瀬上沢ホタル観賞ナイト最新情報

ホタルの季節がきました 瀬上沢から最新情報届く!

いよいよホタルのシーズン到来……というわけで、守る会では6月4日昼下がりの「歌声サロン」開催に引き続き、当日の夜には「ホタル観賞ナイト」を企画し、多くの市民に参加を呼びかけていますが、そんな折も折、腰の重い(スミマセン)ブログ制作本舗の足下(窮状?)を見透かしたかのように瀬上沢のホタル情報が届きました。

注意深い読者なら先刻チェック済みでしょうが、25日、26日と続けてコメント欄に投稿がありました。27日(金)の雨、そして気温の上昇により、今日28日(土)の夜は絶好の観賞デーとなりそうです。
以下、コメントの書き込み情報を転載します。


ホタルの出具合 ◆2016-05-25 10:57 Segami Bird URL
昨年来の瀬上池浚渫による泥水流出で、心配されているホタルの発生状況ですが、例年一番早く発生するフィールドアスレチックから下流部において、すでに30頭ほど見られるようです。
また、栄高校下に、簡易トイレが3基設置済みとのことです。  

栄高校下の簡易トイレ ◆2016-05-26 13:34  Segami Bird URL
栄高校下の簡易トイレについて確認の結果、5月31日に設置、7月1日に撤去という予定であり、まだ設置されていないことが分かりました。

■編集部:昨年6月6日の「歌声サロン」&「ホタル観賞ナイト」の模様は次のURLでご覧になれます。
>http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-date-201506.html 2015ホタル観賞

上郷開発NO! 5月街宣活動レポート

薫風の下 瀬上保全の訴え まもなく歌声サロン&ホタル観賞ナイトです

  2016052321030000.jpg 2016052321050000.jpg まだ通行人もまばら

日時:5月21日(土) 11時~12時
場所:港南台バーズ前
参加者6名、署名37筆、チラシ配布 約350枚
カンパ 1,500円

連休後はさまざまなイベントが重なり、しかも爽やかな晴天の行楽日和とあって街宣の参加者は6名と久々に小人数。
でも、のぼりやパネルの準備中から関心を持って話しかけてくださる人もいて、まだ上郷開発をめぐる概要や進展についての発信が行き届いていないことを痛感しました。

しかしその半面、チラシの受け渡し時の対話を通して、高島屋港南台店4~5階(今秋!)、さらに環状4号線(六浦街道)の笠間交差点ちかく(野村病院の直ぐ横。来夏?)へのニトリの進出については知っている人も多く、地域の暮らしにかかわる情報についての口コミが広がっている様子もうかがえました。


  2016052321040000.jpg 薫風になびく署名の会ののぼり旗


資料:5月街宣チラシ表面


1013-4480_convert_20160525025342.jpg

■同裏面

1013-4481_convert_20160525025435.jpg



続きを読む

上郷開発NO! 瀬上沢の魅力サーチ:2016第2弾

今年もやります 歌声サロン&ホタル観賞ナイト 
6月4日(土)の昼下がり、リリスで会いましょう!


きょう16日午前、沖縄気象台と鹿児島地方気象台は、沖縄・奄美が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年に比べて沖縄は1週間、奄美は5日それぞれ遅い梅雨入りとなったそうですが、昨年に比べると3日前後早かったとも。

となると、関東地方もまもなく梅雨の季節、そしてホタルの季節到来です。
「守る会」では昨年大好評だった昼下がりの歌声サロンで懐かしのメローディを楽しんだ後、暗くなるのを待って瀬上沢でホタル観賞へというビッグイベントを企画、多くの市民の皆さんの参加を呼びかけています。

昨年に続き歌声サロンを担当していただく高橋明子さんは、ピアノの弾き語りによるボーカリストのほか、音楽療法セラピスト、幼児リトミック講師、ボーカルトレーナー、英会話講師など幅広く活躍されています。 ⇒高橋さんのブログ

また今年の会場は栄区民文化センター「リリス」の音楽ルームという、うれしい環境で、しかも参加費はフリー。
詳しくは守る会の案内チラシをご覧ください。
 


瀬上沢の魅力サーチ第1弾:5・15野生食ガイドツアー(速報)

自然の恵みをたっぷり鑑賞 
親子連れなど新緑の瀬上を歩いて、見て、学びました


2016-05-15 01_51_45 (400x300) 
路傍の草をガイドする木佐森講師(中央の黒いシャツ)

15日、「上郷・瀬上の自然を守る会」が呼びかけた初夏のイベント第1弾「野生食スペシャリストと歩く初夏の瀬上沢~円海山」が開かれ、地元の栄・港南両区のほか戸塚・南・金沢や鎌倉などからちびっ子を連れた親子連れはじめ30名余の市民が参加しました。
DSCN1081_convert_20160518000427.jpg K1から緑に萌える瀬上沢を遠望

講師はNHKカルチャーセンターなどで名ガイドとして人気の木佐森千砂子さん。
スタート地点の横浜栄高校前から、のんびりウオークの途次で見かける路傍の草花についての詳しい説明が続き、メモをとるのが忙しいほど。素朴な質問にも木佐森さんはたちどころに、「これは何科に属する。こうするとオイシイ」などなど、豊富な知識と実践に基づく的確な答えに参加者一同すっかり聞き入りました。

2016-05-15+00_35_51_convert_20160517025314.jpg ちびっ子も興味シンシン

DSCN1078_convert_20160518000327.jpg 開発予定地では緑地保全の訴え

ドクダミやツユクサ、蛇(!)など野生の食材の処理や料理の仕方、保存についても、独自の試行錯誤の末に編み出された貴重な知識の伝授がありました。
たとえば樹陰や庭先ではびこるドクダミ。某発酵学の大家が「臭いが強く発酵シロップには不向き」とする多年草も、持ち前の探究心から、とにかくどうしたらおいしく賞味できるか実践してみて、採取後2時間以内に処理をして発酵を進めれば臭いは全く消え滋養に富む飲み物となるなど、野生食・自然食のスペシャリストならではの珍しいお話が次々と披露されました。

DSCN1076_convert_20160518000135.jpg DSCN1088_convert_20160518000232.jpg

……このように充実した道草のおかげで、解散地点のいっしんどう広場への到着は予定より遅れることとなりましたが、ここでうれしいハプニング! 木佐森さんがかついでいた大きなザックの中から、お手製の調理済み野生食の試食という締めくくりのサプライズがありました。

DSCN1093_convert_20160517025717.jpg 左が木佐森さん
栃(とち)の実入りビスケット、イタドリの煮浸し、乾燥ウド
のふりかけとおにぎり、そして蛇の粉末カプセルなど、美
味・珍味のオンパレードでした。

DSCN1095+(300x225)_convert_20160518000529.jpg  残念ながら冨士は見えず

DSCN1097_convert_20160518000630.jpg 帰途、瀬上池を見下ろす地点で

上郷開発NO! 瀬上沢の魅力サーチ第1弾:その前に

鎌倉アルプスで瀬上の保全アピール 連休2日目の30日、賛同署名続々と!

連休の最初の晴れ間を狙って、半年ぶりに鎌倉アルプスの天園と大平山の鞍部に拠点を置いて行われた署名活動のレポートが届きました。

 2016-04-30+12+20+04_convert_20160508153326.jpg

現場は緑したたる爽やかなハイキングコースで、会話を楽しみながら署名を集めました。
今回は、いつもより家族連れが多いようでした。
3名参加、3時間で179筆の署名をいただきました。

なお昨年のゴールデンウイークは4月25日(土)~5月6日(木)の12日間。
連休入り2日目の4月26日(日)、朝から晴れてぐんぐん気温が上がり昼ごろには24度と絶好のハイキング日和となったこの日、守る会が主催するウオークイベント「樹木医石井誠治さんのガイドで歩く新緑の瀬上沢から円海山へ」が開かれ、守る会や署名の会のメンバーはじめ多数の市民が参加し、上郷深田地区~瀬上市民の森~円海山麓の自然を満喫しました。
 ⇒
2015のレポート http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-date-201504.html
今年は15日(日)に、樹木医の石井誠治さんと同じくNHKカルチャーセンターの講師として人気の木佐森千砂子さんのガイドで「野生食スペシャリストと歩く初夏の瀬上沢~円海山」を開催します。

15日のコースは色とりどりの新緑に萌える瀬上沢~瀬上池~大丸広場~いっしんどう広場。
解散予定は12時ですので、昼食をはさみ尾根伝いに鎌倉アルプスを大丸山~天園方面へと足を伸ばし鎌倉(瑞泉寺または建長寺方面ほか)までの欲張り?ハイキングも楽しいですね。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)