FC2ブログ

瀬上沢通信員だより:消夏特集

遥かトルコと瀬上を繋ぐ2本の糸- 1
時隔て アジアの果てから 鉄文化

お盆休みの目前、ぶり返した猛暑と舞岡上郷線問題で市会筋や道路局、さらにわがブログが沸騰?している中、冷たい「鉄」と「ドンドルマ」の話で熱中症の予防といきたいと思います。

鉄文化の発祥の地といえば、かつて歴史で学んだヒッタイトという国が思い出されます。そのヒッタイトの首都ハットゥシャは今のボアズキョイで、トルコの首都アンカラの東150㎞にあり、昨年日本の発掘隊がその近くのカマンカレホユックという所で、鉄の歴史を今までの定説より約600年遡る、紀元前2100年頃の鋼製ナイフを発掘しました。ヒッタイトの出現より前に製鉄が行われていたようです。

鉄は石器や青銅器に比べその軽さ、鋭さ、強度などにおいて利点があり、剣、鏃(やじり)、楯等の武器の他に、映画「ベン・ハー」にも登場したチャリオットと呼ばれる馬に牽かせる戦車の車軸や車輪のスポークにも使われました。
BC 1285年にヒッタイト王のムワタリとエジプト王のラムゼスⅡ世の間で行われた「ガデシュの戦い」で、ヒッタイト軍は2,500台の戦車を繰り出したそうです。
まさに戦略物資であったわけで、製鉄技術はヒッタイトが滅びるまで、なかなか伝播されなかったと言われています。

それにしても日本に製鉄の技術が伝わるまで約2,600年。そして、この瀬上の深田遺跡で製鉄が始まったのが7世紀中葉ならば、アジアの最西端、アナトリアの地から何と2,750年もかかって製鉄技術の糸が繋がったことになります。
ここで2月17日付けのブログ記事「深田製鉄遺跡に連なる蘊蓄」の続きとなります。

日本への製鉄技術の伝播には、いろいろなルートの存在が言われていますが、横穴墓を掘った人達が朝鮮半島からの渡来人とすると、製鉄技術が遥か西域から陸路を経てもたらされたのではと考えるのは自然ではないでしょうか。
製鉄にかかわる興味深い言い伝え「ひょっとこ」「粉鉄八里に炭三里」「一風二土三村下」「代わり番子」について記します。
・ひょっとこ
火男、即ち鉄を製錬する時に大切な火の温度を見続けたため、眼が歪み、また火を起こすため口が火吹きの口となった?
・粉鉄八里に炭三里 (一説に砂鉄七里)
同じ重さの砂鉄と炭を運ぶ場合、かさばる炭は3里が限度で、砂鉄はその倍以上の距離を運べたという。製鉄場は炭の産地に近い所に造れという教え。
・一風二土三村下
製鉄に欠かせない要素の重要度を表す。即ち、一に強い火を得るための自然の風、二に築炉に必須の溶媒剤を含み、かつ高温に耐える土、三に築炉から製鉄作業全体を仕切る、長である村下の識見と技術。 
・代わり番子
中世後期になって足踏み式の鞴(ふいご)が発明されたという。おおむね3日3晩製鉄炉を高温に保つため、交代で足踏み番子により風が送られたのが語源。

いささかカタい話となりましたので、次回はひんやりと柔らかい「ドンドルマ」の話をご紹介します。


INCLUDEPICTURE1-78.pngドンドンのびるあるよ!


Special thanks for TOKYO GAS[炎の食情報サイト]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。

酔石亭主と申します。鎌倉に関してあれこれ調べているうちに、本郷台周辺に古い歴史が集積していることを知り、こちらのブログも参考にさせていただきました。私のブログでは6/26付、歴史の宝庫 本郷台周辺を巡る、でこの地域を取り上げています。鎌倉も本郷台周辺も、貴重な自然や歴史遺産があっという間に取り壊されている現状は残念でなりません。緑地保全ができますよう応援します。

No title

製鉄遺蹟のウンチク、楽しく拝読。ただし「三村下」の「村下」がどういう意味なのかわかりません。村長=ムラオサを指すような気がするのですが、辞書では見当たりません。

村下

たたら製鉄を司る長をこう呼んだようです。鉄の出来不出来は、まさしく村下次第であり、長年の経験による技術と知識、的確な判断力に加え、過酷な製鉄作業現場を仕切る統率力が求められたといわれています。
斑気な(ムラ気)な人間には勤まらなかったに違いありません。
村下の解説は下記URLをご参照ください。
www.hitachi-metals.co.jp/tatara/nnp0105.htm
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)