FC2ブログ

東急建設の動き(緊急レポート)

危機再燃! 東急建設、17日に横浜市に開発計画を申請 

東急建設が本日17日(金)、横浜市に対し「上郷開発」についての都市計画提案を行ったことが判明しました。

同社のニュースレターによる「お知らせ」は、昨年末の記者発表及び近隣地区の自治会・町内会で行われた説明会で提示された計画案と同じものと思われますが、この計画が認められれば横浜の土地利用の特徴とされている「市街地に入り込むように存在する身近な自然」(『横浜市民生活白書2009』)が大きく損なわれることは必至で、しかも東急建設の“開発の論理”がまかり通れば、市街化調整区域の緑は全市で3割も減少してしまい、横浜みどりアップ計画そのものを根底から否定することになります。

なお署名の会及び守る会は週明けの21日(火)、都市計画提案の担当窓口である市建築局都市計画課ならびに東急建設などとの折衝を予定しています。

東急建設の告知から (同社HP上のニュースレター冒頭部分)
横浜市栄区上郷猿田地区おける都市計画提案のお知らせ
東急建設株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:飯塚恒生)は、本日、横浜市栄区上郷猿田地区において、都市計画法第21 条の2 第1 項の規定に基づき、関係地権者の賛同を得て「上郷猿田地区」に関する都市計画の変更および決定を横浜市に提案いたしましたので、お知らせいたします。


 注:東急建設の告知は以下のURL参照。
 http://const.tokyu.com/topics/topics_09.pdf

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自然オタ嫌い

自然保護の名の下のプロ市民の皆様。
何年も自分の土地の評価額が変わらず引っ越せず
自宅は朽ち果てて、商店はガラガラ。バスの便数はどんどん減って利便性は減り、運転できる人はどんどん年老いてヘルパーに頼った生活。栄区猿田地区を活性化よりもたまに来る自然オタクと環境破壊の嫌いな活動家達。このままじゃ朽ち果てていくだけ。
出来上がるのは高齢者施設ばかり、バスに乗って高齢者が買い物をし、通りを通るのは施設の車ばかり。
自分が住んでいる土地は山を崩した所に住んでいるのに、地権者の賛同を得ているのに反対している。まか不思議な人達。ほとんど来ない「子供達」のなめにまともに農業すら出来ない土地を「環境破壊」という輩ども。自然保護テロと言っても過言ではないでしょう。
空き家だらけのこの街を活性化する方法も否定し自然が素晴らしい、後世に残したいと言うなら山林に住めばいい、ここで住み、さらに住みやすくしようとしない考え方だけを黙ってはいられない。
東急建設はかなり妥協しつつ、早く完成して欲しいと願う住民もいる。自然保護だけ訴えるなら自然だらけの場所に転居すればいい。自分の土地の価値を上げていくことも住民の意見ではなかろうか。まぁ、10万人署名を集めようがこういう建設はちゃんと計画されて建設され人々が集う場所になる。分かっちゃいるけど署名だけはする、「自然保護」とっても良い言葉。住んでいる所は自然を崩して立てられた土地なのに。自分勝手なプロ市民。守りつつも発展するのが街だ!!!

太鼓持ち?

「太鼓持ち」と書くと、栄区をベースに活躍する「昇龍」のようだけれど、こちらはタイコモチ、つまり東急建設のお先棒をかつぐ輩(やから)のこと。
土地や空気(大気)や水(河川の)までもが個人の所有物であると考え、「自分の土地をどう使おうが勝手だ」と自然環境や住環境の保全・発展をめざす運動に罵詈雑言(ばりぞうごん)を投げかける人がいつの時代も、どこにもいるのですね。
郊外住宅地の活性化を願うぼくは、そんな自分勝手な人は早めに東急電鉄の沿線に引っ越してほしいと思う。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)