瀬上沢通信員だより:スペシャル

護念寺縁起と江戸時代の緑地保全策  その1
樹林地守るため寺を建立

先日の円海山ウォークイベントで、護念寺のご住職からお寺の縁起について話を伺った。
要約すると、
・400年ほど前まで遡る念仏道場があったところに、徳川将軍の命で宝暦2年(1752年、将軍は9代家重)、あたり一帯の樹林地を護る目的で護念寺が建立された。
・寺は高僧の隠居寺として代々受け継がれてきた。
・第5代の萬随和尚が嘉永6年(1853年)、夢枕に拝授した灸を施してより円海山護念寺の名が広まり、「峯の灸」で知られるようになった。
・かつて杉田の磯で海苔養殖が盛んだった頃は、お寺の孟宗竹が海苔篊(のりひび)と、その浮きに使われた。油成分を多く含むこの地の竹は耐久性が高く好評で、伐採限度ぎりぎりまで切り出された。

250px-Tokugawa_Ieshige.jpg
家重の肖像画(徳川記念財団蔵=ウイキペディアより)

takehibi.jpg
海苔ヒビ(富津市立富津埋立記念館資料から)

で実は「将軍が江戸時代、樹林地を護る目的で」とそこまで聞いたとき、最近目にした新聞の書評のことを思い出した。
あらためてスクラップにあたると、ジャレド・ダイアモンド博士が『文明の崩壊』という著書のなかで、日本では将軍のトップダウンによる施策により世界で唯一、森林保全に成功した国、と讃えている。

関連注記:富津における海苔養殖技術の変化
 竹ヒビ(たけひび) 孟宗竹を使用した海苔ヒビで、富津で海苔養殖が開始された昭和5年から使用された。海苔養殖の開始が早かった人見・青堀地区では江戸末期~明治時代から使用されていた旧来からの海苔ヒビで、昭和24年に化繊の海苔網が使用されるようになってからは少なくなったが、昭和30年代中頃までは補助的に使われていた。

(つづく)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

海苔ヒビ

写真の海苔ヒビは関連注記にあるように、昭和30年代中頃まで補助的に使われたものでしょう。浮きに使われたとの記述があるので、興味にひかれ調べてみると、「海苔は夏の間は糸状体で殻の中で過ごすことが発見されたのは戦後のことであった。この発見により、糸状体をカキ殻のなかで培養して安定的に高品質のタネ網を作ることが可能になった。それまでは初夏から秋までの生活形態は分かっておらず、経験的に寒くなると胞子(殻胞子)が着くことを知られており、寒くなると篊(ひび)を建込み胞子が付着するのを待つという自然養殖であった。 このため胞子の付き具合にはばらつきがあり、あたりはずれが多く海苔は運草(うんぐさ)と呼ばれていたほどである。海苔栽培の歴史は、いかに沢山の胞子を付けるかを追求する歴史といえる。」とあるように、戦後は「網ヒビ」が一般的となっているようです。
護念寺の孟宗竹は、この網ヒビを塩の干満に合わせ水中に置くための「浮き」(現在はプラスチック)や網枠、網ヒビ設置用の杭として使われたのではないかと考えます。下記URLご参照ください。
http://www.ne.jp/asahi/anesaki/ichihara/umi/nori/hajime/hajime.htm
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)