FC2ブログ

新緑の街で力強くアピール

私たちの訴え:4月街宣チラシから

4月、林市長になってから初の予算そして定例人事異動による新体制がスタートしたものの、多くの市民が注目する瀬上沢の保全問題については、あいかわらず環境創造局及び都市整備局の担当者からは具体的な保全策・打開策の提示なし。
そうした中で、新しく道路局長に就任した川口局長が市道「舞岡上郷線」の建設から供用開始にあたって大きな役割を果たしていた事実が判明し、老朽化による崩落事故などの危険性と川口局長の責任を問う動きが急浮上してきました。
舞岡上郷線は環状3号線と4号線を結び、最新のデータでも半日で1万5000台近くが利用する主要地方道ですが、東急建設による上郷開発計画予定地緑地を分断することから仮設のまま20年が経過。「署名の会」関係者が独自に早くから危険性を指摘し、開発問題と切り離して抜本的な補修・整備を行うよう要求してきました。

24日の街宣活動にあたっては、山仲代表はじめ4人のメンバーが「署名の会」としての立場から舞上線問題や瀬上沢保全問題について市の対応を批判、多くの市民から励ましの声が寄せられました。


ちらs

久々の晴天に恵まれ45分あまりで用意したチラシが足りなくなり、弁士交代で次々とアピール。
(道行く人出が少ないのはカメラのアングルのせいです)

525_convert_20100426112331.jpg 348_convert_20100426112138.jpg

933_convert_20100426112415.jpg 909_convert_20100426112225.jpg

舞岡上郷線:崩落の危険も?

腐食・_convert_20100426143212
赤錆が浮くK3付近の側壁(2009年2月撮影)
まいかみ線_convert_20100426124431
1年後、さらに腐食が進んだ…?(2010年2月、逆の角度から撮影)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)