FC2ブログ

瀬上沢通信員だより:スペシャル

護念寺縁起と江戸時代の緑地保全策 その3
煩悩に取り憑かれた愚行を駁す

時の指導者は、森林崩壊⇒文明崩壊を予見して未然に手を打ち前述の諸施策で大ナタを振るい、さらにきめ細かい対応策(覆いのない炊事炉に代わって燃費のよい竈の設置、家全体を暖める習慣に代わる移動可能な小さい火鉢の使用、冬の暖房に太陽光(熱)の利用、身分別の家屋の間口制限、イトスギ・スギその他の良質な樹木の公共の看板への使用禁止、正月飾り用として承認されていた樹木の一覧から大きなマツを除外)を実施し、1660年代において、すでに日本は社会のあらゆる階層において森林利用を規制する全国的な取り組みに着手、1700年には森林管理の緻密なシステムを整えていたとのこと。

これを現代に当てはめてみると、栄区では人口が減少して行くのが見込まれ、実際にかつて開発された住宅地には、空き家が目立つようになってきている。それにもかかわらず、民間デベロッパーは開発を制限すべき市街化調整区域をなんとかして市街化区域に変えようと、緑地を保全するための各種法規の間隙を縫って画策している。

緑地を壊し不要な開発を行うことは先人達が残してくれた財産を無にすることであり、仏教でいう煩悩(物欲・金欲など)に取り憑かれた愚行であろう。 

自然は一度破壊されたら元に戻らない。                 
我々は、近世の「森林崩壊⇒文明崩壊」を喰い止めた優れた自然保全策をしっかりと受け継ぎ、さらに昨今声高に叫ばれている「生物多様性の追求⇒人間の幸福の増進」の理念を単なるお題目とせず、よい環境を後世に残したいものである。

注記:著者ジャレド・ダイアモンド博士のこと
ジャレド・ダイアモンド(1937年9月10日~)は、アメリカ合衆国の進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。
著書『銃、病原菌、鉄』で1998年度のピューリッツァー賞(一般ノンフィクション部門)、1998年コスモス国際賞を受賞した。また、1999年にアメリカ国家科学賞を受賞している。現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)教授。
マヤ文明など、文明が消滅した原因を考察し、未来への警鐘を鳴らした『文明崩壊』がある。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

護念寺縁起に寄せて

護念寺の縁起にもとる企てぞ 五年十年ごね得許さじ
意を込めて 瀬上の開発はかるとも 世の大方の人は許さじ

家重と吉宗

樹林地を護る、ということで思い出したのですが、家重の前がその実父である8代将軍の吉宗。
この吉宗が江戸東京の庶民にとっては忘れがたい「桜守」の一人とされているのですね。

例えば東京の王子駅の裏手にある桜の名所、飛鳥山。
飛鳥山は徳川吉宗が約280年前、享保の改革の施策のひとつとして、江戸っ子たちの行楽の地とするため、桜の名所にしたのです。

吉宗の治世の当時、江戸近辺の桜の名所は寛永寺程度しかなく、花見の時期は風紀が乱れたため、江戸の新しいお花見の名所として誕生した飛鳥山は、当時、桜の名所地では禁止されていた「酒宴」や「仮装」を容認したため、江戸っ子たちは様々な趣向を凝らして楽しんだそうです。(開放時には吉宗自ら飛鳥山に宴席を設け、名所としてアピールを行ったとか)

また飛鳥山は、明治6年に太政官布達によって、上野・芝・浅草・深川とともに日本最初の公園に指定されたそうです。

一方、♪春のうららの隅田川……隅田川沿い、墨堤(ぼくてい)の桜もまた吉宗ゆかり。
初め4代将軍の徳川家綱が常州桜川(現・茨城県西茨城郡岩瀬町)の桜を植えさせ、その後、享保2年(1717)に吉宗が、堤防の保護や景観のために100株の桜を植えさせたことが起源といわれているのですね。
……という次第で、「つながりの森」を語る林文子市長も、こういう形で後世に名を残してほしいものです。(ウイキペディア及び東京北区のHPから構成)
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)