FC2ブログ

開発計画めぐる横浜市の動き

市、東急提案に対して「助言」 9日付けで都市整備局長名の「助言書」を交付

1月13日に提出された東急建設による「第3次上郷開発計画」の事前相談に対する市の「助言書」が3月9日付けで交付され、都市整備局のHP上で公表されていることがこのほど判明しました。

中田都市整備局長名による東急建設宛の助言書はA4で3ページ、「市のまちづくりの方針との整合について」はじめ全8条の助言事項それぞれについて具体策の検討や市との協議を求める内容で、事前相談に関する要綱の規定に基づくもの。

詳しい分析は今後の逐条的検討に委ねるとして、一読して感じられるのは東日本大震災という未曾有の事態に直面してなお、「助言」が通常(平時)の開発&まちづくり&環境行政のチェック項目の羅列にとどまり、市民の安心・安全を改めて問うという視点が感じられないこと。

開発予定地は「栄区洪水ハザードマップ」によれば境川水系河川:柏尾川・いたち川の氾濫による「浸水の恐れのある区域」に含まれ、仮に大規模な宅地造成を行うとすれば浸水に加え盛り土&切り土による液状化現象の問題など、大震災が突きつけた諸問題に直面すること必至です。(M&M)

以下、とりあえず資料として助言書の全文を掲載します。


資料:都市計画提案の事前相談に関する助言書
img044_convert_20120314112139.jpg
img045_convert_20120314112348.jpg
img048_convert_20120314112437.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ボチに出るもの

市は助言書の1(2)において「現時点の整開保の方針では、本区域は平成27年までに優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域に位置づけられていないことをご承知おきください。」とわざわざ前置きして、提案受付けに向け先付けの小切手を切っているが、4年先に何とかなるという目算でもあるのだろうか。
前回提案では、開発予定地の半分を緑地として市に寄付としていたのが、今回は3分の2を市に買ってほしいと言っているようである。
市に高く買わせるつもりの陽動作戦か?
ボチにはどうやら、魑魅魍魎が徘徊するらしい。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)