FC2ブログ

「瀬上の春を歩こう会&学ぶ会」のお知らせ

3・13 里山の春を歩こう! 瀬上から大丸山(おおまるやま)へ

つい先刻、横浜南部の当地でも久々に雨が降り始めました。
雨量がどれぐらいになるかわかりませんが、自然界の動植物にとっては「恵みの雨」と言っていいようです。

このところの干天で、野も山も街中も、カラカラ。
拙宅の猫の額ほどの庭先の小さな池に小鳥が水を飲みにくるようになり、驚いていたのです。
それほど水辺・水たまりが近隣から姿を消していたのでしょう。

さあそろそろ就寝タイムと考えていた矢先、先に予告した3月のウォーキングのチラシが届きました。
神保さんの「観察ポイント」が添えられています。
瀬上沢から横浜最高峰の大丸山、そして第2の主峰である円海山をめぐる里山里地の自然観察会。
ブログ読者の皆さんもふるってご参加ください。わたしたち署名の会もこの企画に協賛し、仲間たちも多数参加するはずです。

というわけで、これからしばらくは「いたち川」が氾濫しない程度に大いに降って、3月になったら穏やかな晴天が続くといいなア……などと天に祈っています。(M&M)

豁ゥ縺薙≧莨壽丼繝√Λ繧キ繧「繧ヲ繝茨シー+(2)_convert_20110209004217

■お知らせ
本件に関するお問い合わせは、チラシ記載の協賛団体である「緑遊クラブ」へ。
アドレスは midoriniasobu@yahoo.co.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

山で拾おう!

実は別ルートで、ブログ「クリーンハイク」の管理人である山出拾雄さんから、「今回の里山ウォーキングに参加する」というメールが届いていました。
嬉しい知らせ。参加予告の第1号です。
となると、ぼくらもグリーン&クリーン! 山出さんの作法を見習いながら?

宜しくお願い致します。

こんにちは、山出拾雄です。

グリーン&クリーン、響きがいいですね。
当日は宜しくお願い致します。
もしも署名の会メンバーの方もゴミ拾いをされるということになれば、
このような形でのコラボレーションは山出にとっても初めてです。

ゴミバサミ、レジ袋、カラビナ等があると便利(山出には必携)です。
尚、拾ったゴミは基本的にご自宅までお持ち帰りとなりますので、
ご了承下さい。宜しくお願い致します。

雪が降った!

本文記事を書いたのが9日の夜(というか明け方に近い夜中)。
で、「雨が降り出した」と書いたのですが、実は何時間か経って午前7時過ぎに庭先を見るとうっすらと一面雪化粧しているのですね。

ところがその夜に開かれた署名の会の例会で話すと、「え、うっそー」という人がいたのですね。驚きました。同じ区内でも、雪だったり雨だったりしたのです。2階の窓から見渡すと、隣家の屋根もうっすらと白く覆われていました。

というわけで早速真偽を確かめようと「カナロコ」(神奈川新聞のウエッブサイトで検索してみると、以下のようにありました。

9日、横浜の最低気温は平年よりも0・4度低い1・4度。午前5時50分から午前7時20分には横浜でみぞれが観測された(横浜地方気象台調べ)。その後、冷たい雨へと変わり通勤時間帯には、久しぶりに傘の列ができたが、まとまった雨とはならず昼前から天気は回復し、太陽が顔を出した。

「10日夜からは再び天気は下り坂で、11、12日は寒さが戻り、雨から雪になりそうですが、日曜日には天気は回復、日差しが出るでしょう」と同気象台。

たまたま我が家の直ぐ裏手は樹林地なので冷え込み、「みぞれ」からさらに一歩進んで雪になったようです。あいにく写真を撮っていなかったのが残念! さて、今夜は?

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)