FC2ブログ

緊急訂正:脱穀開始1時間繰り上げデス

「縄文自然クラブ」から25日(日)の脱穀作業についてのお知らせが届きました。
作業開始時間は朝9時から、とのことです。
そうですよね。農作業は日の出とともに始まり、日の入りととも終える、それが太古以来、自然の摂理に寄りそうかたちで受け継がれてきた農の基本でした。

あいにく25日は曇天との天気予報。
でも、頃は良し。翌26日は旧暦9月9日で「重陽」、昔で言えば「菊の節句」にあたります。
長年放置されてきた瀬上の地のどこに里の秋の象徴とも言える菊の花が咲いているか調べていませんが、署名の会の会員の皆さんはじめ、このブログを訪ねてくださった多くの市民の皆さん、脱穀作業を通してぜひ瀬上の秋を感じてみませんか?

「上郷開発から緑地を守る署名の会」の皆様へ

先日の稲刈りに多数ご参加くださりありがとうございました。

10月25日(日)は、9時から脱穀をいたします。

埃、粉、ゴミまみれになりますので、「マスク」「手ぬぐい」などをご持参ください。

また、メガネのようなものもあればいいかもしれません。

汚れてもいい服装でお出でください。

楽しい一時をご一緒に。

皆様のご参加をお待ちしています。     縄文自然クラブ  内田

注:作業予定地は横浜栄高校(旧上郷高校)側から小川アメニティ沿いに瀬上市民の森に入り、「池の下広場」に向かって左側です。
横浜市環境創造局のサイトで「瀬上市民の森」は大船駅、港南台駅、洋光台駅からのバス便利用とありますが、港南台駅から徒歩で約20分。30分もあれば現地にたどり着けますので、ウオーキングがおススメ?(管理人)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

小雨決行とは言うものの

ぼくも明日は稲の脱穀を初体験するつもり。
今日の午前中、港南台駅頭で行われた署名の会の定例街頭行動で、顔を合わせた「縄文自然クラブ」の代表に、雨模様が心配と様子を聞いたところ「小雨決行」とのこと。
やれやれずっと晴天続きだったのに、南海上にある前線の北上が思ったより早いようだ。今日も「終日曇り」の予報が、もうすでに本降り。
参院選&市議補選の投票を済ませてから現地へ急ぐ予定なのだが、さてどうなることやら?
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)