上郷開発NO! 4月街宣レポート

光まぶしい駅頭で2時間余アピール 
22日は新メンバーまじえ街宣ワイド版!


ゴールデンウイークも間近だというのに相変わらず寒暖の差の激しい日々が続く中、22日(土)の午前~午後の2時間余、穏やかな春の日差しに恵まれたこともあって、この日初参加の若く心強いメンバーを交え4月街宣を行いました。
以下、世話人会のレポートから。

  2017042312270000_convert_20170424003153.jpg
  車椅子で通りかかった方からも賛同署名をいただきました
  2017042316180000.jpg 保全の訴えも一段と高らかに…

日時:4月22日(土)11時~13時15分
場所:港南台バーズ前
参加者11名 チラシ約700枚配布 カンパ1,830円


今回もアウトドアー派の若者2人の参加を得、総勢11名で
時間を延長して行いました。

昨年来の説明会や公聴会の様子と、今後の開発計画の進展に
ついて説明し、いつも通りこれまで残されてきた貴重な緑地の
全面保全をアピールしました。

人口・世帯数減、空き家や空き地の増加など身を持っての実感と、
地球温暖化防止に向けた世界的な流れのなか、沢山の人から
緑地保全運動への心強い支援の言葉をいただきました。

上郷開発NO! 本郷台駅前再開発の動き

動き出した本郷台駅前再開発 上郷開発計画の「利便性」ますます論拠失う 

JR本郷台駅から徒歩2分と交通至便の地にある旧国家公務員住宅跡地(栄区小菅ヶ谷町)。
2016年7月、横浜市がコンパクトシティのモデルケースとして国有地の土地利用を誘導する市初の地区計画を告示し、財務省による売却の結果が注目されていました。

建設通信新聞3月14日号によれば、今年1月に行われた財務省の平成29年第2回期日入札売却(1月19日開札)の結果、三井不動産レジデンシャルが120億円で落札し、購入契約を済ませたことが明らかになりました。以下、同紙から。


 三井不レジ/南小菅ケ谷住宅跡地2.2ha/120億余で用地取得
 三井不動産レジデンシャルは、横浜市栄区の南小菅ケ谷住宅跡地を取得した。敷地面積は約2.2ha。関東財務局が地区計画活用型一般競争入札で売却した不動産で、1月19日の入札には7者が応札した。契約金額は120億4000万円。10日に所有権を移転した。 対象地は、横浜市が2016年7月に、国有地の土地利用を誘導する同市初の地区計画を告示した。
 低層部に地域に貢献する商業施設や交流施設、福祉施設などを導入するとともに、多世代向けの中高層住宅の立地を目指す。
 所在地はJR京浜東北線本郷台駅から近接する小菅ケ谷1-1684-3ほかの敷地2万2076㎡。
 高さの最高限度は45m。建ぺい率存して60%、容積率200%となっている。
 現状は使用を停止した共同住宅などが残いる


なお本郷台駅前再開発問題についてはWEBマガジン「はまれぽ」が昨年12月に詳しく調査報道を行っているので、とりあえず同紙掲載の写真を転載させていただきます。(地区計画図は横浜市のHPから)

  01_convert_20170418031948.jpg 国家公務員住宅跡地

資料:本郷台駅前地区計画図

c-103-1_convert_20170418140522.jpg

c-103-2_convert_20170418140554.jpg


「はまれぽ」のレポートの詳細は以下のサイトで。
http://hamarepo.com/story.php?story_id=5740 はまれぽ

上郷開発NO! 港南台医療モール建設工事(速報)

竣工間近? 姿見せた全容 
7月開設めざし医療モール工事急ピッチで進む


「花に嵐」のたとえ通り、横浜栄高校門前の桜が満開となった9日はあいにく終日風雨にたたられたのですが、朝から曇り空ながら穏やかな週明けとなった10日、環状3号線と舞岡上郷線が交差する港南台5丁目交差点間際で建設工事が進められている「港南台医療モール」の工事用シートが取り払われ、白亜のモール全容が姿を現しました。

  2017041014030000.jpg

  2017041014010000.jpg

医療モールの概要は本ブログ3月15日付けレポートをご覧ください。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)