FC2ブログ

守る会:9月街宣レポート

成熟社会に向け緑の住環境を 第2期林市政迎え瀬上保全の声さらに高まる

横浜市会の第3回定例会が10日開会し、8月の市長選で再選された林文子市長が所信表明演説、また副市長による議案説明が行われた。
林市長は1期目で達成した「保育所待機児童ゼロ」の取り組みが安倍政権からも「横浜方式」として評価されていることをふまえ、「横浜の総合力で既成概念を打ち破る『横浜方式』を他の施策にも広げ、さらなる発展を実現させると意気込みを語った」(神奈川新聞)、とのこと。

13日から議案の審議が行われるのですが、高齢化が急速に進む日本で人口ナンバーワンの政令指定都市として、「まちづくり」においても経済発展・経済効率最優先ではなく、成熟社会に見合った弱者にやさしい“横浜方式”を追求してほしいもの。

こうした社会情勢の中で「守る会」による上郷・瀬上の緑地の全面保全を求める活動への賛同署名は8月末で91200。
9月に入り7日(土)のパタゴニア横浜関内ストアにおけるGRT(グラスルーツ・テーブル)活動、また翌8日(日)の港南台駅頭はじめ市内各地の集会などでも賛同署名が寄せられるなどと前回2007年の92000筆余を突破したとの報告が届いています。


◆9月街宣チラシ:表面


1013-4200_convert_20130912180413.jpg

同裏面

1013-4199_convert_20130912164119.jpg


注:街宣チラシは経費節減のためカラーではなくモノクロで印刷、配布しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)