FC2ブログ

討議資料:東急建設「上郷開発計画」何が問題か?

東急提案の概要と問題点 12月25日の記者会見レポート

12月25日に行われた東急建設による「上郷猿田地区都市計画提案」に関する記者発表と、同日午後に市政記者クラブ(横浜市役所内)で行われた私たち「署名の会」「守る会」及び「瀬上沢基金」3団体の代表による記者会見の場でのやりとりの概要をお知らせします。(「守る会」によるまとめから)

横浜市役所の仕事始めは休み明けの6日(月)。
東急建設がいつ都市計画提案書の市への申請を行うかは未確認ですが、12月3日に行われた市会議員への説明(根回し?)、市政記者クラブでの記者発表、さらに開発予定地周辺の町内会・自治会への説明など、さまざまな場での口頭説明を含めて、今後、大規模開発計画の問題点を明らかにしていきます。

地域の緑豊かな住環境&自然環境を保全し、少子高齢社会における安心安全なまちづくりと暮らしの質の向上をめざしてともに考え行動し、次の世代に引き継いでいきませんか?


1013-4243 (400x278)
東急が示した区域図。開発予定地が無秩序な市街地の拡大による環境悪化防止のため都市計画法
第7条で市街化を抑制すべき「市街化調整区域」に指定された緑地である事実に全く触れていない。


開発計画の概要
1.2014年(平成26年)1月に都市計画提案を行う。
2.予定地は港南台から南へ約1キロの32ha。
3.舞上線を境に北西側を市街地整備エリア、南東側を自然環境保全エリアとして分けた。
4.予定地の約7割(23ha)を緑地として残す。
5.北西側には商業施設(店舗面積約1万平米のホームセンター)、医療・福祉施設(約2700平米のメディカルモール)、人口約1000人になる住宅300戸(低・高層住宅)を建設。
6.南東側には雨水調整池、ウェルカムセンター、都市公園を作り、他に特別緑地保全地区は市に買い取りを希望。
7.舞上線を拡幅して4車線にする。
8.景観や生物への影響を最小限にする。
9.最短で2016年(平成28年)10月に着工。

開発反対意見に対する東急の反論
1.まとまった緑を保全するとともに、郊外型住宅からの住み替え先となるような医療施設や商業施設が揃ったまちを目指す。
2.このまま放置していても一定の開発はなされる。今回の提案は緑の保全だけでなく利便性の向上も図れる。
3.沢の流れのつけかえは、自然石で護岸を造るため、ホタルの生息に影響はない。
4.オオタカも、営巣地がないため影響はない。
5.地権者が、市の緑地保全施策に協力しながらも、せめて一部でも宅地化して子孫に残したいとの思いから個々の土地の利用を行わなかったために残された。これらの方々の積年の思いも決して軽いものではない。

3団体合同記者会見における質疑
守る会、署名の会、基金による合同会見では、各社の記者から、東急側に立っていると思われる次のような質問がありました。
1.計画区域が大幅に縮小しているのに、なぜ反対するのか?
2.川のつけかえによるホタルへの影響も、オオタカの生息への影響もないのに、なぜ反対するのか?
3.なぜ西側も残さなければいけないのか?
4.利便性がよくなるのに、なぜ反対か?
5.なぜ全面保全に拘るのか?

各団体はこれらの疑問・質問に対して次のように答えました。
・人口減少が避けられない中、市街化調整区域を開発して市街地を拡大する時代ではない。
・全面保全を求める署名が前回の92000を大幅に上回り、10万6千に達している。
・ホタルは北西側にも生息している。割合の問題ではない。これ以上緑を減らしてはならない。
・オオタカの生息環境は営巣地だけの問題ではない。エサになる小動物、虫、植物が大量に確保できなければ食物連鎖が成立しなくなる。
・生物への影響は、雨水の流失や川の汚濁などとともに環境影響評価(HEP含む)で検証されているとするが、開発ありきの アセスであり問題がある。
・古代の製鉄遺跡や里山の景観が失われる。
・行政には、利権の調整に終始するのではなく、長期ビジョンに立った緑地政策の確立が求められている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

市会議員の対応

地元栄区選出の3人の市議がどういう反応をしたか知りたくてネットで検索してみましたが、なぜか石渡由紀夫議員(民主)のほかは東急の訪問について全く記述なし。
微妙な?立場にいる輿石かつ子議員はともかく、市会の建築・都市整備・道路委員会の委員長という要職にある大桑正貴議員はなぜ? 日頃細かく市の広報顔負けに区内の事情の紹介をしているのに、『大桑新聞』でも上郷問題に全く触れていません。
で、とりあえず石渡さんのブログから。
                           2013年12月05日
上郷開発について東急建設から説明を受けました。
 3日の火曜日に、上郷・猿田地区の開発について東急建設から説明を受けました。 この開発は、これまでも数回にわたって提案がされてきましたが、署名活動などの市民の反対などもあり、実現しておりません。 すでに長い年月が経過しているため、取り巻く環境も大幅に変化しています。 これから今月中に地域の自治会・町内会を中心に説明をしていくとのことでした。 これから、関係するみなさんや市民のみなさんからさまざまなご意見をいただき、対応を決めていきたいと思います。 多くのご意見をお寄せくださいね。

ホワイトハウスを動かす10万筆

最近、アメリカで従軍慰安婦像に関し、全米を対象とした電子メールによる署名活動があり、からくも10万を突破したという報道があった。

ここで、この署名の目的に関し論じるつもりはなく、アメリカでは、市民の意見について電子メールによる署名であっても10万筆以上集まると、ひとつの民意として認め、国のトップである ホワイトハウスへの請願が受理され、検討されるということに注目したい。

目を日本に転じ、緑地の全面保全を願う10万6千余の地道に集めた自筆による思いのこもった署名をより大きな民意として、横浜市長ならびに市議会は真摯に受け止めていただきたいと願うところである。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)