FC2ブログ

舞岡上郷線の近況について  現況&道路局の「回覧文書」から

このほど「栄区内における主な道路事業について」と題する横浜市道路局・栄区の連名による文書(1月20日付け)が町内の回覧ルートで届きました。(港南区も同様?)

で、その3が「舞岡上郷線(上郷地区)の近況について」。
昨年の舞上線検討委の報告書の概要が記されています。


「これまで、道路法の手続きについては、路線の認定のみで道路区域の決定や供用の開始の告示がなされてこなかったが、仮設構造物等の所有権が横浜市にあるという法的な見解と安全性の確認ができたことから、速やかに手続きを進めていくべきである。」

私たちや議会関係者の度重なる指摘や追及によって、構造上の危険性や東急建設との不適切な関係(クリントン元大統領みたいですね)が明るみに出て、ようやく市による補修工事に至ったわけですが、さてその後、道路局はどうしたのでしょうか? 次のように記されています。

「今回の報告書を受け、道路法の手続きについては、平成23年1月14日に舞岡上郷線(上郷地区)の道路区域を決定し、供用を開始しました。」

それがお役所流のツジツマ合わせなのでしょうが、なんだかオカシイ。
仮設状態で20年余も風雨にさらし老朽化・腐朽化を放置したあげく、市民の追及でようやく応急的な補修工事着工。そんなイキサツに対する釈明の言葉は一切なく、「平成23年1月14日から供用を開始」なのですら……。


さて、肝心の工事はどうなったのでしょうか?
「12月に請負業者が決定し、2月に工事に着手予定」とありますが、実は1月31日、現地に近い上郷町内会館で請負業者である株式会社キクシマによる説明会が開かれ、すでに舞上線沿い、神奈中の本郷車庫手前にはキクシマの現場事務所用のコンテナハウスが設置されています。

K1-2_convert_2353.jpg
こんなアブナイ状態がようやく改善される?=仮設橋K1

工程表によれば、塗装&防水工事の終了が3月23日、足場撤去や後片付けを含め工期は3月31日まで。また工事の施工時間はAM9:00~PM5:00(日曜休業)となっています。
週明けの明14日(月)から本格的な工事が始まるとみていいようです。

が、それより何より、実はこんな予算(総額約5000万円)、こんな短期間の応急工事で本当に舞上線の安全安心は担保されるのか、と不安視する声も多数寄せられています。引き続きこの問題からは目が離せません。

なお本件に関する情報は署名の会 E-mailアドレス:syomeisegami@yahoo.co.jp へ。
また、ご意見やお問い合わせは、道路局建設課の安達さん=☎671-3556へ!

追記 同じ回覧文書には、「舞岡上郷線は平成2年8月から一般の交通の用に供し」とあります。これって「供用」では?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)