FC2ブログ

防災講座

河川の「50ミリ対応」について  備えあれど憂いあり―1 

いたち川を含む柏尾川流域において、1時間に50㍉の降雨があっても水害が発生しないよう、その排水・貯水能力を向上させるため、堤防のかさ上げ、川幅拡張、河床の掘り下げ、遊水地や調整池設置など様々な努力が行われてきました。その結果、現在50㍉対応は完了し、60㍉対応に向け更なる整備を行っているそうです。

従来、柏尾川流域では水害に見舞われることが多々ありました。排水・貯水能力の改良施策によりその発生は一時治まったかに見えましたが、1955年頃から始まる大規模な住宅地開発や道路の拡充整備の結果、強い雨が続くと急激な出水を招くようになり、再び水害の発生が見られるようになりました。

加えて昨今、日本各地で記録される集中豪雨は100㍉を超えるものが珍しくなくなり、ついこの12月3日いたち川流域では45㍉/hの雨が降り、河川監視カメラのある城山橋付近で一時「避難判断水位」を超えました。
しかもこの日、緑区の長津田では63㍉/hの降雨が記録されており、もしこの雨が柏尾川流域に降っていれば、水害は免れ得なかったことでしょう。

d2-12photo1.png
昭和45年7月洪水の浸水状況(いたち川:天神橋付近)

河川の排水・貯水能力アップ施策が、これまでの都市化による水害発生の後追いとなっている上に、このような気候の激化が追い打ちをかけています。
良好な環境を次世代に残すという意味で緑地の保全や生物多様性が様々な場面で主張されていますが、それよりも一義的に充足されているべき住民の生命・財産の保全が後手に回り、対応できていないということにもっと注目すべきです。
そうすると、保水力に富む森林・原野・田畑などの緑地を保全し生物多様性を図ることは、取りも直さず喫緊の課題である生命・財産の保全に直結しているという事実に気づく筈です。 by I.T. (以下続く)

 
                 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)