FC2ブログ

岡田候補の回答

                                                2009年8月21日
上郷開発から緑地を守る署名の会 御中

                                横浜市長選挙候補 日本共産党 岡田政彦

公開アンケート 回答

1. 横浜市では急速にみどりが失われ、市内の緑被率はこの30年間で約45%から約31%に減っています(「横浜みどりアップ計画」より)。そのなかで市街化調整区域は貴重なみどりとなっています。貴会のご意見のとおり、市街化調整区域は開発を抑制し、緑地保全すべき所と考えています。

2.瀬上沢一帯は、横浜の「緑の七大拠点」のひとつである「円海山周辺地区」にある緑豊かな谷戸であり、市内最大のホタルの生息地、希少なカントウアオイなどの動植物の宝庫です。また、160万年前の貝化石や江戸時代の用水の実態を物語る横堰、たたら遺跡など、歴史的・文化的にも意味があるところです。
みどりは、一度失ったら回復するのに莫大な年月がかかります。瀬上沢地域は2015年度以降も用途地域変更はせず、将来にわたって守るべき緑地と考えます。

3.瀬上沢を含め、市内の緑をこれ以上無くさないために、現行法の網の目をかいくぐって行われるミニ開発や、市街化調整区域における福祉施設、資材置き場、墓地など設置を規制していきたいと考えています。また、農林地を所有者が手放さなくてもいいように、農業振興施策の充実、緑地保全の強化を行います。
 なお、「横浜みどり税」については、市民の合意を得ずに決めたものであるため、一旦徴収をやめ、市民の意見を十分に聞いた上で見直したいと考えます。
 瀬上沢一帯については、開発業者の都市計画提案を今後も認めず、貴重な緑を保全していきます。

4.みどりは、一度失ったら回復するのに莫大な年月がかかります。また、地球温暖化が深刻な問題となっているいま、みどりを残すことは温暖化対策としても非常に重要です。
横浜市は、「緑の環境をつくり育てる条例」や「緑化地域に関する条例」などで緑の保全・創造を推進し、「横浜みどりアップ計画(新規・拡充施策)」で緑地保全地区の拡大などを図ろうとしており、これらについては評価すべきところです。
 私は、これらの施策を一層充実強化するとともに、高速横浜環状道路計画を凍結・中止し、住環境を守り、ふるさと横浜のみどりをこれ以上減らさないよう、努力していく所存です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)