FC2ブログ

上郷開発NO! 大規模工事の現況レポート(続)

危うし?製鉄遺跡  「試掘」の名で進む樹林地破壊について情報開示を

上郷深田遺跡の調査に向けた「伐採および試掘作業」の名目で進められる大規模な土木工事。
環状3号線と4号線を結ぶ市道舞岡上郷線西側の樹林地の見るも無残な変容を目の当たりにした市民から、「遺跡が破壊されるのでは?」「開発工事の既成事実化では?」等々の声が多数寄せられることから、守る会では今回の深田製鉄遺跡の試掘作業について、野七里の埋蔵文化センターに引き続き、このほど文化財保護の担当セクションである市の教育委員会事務局に照会、生涯学習文化財課で以下のことを確認しました。
1 試掘作業現場の見学会開催について、広報は事業者である東急建設が行うとのことだったので、行政としての指導監督という立場から、HPにアップするよう要請した。
2 見学会は3月中旬を予定している。
3 「試掘」という言葉を使っているが、なぜ「発掘」と言わないのか質したところ、「今回の作業は本発掘への手がかりを探るための試掘であり、あくまで本発掘を行うためである」とのこと。

試掘から本発掘へ。
市教委は舞岡上郷線沿線の地下に眠る深田製鉄遺跡の本格的な発掘作業を行うとしているのですが、保全についてはあいまい。
遺跡保全に関する市民団体の要望や陳情への市長名の回答は「慎重に協議」とするものの、保全について前向きの姿勢を示していないのですね。以下、上郷開発計画を審議可決した昨年の都計審(森地茂会長)における建築局都市計画課長の説明から。

上郷深田遺跡に関しては、文化財保護法の埋蔵文化財包蔵地として周知されており、事業者が開発行為などを行う場合、教育委員会へ届け出及び埋蔵文化財保護の取り扱いについて、教育委員会と事前の協議が必要となります。発掘調査は、文化財保護法の届け出に基づく指導により実施し、発掘調査の範囲、方法、期間などについても協議の内容となっております。

発掘(試掘)について協議し指導すれど保全策については? ここでは手続きについて述べているだけです。
――市の対応は傍観者的で、このままでは貴重な製鉄遺跡は一片の調査報告書を残して再び埋没、破壊されてしまうのでは?
「見学会」に向けて、上郷深田遺跡問題プロパーの立場から上郷開発計画の中止と遺跡の保全を求める活動に取り組んできた「上郷深田遺跡を守る会」(木村宏一郎代表)制作のパンフの全容を紹介します。

同会が昨春行った「つどい」では、元新日鉄先端技術研究所長の村田朋美さんが「古代日本における鉄の役割と製鉄技術の特徴」、また市の埋蔵文化センター研究員だった小宮恒雄さんが「上郷深田遺跡の発掘から」と題してレポートするなど、遺跡破壊の危機に直面?するいま、必読の資料です。


 
 img168_convert_20190223111137.jpg

 
 img169_convert_20190223111236.jpg

 
 img170_convert_20190223111325.jpg

 
 img171_convert_20190223111425.jpg

上郷開発NO! 大規模工事の現況レポート

舞上線沿線 激変する周辺環境  深田製鉄遺跡の「全容解明」なるか?

市道「舞岡上郷線」の西側で着々と進む大規模な土木工事。
東急建設による「上郷開発計画」の予定地の一画であるだけに、樹林地の様相を呈していた市街化調整区域の変貌は市民の耳目をそばだてずにはおきません。

既報のように、今回の大土木工事の名目は道路周辺に眠る「深田製鉄遺跡」の試掘。
工事はまず地目である「農地」の農業委による転用許可から始められたのですね。

 驕コ霍。隱ソ譟サ_convert_20190215100404
 現場周辺に張り巡らされた柵
 11_convert_20190215100617.jpg
 工事はまず「農地転用許可」から始まった
 霎イ蝨ー霆「逕ィ險ア蜿ッ貂・convert_20190215100527

守る会が深田製鉄遺跡の「試掘」について、野七里の横浜市埋蔵文化財センター(埋文=市教育委員会の一翼)に確認した結果の概要をお伝えします。

・試掘は、すでに始めている。試掘期間は2月~3月の予定。
・見学については、要請されており予定しているが、時期はまだ不明。
・   〃    日程が決まり次第、東急建設が何らかの形で広報の予定。
・当初、試掘だけで終わるような答え方(開発と抱き合わせではないというアリバイ作り?)だったが、試掘で遺跡の範囲と内容を探り、「重要な発見があれば、試掘だけでは終わらないのではないか」という問いには、同意した。

なお今回、東急建設が発掘ではなく試掘と題していることついては、深慮遠謀が窺えます。
なぜなら、1986年から9カ月かけた発掘の概要記録では、「当初の予測に反し、極めて規模の大きい古代製鉄遺跡であることが判明し、その充実した内容から一部を未調査のまま埋め戻して保存するという関係者に合意を得て、調査を終了」と記されており、さらに今回、樹木を伐採したエリア(案内の地図にあったものと同範囲)から判断すると、前回の発掘で一部未発掘としている部分以外の広いエリアが含まれるのではないかと考えられるからです。

近隣の市民の皆さん、
みどり豊かな自然環境&住環境、そして文化遺産を守り、次の世代に伝えていくために、引き続き厳しい見守り活動をお願いします。
以下は市教委による文化財試掘の手順です。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/bunkazai/maizou/shikutsutejun.pdf 文化財試掘工事
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)