上郷開発問題 新たな段階に

炎天下、上郷開発&舞上線問題を根底から問う訴え!

港南台ショッピングセンター・バーズが8月18日から全面的な改装工事に入ったため、署名の会の街宣行動の定位置である「からくり時計」前の広場は工事用シートで覆われ無粋、そして人の流れも微妙に変化……。
しかし、この日も炎天下のチラシまきに集まったのは14名。このほか、すぐ横では東急不動産による「港南台うぐいす団地」の高層化建替え工事(5F→14F)に反対して裁判闘争中の地元自治会住環境対策委のメンバーがチラシまきをするなど、長く暑い夏に負けない熟年住民パワーまざまざ?の1時間でした。

私たちの訴え:8月街宣チラシから

8-1ソ_convert_20100829102716

8-35_convert_20100829102904.jpg 8-2convert_20100829102815.jpg 
マイクを持つ人もチラシをまく人も、駅頭に近い木陰やバスストップ周辺のアーケード下で炎暑を避けました、いつもより多く用意したチラシが1時間ですっかりはけました。

なおちなみに港南台バーズのリニューアルオープンは11月(相鉄ローゼンは10月上旬)の予定とか。


◆9月15日夜、「上郷開発と舞上線の現状」で緊急報告会!

9月15日(水)18時から栄公会堂第1会議室で、上郷開発と舞上線の現状報告実行委主催による緊急報告会が開かれます。
市道舞岡上郷線の港南台5丁目交差点(環状3号線)から神奈中車庫前交差点(環状4号線)に至る830メートルの区間は、上郷開発計画がらみで仮設状態で建設工事が行われたまま20年余も放置され老朽化が進行し、一部では崩落の危険性さえ指摘されています。
市が問題の解決に向けて設置したとされる「舞上線検討委」の2回の審議で明らかになった上郷開発と舞上線の不適切な関係、そして3日(金)の午後に予定されている第3回審議の結果をふまえて、上郷開発の現状と問題点についてともに考えませんか?(詳細は続報をご覧ください!)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)