FC2ブログ

上郷開発NO! 緊急のアピール

市は開発計画却下の英断を! 東急建設は名誉ある撤退を! 
評価委開催に向け19日、港南台駅頭で緊急の訴えへ

東急建設が16日付けで先の横浜市長による環境影響評価についての意見書(本年7月10日付け送付)に対する「事業者の見解」を提出したことから、上郷開発問題をめぐる状況は大きく動き、24日(金)には建築局長を座長とする都市計画提案評価委員会の初会合が開かれ、事業計画の採否をめぐる検討が行なわれることになりました。

これは17日(金)午後、署名の会・守る会の世話人代表ら合同チームが建築局および環境創造局の上郷開発問題担当者との間で行なった面談の場で明らかにされたもの。

しかしながら環境影響評価制度に基づく手続き上のステップとして今回示された東急建設による「事業者の見解」には、開発と環境アセスをめぐる技術的な論点(改良点)は語られていても、人口減少が始まった日本の現状を見すえ、未来の世代にどのような街を残すべきか、なぜいま郊外区ならではの豊かな自然環境を大きく変え、周辺の地域コミュニティに対して重大なマイナス要因を与える恐れのある大規模開発を強行しようとするのか、この間私たちが指摘してきた根本的な問題提起、そして11万を超える市民の訴えに答えるものとなっていません。

とりわけ開発予定地は市街化調整区域の丘陵地・樹林地であるだけに、広島における大規模土砂災害や死者2名を出した台風18号による横浜市内での崖崩れ・浸水被害といった、当面する市民生活の危機管理上の重要課題との整合性を抜きにして語ることはできないことは明らかです。豪雨災害の危険性を直視し、安心安全な住環境づくり、「減災」に向けた取り組みを考えるなら、上郷開発計画による大規模造成=市街化区域への編入(区域区分の変更)は横浜における都市開発の歴史に汚点を残すことになるとの指摘もあります。

本日19日(日)11時~12時、私たちは港南台駅頭で、横浜市による上郷開発計画の却下と東急建設の名誉ある撤退を求めて緊急の訴えを行ないます。
市民の皆さん、上郷開発問題に注目を! 上郷・瀬上の自然を守る活動にご支援を!


■□速報
19日の街宣は、遅れていた都市計画提案評価委員会が10月24日に開催されることになったこ
と、及び昨今の自然災害多発に鑑み、これまでのアセス審査等において開発計画地の軟弱地盤
問題や水害問題など、市民の安全に直結した実際的な検討が十分なされていないことを中心にし
て訴えました。
秋の行楽日和の午前中とあって人出はそれほど多くなかったのですが、市民の関心は高く、手応
えは十分ありでした。(世話人会レポートから)

  2014101911250000+(2)_convert_20141020022805.jpg
  評価委の「英断」を訴えてアピール

・港南台バーズ前 8名参加
・11時~12時の1時間でチラシ450枚を配付しました!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)