FC2ブログ

まちづくり関連ニュース

「次世代郊外まちづくり」の推進 横浜市と東急電鉄が協定結ぶ

3月に出た『データで見る栄区 2012年版』によれば、栄区内54の町で高齢化率35%以上の町が17と、郊外部における急速な高齢化への対処が「待ったなし」の状態です。(最高は桂台南1丁目の44.9%)

他方、4月18日付けで横浜市と東急電鉄が「次世代郊外まちづくり」の推進に関する協定を締結、「郊外住宅団地の再生型まちづくり」の取り組みに着手するなど、超高齢化社会に対応する新しい取り組みがスタートしています。

系列会社である東急建設による上郷開発計画はこうした住環境をめぐる状況の変化や社会的要請に逆行するもので、6月目標とされる都市計画提案への横浜市評価委員会の対応が注目されます。

以下、「次世代郊外まちづくり」の推進に関する報道発表から。

  東急田園都市線沿線の郊外住宅地は、昭和30年代から大規模な開発により
 住宅地が形成されてきましたが、時間の経過とともに居住者の高齢化、住宅
 の老朽化、地域活力の低下などが顕在化し、今後さらに進展することが懸念
 されています。
  昨年の6月から両者で研究会を立ち上げ、郊外住宅地の課題解決に向けた
 検討を進めてきましたが、「既存のまち」の暮らしやコミュニティを重視し
 た「次世代郊外まちづくり」を既存の枠組を超えて「官民共同」で推進し、
 「横浜モデル」といえる最先端の「郊外住宅地の再生型まちづくり」に着手
 することで合意し、協定を締結することとなりました。

なお詳しくは横浜市のHPをご覧ください。
次世代郊外まちづくり http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201204/images/phprdn1zg.pdf

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)