に、早くもホタルの季節到来! 
「百聞は一見にしかず」で、瀬上沢通信員の I さんから、瀬上沢近辺のホタルの観察記録が届きました。

早くも遊弋始まる 6月6日頃は最盛期?

今年のホタルの発生状況を確認しに、25日の夕、瀬上沢を押切橋(山手学院への入り口)から遡りました。

下流部は水辺環境が悪化し、横堰(よこぜき)の下流約200mまでは数頭が確認できたのみ。
横堰下流約200mから、栄高校下までは約10頭、そこから3軒家までが一番多く見られ約20頭、3軒家から上流約100mまで数頭といった感じでした。

天候にもよりますが、「守る会」が主催する6月6日の「ホタル観賞の夕」あたりは栄高校下あたりで最盛期を迎えるものと思われます。

例年より早いのか、昨年の同時期に観察していないので何とも言えませんが、今年の桜やそれ以降の新緑の早さや夏日などから考えると、多少早いと言えるのかも知れません。

2015 《 Live Green 自然賛歌キャンペーン 》 第2弾!

6・6歌声サロン&ホタル観賞の夕べ 本郷台そして瀬上沢で会いましょう

守る会はホタルのシーズンの到来を前に「Live Green自然賛歌キャンペーン」の第2弾として、6月6日(土)の午後~夜にかけて本郷地区センターでの歌声サロン及びホタル観賞の夕べを企画、準備作業を進めてきましたが、このほどプログラムが確定し、さっそく区民活動センターや図書館などにチラシを配置、参加呼びかけを始めました。

歌声サロンは2部構成で、1部2部とも本郷地区センターなどで人気の講師を迎え、終了後は暗くなるまで待ってホタルの季節到来(?)の瀬上沢でホタル観賞へというスペシャル・イベントです。



1013-4393_convert_20150514100213.jpg



ここで昨シーズンの6月13日に瀬上沢小川アメニティ沿いでプロカメラマンがとらえた幻想的なホタルの遊弋シーンを。
上で遊弋するのがオス、下の草陰で静かに光を点滅させているのがメスというのですが、今年は自分の目でこんなシーンをとらえてみたいですね。


 轢ャ荳翫・<_convert_20150514100339
 瀬上沢のホタル遊弋シーン(2014.6.13)/写真:だいとしぃ(禁:無断転載)
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)