守る会:街宣レポート

新緑の山で緑保全の訴え 「いっしんどう広場」に強力な助っ人も!

新緑が深まり平日休日を問わずハイカーで賑わう円海山~鎌倉アルプス越え屈指のビューポイント「いっしんどう広場」。休日になるとひときわ多彩になるハイカーたちに話題の光景が「上郷・瀬上の自然を守る会」による大規模開発反対の署名活動です。

4轢ャ荳頑ア譁ー邱・轢ャ荳頑ア+13_4_6_convert_20130412122008
若草色の新緑にけぶる瀬上池(04.06)

4月6日(土)には環境保護活動への全社的取り組みで知られ、とりわけ私たちの強力なサポーターであるパタゴニア横浜関内ストアのスタッフの有志3名が応援に駆けつけ、署名活動が大いなる成果をあげたとのレポートが届きました。

繝代ち繧エ繝九い縺ョ闍・閠1・盾蜉縺ョ螻ア螳」+縺・▲縺励s縺ゥ縺・コ・エ+13_4_6_convert_20130412121542 螻ア3譯懈淵繧句アア螳」+縺・▲縺励s縺ゥ縺・コ・エ+13_3_30_convert_20130412121807

パタゴニアのスタッフの皆さんは爽やかな応対ぶりで、既に署名済みの人を除き全員から快く署名をいただいていたようです。……サーフィン、山登り、スキー・スノーボード等々、皆それぞれにきわめつきのアウトドア派でもあるパタゴニアの皆さんは誰もが客あしらい?が上手で、好感をもって迎えられたようです。
しかも、たまたまお店のお客さんで、かつ友人でもあるトレイル・ランナーの方との思いがけない出会いもあったようで、世間は狭い!

3螻ア譯懈淵繧句アア螳」_convert_20130412121906 
昼前には多くのハイカーで広場は大賑わい 
繝輔Ξ繝ウ繝√ム繝2・け繧ケ繝輔Φ繝・縺・▲縺励s縺ゥ縺・コ・エ+13_3_17_convert_20130412121700
こんな珍客と出会えるかも?

「店内で署名を依頼したときの反応と、現場近くでのそれとの差が大きいことに驚きました」
――短時間のサポートでしたが、そんな感想もお聞きすることができました。新緑の始まったいっしんどう広場で、「自然を守る」という熱い志からのオーラがお互いに発せられていたのかもしれません。

なおこれから5月の連休にかけて、土・日・祝日には「いっしんどう広場」はじめ港南台駅頭、洋光駅頭など市内各所で守る会による署名活動が繰り広げられる予定です。
あなたもサポーターとして参加してみませんか? 詳しい予定については下記にお問い合わせください。
E-mail:kamigousegami@yahoo.co.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)