FC2ブログ

開発めぐる横浜市の動き

守りの姿勢崩さず… 市長回答めぐり担当部局との面談で追及

2月22日(水)午後、都市整備局の片隅の奥まった会議室で、地域まちづくり課の担当課長及び担当係長の2氏と署名の会の山仲代表はじめ5人のメンバーとの面談が行われました。
この日のテーマは9日&10日付けの「開発計画めぐる市の動き」で紹介した市長宛の公開質問状をめぐる回答への異議申し立て。

回答書の起草にあたった直接の担当者が署名の会側の批判と再質問に答えるという形だったのですが、「私どもは東急建設の上郷猿田開発計画の申請窓口であり、計画に賛成でも反対でもない」「緑の保全は環境創造局の仕事」と、第三者的な受身の立場を強調するだけで、、「円海山つながりの森構想」を掲げ、緑地保全についても買取りを含む前向き?の議会答弁をした市長のお膝元はあいかわらず事態の抜本的・先見的な解決に向けた動きとは無縁のようでした。

以下、面談記録(概要) *市=市側、会=署名の会側
1.整開保との整合性について
会 整開保(「都市計画区域の整備・開発及び保全の方針」の略)の記述「骨格的な都市基盤施設等の整備にあたっては、無秩序な市街化を防止しつつ、周辺土地利用の計画的な保全、誘導を行う。」の「骨格的な都市基盤施設等」とは何か。
市 舞岡上郷線のことであり、担当は道路局である。
会 舞上線検討委員会で人口減、交通量減が見込まれ2車線のままで4車線の拡幅の必要なしとされたのではないか。
市 都市計画決定している事項である。担当の道路局に確認願いたい。
  行政も東急も線引き変更は平成27年以前に考えていない。市長発言は27年以降をメドとして答えている。

2.栄区行動計画との整合性について
会 上位計画である平成16年の栄区マスタープランに整合しているというが、その後、上位の法や方針が変更になっているにもかかわらず市役所は改定していない。現状に合わない。平成22年に栄区役所と市民が一体となって作った「栄区まちづくり行動計画」検討委員会で、この地域の計画について検討の結果「まちづくり」から「土地利用」に修正された経緯があるので、区民の民意を無視していることとなる。
市 上位計画である栄区マスタープランに整合しているので問題はない。
会 栄区マスタープラン作成から既に7年を経ている。人口減等状況変化に対応していない。直近の「栄区まちづくり行動計画」の方を尊重すべきだ。

3.開発と地権者について
市 仮登記もしていない土地所有者が約50人存在し、この人達の同意がないと開発も、市による買い取りもできない。開発ができなければ土地は売らないだろう。全面保全と言うは易しいが、今のまま(市街化調整区域)でも墓地や資材置き場はできる。署名の会は、この土地をどうしろと言うのか、またどうして地権者と話し合わないのか。
会 市所有の土地との換地、東急から市への寄附、市による買い取りなどにより対処できないか。
  すぐ「墓地や資材置き場」を口にするが、市の所有する赤道や白地を売らなければ接道が建設できず、開発は不可能である。また、東急が地権者を束ねているのだから、東急と話し合っている。
市 行政は開発賛成でも反対でもないが、地権者が印を押さなければ、良好な土地の保全はできないのが現実。この意味で署名の会の運動は地に足がついていない。
会 「行政は開発賛成でも反対でもない」という意見には異論がある。第2次開発計画のときは市の都市経営執行会議(平成17年2月)で「開発を誘導する」ことを決定したという事実がある。地権者の私権もあろうが、行政は人口減、過疎高齢化、生物多様性尊重など総合的な見地から、しっかりとしたポリシーとビジョンを持って、都市・環境政策を執行してもらいたい。

 追記:「赤道(あかみち)」とは? 
赤道とは、公衆用道路として用いられていた土地で、不動産登記簿では無籍地とされている土地のことを指します。昔から山間部等においてよくみられている。公図上に赤色で着色され、里道とも呼びます。境界線を確定する際、しばしばトラブルの原因にもなります。あかどうともいいます。赤道とは逆に青道(あおみち)と呼ばれるものもあります。これは、河川法の適用または準用がない水路のことです。1級河川、2級河川、準用河川のどれにも当てはまらず、法定外共用物、または普通河川と呼ばれ、通常は国有財産法の適用下に置かれています。青線ともいいます。
以上は不動産用語集からの引用。上郷猿田開発予定地33ヘクタールのうち実に約5ヘクタールがこの赤道・青道であり市有地または国有地となっています。形状から見て赤道は田や畑のあぜ道部分と思われます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ああ、そはかのまちか!

「上郷の 緑地ボチボチ 消しかかる」
緑地保全と言うと、横浜市役所のここかしこで異口同音に「墓地」と言うらしい。脅し文句と捉えず、好意的に受け止めれば、役所も地権者の私権との狭間に立たされ、正式に申請されれば認めざるを得ないという現実を述べているだけなのかも知れない。
それにしても、市街化区域ですらあった広町の森の開発を認めなかった鎌倉市は、最近さらに市有地を買い増したという。また3日ほど前に報じられた川崎市の、保全運動に携わった人たちをして「住民の思いと行政の理解があれば、自然を守れる」と言わしめた例など、高い市民税を払っているが横浜市では望むべくもないのか。
川崎市では、行政が知恵を絞って保全基準の手直しを行い、地権者と話合うなどして9年越しの保全運動が結実している。 ああ、そはかのまちか!

No title

はじめまして。自分も栄区民です。

緑地保護の問題は難しいですよね…。

保護しなさ過ぎると、自然が失われ、過密化して…

保護しすぎると、それはそれで税金がかかるし経済の発展を妨げることになる…

さじ加減が重要ですよね。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)