FC2ブログ

新緑の鎌倉広町緑地を歩く

のどかな里山風景広がる

都市公園法に基づく市街地における最も自然に近い緑地保全の一形態として整備が進むという鎌倉の広町緑地。(大船から湘南モノレールで「西鎌倉駅」下車、徒歩約10分)
署名の会「緑地保全チーム」は瀬上の保全を考えるフィールドワークの一環として、3月に鎌倉の広町緑地の保全整備活動の中軸を担うNPO法人「鎌倉広町の森市民協議会」の家原理事長らの案内で現地見学を行いましたが、冬枯れの野のそこここに春の息吹きは感じられたものの、あいにくの雨で魅力の一端しか見ることができませんでした。(3月8日付け記事参照)
このほど新緑の広町緑地を散策してきたと言うMさん(4月中旬)、そしてOさん(5月初旬)から相次いで現地のレポート写真が届きましたので、その一部を紹介します。


P4180658_convert_20100518003208.jpg

P4180657_convert_20100518003120.jpg

P4180656_convert_20100518003028.jpg
シンボルツリーの大榎(えのき)もようやく若葉色に
418_convert_20100518214305.jpg
丘の頂から眼下に相模湾方面を望む

と言っても、カメラのアングルはいずれも広町緑地の素晴らしい景観だけではなく、「緑地整備のありよう」を考えさせるもの。
このコーナーでも何度か指摘していますが、横浜市で昨年来、瀬上市民の森、氷取沢市民の森や各地の公園で散策路の柵や遊具など施設の過剰?なまでの設置やリニューアル整備が行われていることへの批判の眼がとらえたものとなっています。
5年間の時限立法である横浜における「みどり税」の使途を市民の目線でウオッチするとともに、瀬上の保全を考える上で大いに参考になるようです。

ちなみに横浜市は人口368万人、平成22年度の一般会計予算は1兆3600億円/予算総額3兆1000億円、また鎌倉市は人口17.4万人、一般会計予算579億円/予算総額1035億円です。
予算規模が違うと言ってしまえばそれまで。でも、瀬上や氷取沢市民の森と都市林公園とされる広町緑地との整備の手法の違いは、自然との付き合い方をめぐる「哲学」の違いであるのかもしれません。


P4180641_convert_20100518002808.jpg
晴れた日は富士山が見えるという峯山だが、あいにく視界はイマイチ
P4180645_convert_20100518002915.jpg
長いカヤトのトンネルを抜けると…

ここからは市民手づくりの緑地整備の情景をとらえたOさんのレポート写真。
不要不急?のコンクリート製擬木の柵を市民の森の遊歩道に張りめぐらす横浜とは違って、粗削りな柵や橋と随所で出会うことになります。

175_convert_20100518002345.jpg

180_convert_20100518002437.jpg

P5100194_convert_20100518002537.jpg
ハイヒールでは無理そうです(当たり前!)
189_convert_20100518175154.jpg
園内ガイド図も純朴そのもので…
200_convert_20100518175323.jpg
切り出した竹を使ったベンチ
191_convert_20100518175236.jpg
間伐した丸太を並べただけの簡易ベンチ
P5100203_convert_20100518002700.jpg
シンプルな標註
P5100196_convert_20100518002622.jpg
ぼくたち、道が狭いのでご用心!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)