FC2ブログ

カーフリーデー2011

カーフリーデー成果と反省と 肌寒い一日で売上げはイマイチでした…

23日(金・秋分の日)に開かれた「横浜カーフリーデー2011&モビリティウィーク」。

今年はスタンプ・ラリーのポイントの一つに選ばれたこともあって、当日配布のチラシ(台紙)を手に次々と訪れる親子連れなどで、100枚を特別提供した「Live Green」のステッカーは早々と無くなり、ま、それなりに盛況でした。

DSC_0365_convert_20110929031231.jpg
あでやかなフラダンス・チームが華を添えました。

しかしメイン会場の横浜公園から我が署名の会の広報チームはじめベテラン有志が待ち受ける日本大通り会場への人の流れは散漫で、あいにくの肌寒いほどの天候にもたたられ、女性陣が真心こめて焼く本場韓国風味のチヂミと庶民派ビールの売上げはイマイチでした。

という次第で、遅ればせながら当日のスナップをお届けします。

DSC_0352_convert_20110929111306.jpg DSC_0354_convert_20110929111526.jpg
横浜市が後援団体に名を連ねたこともあってトリエンナーレなどのキャンペーン・パレードも
DSC_0362+(2)_convert_20110930104033.jpg
元気はつらつ。右手は署名の会ののぼり旗!

「悪天候にたたられた昨年に続きイベントへの出展&出店の難しさを痛感しました」とは、今回も出展部隊を率いて陣頭指揮したIさんの弁……。
なおまた、「今年は例年以上に多くの参加者、団体、新しい団体も多く、充実した内容でした」というのが実行委事務局からのメッセージ。

DSC_0340_convert_20110929032510.jpg DSC_0359_convert_20110929032432.jpg
味は天下一品。でも食べ物コーナーが他に無く、閑散とした駅前商店街もどき?

今回のカーフリーデー参加については会の中でもカンカンガクガク、賛否両論ありましたが、東急建設による上郷開発計画の再提案間近?という緊迫した状況下にあって、隣りあったパタゴニア横浜ストアのブースとともに瀬上の緑の保全問題を広く市民に訴えることができたことは大きな成果です。

このあと私たちの仲間は10月1日に本郷台駅前で行われる栄区のイベント、また11月に港南台で開かれるフリーマーケットなど様々な機会をとらえ、時代錯誤ともいうべき市街化調整区域における大規模な宅地造成&市街地への転用計画の非を訴えていきます。乞うご来援、乞うご声援! Special thanks to K.Ume=photo

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)