FC2ブログ

防災講座:番外編

「60ミリ対応」の時代 ゲリラ豪雨への処方箋は?

この程度のささやかなブログでも、個人の「つぶやき」とは異なり、折りにふれ「上郷開発」に関連する時事的なニュースを載せたり、特集記事を紹介したりしているため、時に舌足らずだったり、誤報があったり、小さなミスが避けられないのですね。

このほどアップした「備えあれど憂いあり-2」について、今朝、署名の会の河川水害対策チームのチームリーダーであるI.T.さんからお叱りのメールが届いたのです。

要は、記事の編集段階で見出しを「『50ミリ対応』見直し必至?」としたため、「横浜市は既に50ミリ対応を終え、60ミリ対応もしている。せめて“「50ミリ対応」ゲリラ豪雨にはとても対応できず”としたらどうか、というものでした。
確かに、横浜市はすでに平成20年(2008)6月に開かれた横浜市環境創造審議会で当時の小松崎環境創造局長(現・副市長)が「60ミリ対応」について触れているのですね。

ブログを読んで、「とっくに見直しているよ」と胸を張る(?)関係者の得意顔が目に浮かぶようです。
でも、今でも浸水被害の恐れから抜け出せない栄区の河川流域エリアの場合はどうか? 
この先さらに緑地保全とゲリラ豪雨との関連などについて調査結果を載せていくつもりですが、とりあえず市の基本姿勢を紹介しておきましょう。
 
ただし、審議案件は「土壌・地下水汚染の規制のあり方について」で、しかも都心部のケース。栄区のような郊外区とは事情が違いますが。

資料=平成20年(2008)6月、横浜市環境創造審議会における小松崎環境創造局長答弁(進士五十八委員の発言に応えるかたちで)

今、横浜市は浸水対策として、時間当たり降雨量50 ミリ、60 ミリの対応を地域に分けて実施しており、このあたりの都市部は、60 ミリ対応の部分が多いです。そうしますと、地下への考え方は、辺りにどんどん管を入れて、排水する訳ですが、私が思いますには、ずっとその考え方でいいのか、大いに疑問があるところです。
これまでの下水処理、雨水処理の考え方は、いわゆる装置型でやってきており、なかなか、転換までに至っておりませんが、進士先生がおっしゃるように、道路は、市街地を入れると約25~30%の面積がありますので、極端なことを言えば、全部透水性舗装にした場合どういう世界になるのか。そこまで装置的な整備をしなくても、いいのかも解らない。
水循環という視点からも大きな構えとして、下水処理などの考え方も含めて検討することが必要だと、そういう時代と意識します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)