FC2ブログ

上郷開発NO! アセス審批判―2(討議資料篇)

偏見に満ちた「反対意見」封じ アセス審における菊本委員の発言を問う

今日は朝からブログのカウンターが急伸しています。
東急建設による上郷開発の「新事業計画」について、環境影響評価面では「問題ナシ」と、30日(月)の午後開かれた平成26年度で4回目となるアセス審査会が市長宛の答申案を了承したことへのリサーチだと考えられます。

「アセス審批判―1」でふれましたが、事務局である環境影響評価課がまとめた市長宛ての「答申案」では、市街化調整区域における大規模な開発事業計画そのものへの疑問や批判については全くふれられず、しかも開発エリアの地盤面はじめ様々な問題点を指摘、批判してきた本ブログへの菊本委員の偏見に満ちた意見(5月27日の発言に加筆)を侮蔑的表現を含めてそのまま了承しているのです。

審査会の審査は「市街化区域の中に市街化調整区域が入り込む形」となっていることを特色とし、指定都市の中では「比較的市街化区域の割合が少なく、良好な低層住宅地の多い都市であり、なおかつ身近な自然を住民が享受しやすい環境」であることを“都市としての魅力”としてきた横浜(『横浜市民生活白書2009』)において、都市計画提案制度という現行法規上の手法を隠れ蓑?にした大規模開発が自然環境や周辺の住環境に与える影響について、一部の委員から出た質問や意見を積み残したまま、「本質的な環境保護の観点」(菊本委員の言葉)から疑義を呈し、その問題点を洗いなおすよう求めた市民要望に応えることなく、役割を放棄したものとなっています。

以下、審査会の問題点や菊本委員の反対運動への偏見に満ちた見解を知るため、会議録の要点を「討議資料」としてそのまま抜粋、掲載します。

それにしても……なぜ、横浜市の審議会という公的な場で、会長以下の有識者と言われる識者が「環境保護の観点で開発に反対する」(菊本委員の言葉)立場からのブログの意見を、悪しざまに「盲目的かつ一方的に書かれていることを残念に思っている」という菊本委員の侮蔑的・差別的言辞による批判そのままに了承したのか? 

先の公聴会における「ヘイトスピーチ」の黙認(都市計画課)同様、環境影響評価課の担当職員の人権感覚?を疑わざるを得ない状況の連続を、どうとらえたらいいのでしょうか?

■討議資料1:5月27日=平成26年度第2回審査会において代読された菊本委員の意見

1013-4308_convert_20140701155338.jpg

1013-4310_convert_20140701155816.jpg

土壌工学を専門分野とする菊本委員を訪ねた事務局担当者による包括的な「菊本調書」の紹介。
欠席者への質疑は出来ず、これ以降、東急建設を交えた審議は交通問題に移り、地盤問題は実質的に幕引き?



■討議資料2:6月30日=第4回審査会において確認された第3回における菊本委員らの発言


1013-4303 (500x164)

1013-4304_convert_20140701154553.jpg

1013-4305_convert_20140701154631.jpg

1013-4307_convert_20140701155251.jpg

注:佐土原会長=横浜国立大学大学院教授     専門分野:都市環境工学
  津谷委員=横浜ブナ林法律事務所長、弁護士 専門分野:法律
  水野委員=日本気象協会参与           専門分野:大気汚染問題

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

馬脚を現わした!

とうとう馬脚を現わしたというべきか、本音が流露されたというべきか。
地盤工学の専門家としてアセス審査会のメンバーとして上郷開発の審査に当たってきた菊本統委員。「この地区の液状化は適切な調査、設計、施工をすれば防止できる。環境保護の観点で開発に反対するブログは盲目的かつ一方的」と、瀬上保全の活動を展開してきた運動について差別語を使って批判した。審査会委員としては答申を求められていない場外乱闘の発言。審査会の席上配布された前回審査会の会議録の一節である。
さらに審査会のテーマとして現に審査しているにも関わらず「事業計画に反対するなら盛土の安全性に論点をすり替えずに環境保護の観点で訴えるべきだ」と地盤沈下への懸念は環境保護のテーマではないとお角違いの市民運動への説教に及んだ。そして「地盤の安定の観点から周辺住民の不安を煽り、反対運動を起こすことは正しいやり方ではない」と、市民運動の「正しいあり方」にまで言及する始末。これこそ小さな親切、大きなお世話というほかない。
さて長くなったので、以下は続編で。

飛び出した差別的言語

菊本統氏は東急建設の盛土造成が「安全とする見解」を事務局に代読させ、アセス審査会の公開性に疑問を抱かせた。しかも東急建設といっしょに特許申請を行っているにもかかわらず東急の都市計画提案にジャッジを下した。利益相反行為である。審査を辞退すべきであった。勘ぐれば彼が東急建設にアドバイスをしていないとは言い切れないのである。
また講演で横浜の盛土地帯は安全でないから「逃げろ」と危険を煽りながら、なぜか瀬上だけは安全と言い切った。そして「盲目的」という差別的表現が飛び出したのである。菊本委員によれば瀬上保全を求める市民運動は「盲目的」なのである。
この差別的表現についてアセス事務局は問題視することなく、アセス審査会でも何の異議もなく承認された。驚くべき鈍感、というほかない。「反対派は地球の裏側へ行け」と云ったヘイトスピーチ的公述事件に対してもなんら遺憾の意も表明できなかった公聴会で都計課は驚くべき鈍感さを見せつけた。「とにかく開発」という歪んだ流れが人権に対して無感覚という土壌を生みだしているのである。沈黙しているわけにはいかない。



プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)