FC2ブログ

緑地保全への動き

「鍛冶ヶ谷市民の森」ほぼ半分が市有地に


薄緑色部分が市有地。南側が鎌倉街道に続く1低層と準住居地域

大規模なマンション計画によって開発の危機に瀕していた栄区鍛冶ヶ谷2丁目に残る市街化区域内の樹林地が「市民の森」として保全されることになったことは2月にレポートしましたが、その後、3月末までに環境創造局が14775㎡を買収し、整備計画を進めていることが判明しました。

鎌倉街道に面した鍛冶ヶ谷2丁目679番地から区境の港南区日野南7丁目へと北に広がる総面積28703㎡のうち51.5%にあたるもので、樹林地西側の斜面に接した周辺住民にとっては朗報ですが、鎌倉街道沿いの準住居地域(建ぺい率60%、容積率200%)や横穴墓群の一部が残る東側部分の第1種低層住居専用地域(建ぺい率40%、容積率80%)が民有地として残されたことで、10年後には再び開発圧力が強まる恐れも?

P1280_convert_20100728132922.jpg
幸いマンション計画は業者の経営不振で頓挫したが…

このほか「みどりアップ計画」による平成21年度の主な実績として、栄区内では他に2カ所の市民の森の樹林地の買い取りが行われましたが(荒井沢:6000㎡、飯島:500㎡)、多くの市民が注目する瀬上沢についてはいまだに保全への具体策の提示はナシ。
「相続等不測の事態に対応した買い取り」を掲げる一方、「原則として買い取りはしない」と答えるばかりで、積極的な打開策を講じようとしない関係部局に対して市民から批判の声が高まっています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)