瀬上沢 春の便り-9

新緑の季節への序奏

汗ばむほどの陽気だった11日とは打って変わって12日はまた雨と寒さがぶり返すとか。
しかし野や山の植物の装いを見ると、三寒四温の繰り返しの中で新緑の季節に向け早い足取りで進んでいることがよくわかります。
10日、春の陽(ひ)に誘われ、瀬上沢一帯をウォッチした I 通信員の写真レポート第9弾です。


原宿六浦線の八軒谷戸近く、昇竜橋の上に懸かる大島桜?
もみじの新緑とのコントラストが妙です。

昇竜橋は原宿六浦線に並行して流れる柏尾川の支流、鼬川(いたちがわ)に架かる。建築年代は明治中期~大正4年以前と推定され、市内最古のアーチ型石造橋。歴史的建造物に認定されています。

1_convert_20100412005450.jpg
二輪草の群落
003_convert_20100412010625.jpg
黄色の花はレンギョウならぬヤマブキの群落
005_convert_20100412010724.jpg
馬の背の畑地から見る春爛漫の瀬上沢右岸の山
006_convert_20100412010829.jpg
馬の背休憩所下の道から蔦蔓の簾越しに瀬上谷を見下ろす


■昇龍橋

ちょっと古いのですが2007年秋に散策した折に撮った写真を見つけました。苔むした石造アーチが歴史の重みをしのばせます。(夕方だったので露出不足でゴメンナサイ)
渋滞で知られる原宿六浦線(環状4号線)と舞岡上郷線が交差する神奈中車庫前交差点から10分足らず、幹線道路の直ぐ脇にこんな豊かな自然環境が残されているのですね。未見の方はぜひ一度訪ねてみては?(M&M)


IMG_4152_convert_20100412123330.jpg

IMG_4149.jpg

IMG_4150.jpg

IMG_4151.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)