FC2ブログ

私たちの訴え:資料編

「みどり税」に託した市民の思い  いまこそ市&市会は積極的な打開策を!

署名の会は東急建設に対して上郷開発計画の中止を訴えるとともに、横浜市が「みどり税」に託した市民の思いに応え、瀬上沢の緑地保全について積極的・抜本的な打開策を講ずるよう求めてきました。
またすでに4月の街宣チラシでは「栄区3市議の活躍に期待します」との見出しの下、市議選における候補者への公開アンケートで、瀬上の全面保全について前向きの見解を示した3氏に対しエールを贈っています。

そこで、あらためて3人の市議が公開アンケートにどういう回答を寄せていたか再録します。
円海山に連なる瀬上沢緑地をどういう形・手段で開発から守り保全すべきなのか、市そして市会は東急建設による開発計画を待ちの姿勢で座視せず、9万余の反対署名、また多くの市民が「みどり税」に託した思いや期待に早急に応えるべきではないでしょうか? とりわけ栄区の3市議は市会において積極的な役割を果たすよう要望します。

設問4 みどり税の投入について新設されたみどり税をその財源とするならば、瀬上沢一帯の緑地指定や用地買収などが可能であると考えますが、いかがでしょうか。
 ①そのとおり   ②そうは考えない   ③その他
 その理由について考えをお聞かせ下さい(                ) 

大桑正貴議員
① そのとおり
そのためのみどり税であると、私は考えています。
みどり税を含め市税を投入して全面保全をすべきである。

輿石且子議員
①②③ -選択なし-
単に用地買収では、永続的な保全・維持管理はむずかしい。(財源面・担い手等)。設問3でも触れたが、歴史・人間性に配慮しつつ、将来に亘ってもリスクの共有が伴うことを認識し、横浜市・県・国としてもこのエリアの特性と財源投入に対する理解を得られる程の政策根拠を準備するべき。
 
石渡由紀夫議員
① そのとおり
そのために、市民の森制度の特例を設けること、あわせて時限的である「みどり税」を基金として残すことができるようにすべき。これからもお互いにがんばりましょう。

注:輿石議員の回答中の「設問3」とは、横浜市の対応について「横浜市は英断をもって東急建設と交渉し、緑地指定などの瀬上沢の全面保全対策に踏み切るべきだと考えますが、いかがでしょうか。」との問い。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

栄区から政策発信を!

選挙前の公約、マニュフェストが限りなく軽~くなってしまった日本の政界だが、われらが横浜市会ではどうか。
その後の維持管理のあり方を別とすれば、みどり税による瀬上地区の買い取りについて3氏の意見は肯定的……ほぼ同じと見ていい。だとすれば、党派を越え瀬上沢の保全について具体策を議員提案したらどうだろうか? 
東急の提案待ち、市による打開策待ち、市民の反応待ち……では、東日本大震災に向けた中央政界の迷走同様、多くの有権者から議会&議員無用論が出かねない。
大桑さん、輿石さん、石渡さんのイニシアティブ、「英断」に期待したい。

つながりの森?

環境創造局の平成23年度予算には僅かながら保全策の模索(検討)への取り組み、予算が計上(300万円)されている。
「つながりの森」構想検討調査費用がそれ。円海山の周辺地区を横浜の生物多様性の宝庫として「つながりの森」と位置づけ、市民全体で守り、育てていくための構想検討の取組、とある。

「つながりの森」というネーミングは、仲間内で大騒ぎしたY150記念事業がらみのものでイマイチだが、ネーミングライツは円海山麓一帯を生物多様性の宝庫として保全する事業に参画するNPOや企業などに貸与することも考えられるし、とにかく構想具体化に向けて衆知を結集してほしい!
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)