自然の宝庫:円海山-続々

織姫のかわりにカルガモと出会いました

「七夕」を新暦で祝うようになってから7月7日に夜空に天の川を望むのは無理な話。
案の定、今年も横浜西郊では梅雨空がどんよりと垂れ込め、星のカケラすらうかがうことができませんでした。
無理な話と言えば、「無理が通れば道理が引っ込む」の喩えそのもの……このところ市道・舞岡上郷線の建設工事にかかわる横浜市道路局と開発業者(東急建設)がらみの“疑惑”が急浮上し、ブログでもその対応に追われました。

もっともこちらは「無理が通れば道路が引っ込む?」という具合で、仮設橋の老朽化による陥没や崩落の危険性が指摘されており、署名の会としては生活道路の早期整備と併せ疑惑の解明そして上郷開発計画の問題点を引き続き追及する中で、緑地としての保全を訴えていくことになります。

「七夕」の夜、1カ月ぶりに瀬上沢通信員の I さんから近況が届きました。
梅雨の晴れ間の清涼剤としてお届けします。

かるがも2010蟷エ7譛・譌・縲

nokannzou6_convert_20100708010221.jpg kinoko+002_convert_20100708010321.jpg

このところ雨が多く、いろいろな茸がでています。
大きくて美味しそうな茸がありました。名前も分からず、まだ命も
惜しいので、冒険は止めときました。

いつもこの季節に、散策の途次、お茶を飲んでいるテーブルの直ぐ脇を
カルガモが餌場に通います。残念ながらテーブルをアングルに入れる
ことはできませんでした。

草刈りを免れたノカンゾウが二輪、鮮やかなオレンジ色を草地の
グリーンに添えていました。

:「月の暦」によれば今年の「七夕」は8月16日(月)、月暦6.0と、天空に天の川を見るにはぴったりの筈です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)