FC2ブログ

舞岡上郷線問題

市は公共の安全を財政との「天秤勘定」で忖度? 東急建設が懸念 
 ~東急建設社長VS道路局長の往復書簡から~ 

私たちのヒヤリングと交渉、また市会常任委における厳しい追及、さらに舞上線検討委の審議などを通して、次々と明るみに出た舞岡上郷線をめぐる疑惑の構図、そして問題点。
しかし市当局へのヒヤリングや検討委の傍聴では知ることのできなかった新事実が情報開示請求によって明らかになりつつあります。


 しょせん「仮設」であって、現行の設計基準を満たさない…  
 2月23日付け:東急建設社長 → 道路局長 

平成22年2月23日付けで東急建設の市川正美社長名で山下道路局長宛に出された舞岡上郷線の補修工事問題に関する「返書」には注目すべき文言があります。

 以下、「返書」から抜粋。
・仮設構造物に対する貴局の平成20年度の調査の結果、経年劣化も著しいことが明らかとなり、また、所詮、「仮設」であって、現行の設計基準も満たさないため、至急、補修又は架替えなどを要するとの貴局のご指摘に応じて、貴局と協議しているものであります。この点、貴局が強くご主張になる道路利用者等公共の安全につきましては、当社におきましても最優先課題として捉え、当初の目的との整合性も踏まえて、貴局と真摯に協議対応させていただいていることはご高承のとおりであります。
・お示しいただいた平成22年1月付け短期的対策工の検討案は、貴局も自認されるとおり、いかにも簡易な(短期的な)ものであり、当社としては、貴局の昨年来のご主張である「道路利用者の安全を確保する」ものとしては、甚だ不満足なものではないかとの感を禁じ得ません。
・暫定供用そのものに協力している当社としましては、貴局において、決して公共の安全を財政状況等との天秤勘定だけで忖度しているものではないことを願うものであります。
 
 緊急対策が遅れ損害が生じれは御社にも相応の責任…  
  
 3月9日付け:道路局長 → 東急建設社長

なお、この「返書」に対して山下局長名で発した「横浜市都市計画道路舞岡上郷線暫定供用部の補強対策について」と題する回答(平成22年3月9日、道建第7316号)にもまた、担当する道路局建設課のあせりと不安?が隠されている文言があって注目されます。 

以下、市の「回答」から抜粋。
・しかしながら、御社との協議に時間を要し、緊急対策の着手が遅れ、第三者に対して損害が生じた場合には、御社にも相応の責任が生じる恐れもあります。

署名の会が11月初めに行った「過去2年間の道路局と東急建設との協議関連資料」についての情報開示請求に対する「一部開示」によって入手した交換文書が示す、まさに泥仕合もどきの文書による応酬。
この先、さらに開示を求めて異議申し立て中ですので、乞う注目!
しかし、それより何より、この文書の応酬からまもなく1年。補修工事はいつ着工になるのでしょうか? 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天秤勘定?

実は東急建設社長名の書簡は、その代理人である4人の弁護士が作成したもの。
で、「天秤勘定」という言い回しがユニークです。「天秤にかける」と「損得勘定」あるいは「ドンブリ勘定」の合成語なんでしょうね、きっと。
その昔、「義理と人情を秤(はかり)にかけりゃ…」という演歌がありましたが、“兄弟仁義”を結んだはずの市道路局と東急建設とのやりとり、この先の展開が情報開示によって明らかになるのが楽しみです。

「忖度」という表現を使った意図を忖度する

久し振りに「忖度」なぞという、漱石が好みそうな表現に出会いました。4名の弁護士諸氏による作文とかで、最後の行は「天秤勘定」と相俟って、いかにも権威を臭わせ、素人を納得させる意図が滲み出た文章となっています。
すらっと読んでしまいましたが、何となく違和感があり「忖度」を辞書で調べてみると「他人の気持ちや真意を推察すること」の意で、主語はブログ子が表題で補足されているように「市」以外は考えられません。
そうすると、市が「公共の安全」の気持ちや真意を推測するという、へんちくりんな文意になってしまいます。権威付けと言う作為が先立ち、使い慣れない言葉を使ったあまり、先生方の化けの皮が剥がれていることを北叟笑んでやろうではありませんか。

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)