fc2ブログ

「鞆の浦」波高し

前原国土交通相は国主導の56ダム事業のうち「八ツ場ダム」はじめ28の事業を凍結するが、国の補助金で道府県が進める87カ所のダム事業については道府県の判断を尊重する方針というニュースが流れています。
「地方分権」を政策の基本として掲げる民主党政権としては当然のことなのでしょうが、国と道府県が一体となって進めてきた公共土木工事のあり方を大きく見直すという意味では、いささか心もとない気もします。
個別の事業についての賛否はさておき、一般的に言えば一度走り出したら止まらず、予算や計画年度がずるずると無限に拡大・延長あるいは変節していくのが公共土木工事の常であることは誰でも知っています。

「道府県それぞれの判断は尊重するが、国の補助金については抜本的に見直すので悪しからず」とでも言ってもらわないと、開発という名の環境破壊にブレーキがかからないのではないでしょうか。国と地方とのパートナーシップを見直す絶好の機会でもあるだけに、大いなる論議を期待したいものです。

さてそんな大規模事業の陰に隠れて、実は名勝「鞆の浦」の波高し。判決後、まだ広島県や福山市が工事中止へと舵を切ろうとしていないようです。
世界遺産訴訟事務局の松居さんからSOSメールが届きました。
県知事、県議会そして福山市長宛てに「判決を重く受け止め、控訴しないように」との要望メールを届けてほしいとのこと。あいにく締め切りが迫っていますが、ご紹介します  M&M


> みなさま
>
> いつもお世話になっております。
>
> 現在地元では、勝訴判決を受けて国や県、市にたいして要望を行う準備をしております。
>
> 今回の裁判では、「文化的,歴史的価値を有する景観として,いわば国民の財産ともいうべき公益
である」と司法が判断しました。
> にもかかわらず、広島県の丸山空港港湾部長は、「判決は、承服できない」とし、「免許手続きを
つづける」とコメントを出しました。
> しかし、広島県議会建設委員会では、事業の見直しの声もあがったということです。
>
> そこで、いつもの事ですが、お願いがございます。
>
> 広島県と福山市に対して控訴をしないよう求めるはがきや手紙、メールなどを送っていただけない
でしょうか。
> 今回の報道を受けまわりに興味をもたれた方やお知り合い、ご友人など多くの方にも声をかけてい
ただき、メッセージを送ってください。
>
> 送り先
>
> 1 広島県知事 藤田 雄山
>   〒730-8511 広島市中区基町10-52
>   souhisyo@pref.hiroshima.lg.jp
> 2 広島県議会議会事務局
>   〒730-8509 広島市中区基町10-52
>   gikaisoumu@pref.hiroshima.lg.jp(総務課)
> 3 福山市長 羽田皓
>   〒720-8501 広島県福山市東桜町3番5号
>   hisho@city.fukuyama.hiroshima.jp
>
> 上記3カ所に対し、10月14日までに「判決を重く受け止め、控訴しないように」と要望をお送
りください。
> 司法が「鞆は国民の財産である」と認めていますので、住んでいる地域などは関係ありません。
> 一人でも多くの声を届けていただければと思います。
>
> 事業が完全に中止され、鞆の浦が永遠に守れるまで、私たちは頑張ります。
> どうか、引き続きご支援、ご協力を頂ければ幸いです。
>
> NPO法人 鞆まちづくり工房
> 代表 松居 秀子  
> 広島県福山市鞆町鞆5番地
> Tel 084-982-0535
> Fax 050-3489-2310
> e-mail npo-tomo@vesta.dti.ne.jp
> URL http://www.vesta.dti.ne.jp/~npo-tomo/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

小網代の森

今日、小網代の森に下見に行ってきました。三崎口から森の入り口まで15分、入り口から海まで小一時間、つまり三崎口から往復2時間30分(休憩含まず)でした。森の中にはベンチの類は何にも有りません。ジャングルの中に獣道のような小道があるだけ。樹林は一切手を加えていません。昨日、今日と天気は良かったのに道はかなりヌカルンでいました。長靴でないとまずいですね。
眺めの良い所は海に出た所だけでした。私は休まずに歩きました。
森の中にすずめ蜂がいたので、帽子は白が良いですね。服も白系統がよいです。蜂は白色の物には向かってきません。蝮もいるそうです。もっとも瀬上にもいますが、人手が加えた様に見えない様に管理しているんでしょう。このような管理の仕方もあることが判りました

『ご近所力で地域の未来を』より転載

文京区小石川2丁目の4700 ?(1360坪)の土地に、巨大マンションの建設計画が進められ、堀坂の道路拡幅を含む開発工事のために、六角坂の一方通行の逆走が計画されています。
しかし、堀坂の開発と六角坂の一方通行の逆走は、通勤・通学路である六角坂、堀坂の安全な通行をおびやかし、しかも開発計画は4年間もの長期間に及んでいます。
そこで、通学や生活の安全のために、学童生徒の保護者の有志によって、「堀坂・六角坂の開発に関する要望」の署名集めがされております。

遙かな道

どんなに猛暑になっても円高になっても、世の中は変わっていないということなのでしょうか。民主党代表選についてとやかく言う立場にないのですが、「コンクリートから人へ」というスローガンをもっと深化させる人に代表になってほしいですね。「コンクリートから緑へ」「車から人へ」というのが、めざすべき豊かな社会。脱ダム、脱クルマ……肩肘張ってダムや車を拒否する必要はないけれど、とにかく初めにダム工事や道路工事ありきの社会はまっぴらゴメン。主人公は人間だという原則を忘れては困りますね。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)