FC2ブログ

上郷開発NO! 討議資料:崖地対策への提言

痛恨の極み、繰り返すまい  市民の命を守る「最後のとりで」に?

「痛恨の極み、繰り返すな」という見出しを掲げた神奈川新聞の「横浜市の崖地対策」についての10月20日付け社説を、上郷開発問題にかかわる評価委メンバーは心にとどめてほしい。
土砂災害や洪水の懸念……それが上郷開発計画案が向き合うべき喫緊の検討課題であるからです。

痛恨の極み――とは、社説本文で紹介されている《林文子市長は「痛恨の極み。責任を感じている」と陳謝した》との記者会見における市長発言に由来します。



  

土砂災害で死者2名を出した台風18号。
「避難勧告等の強化について」の発表に続いて行われた質疑の中で林市長は「痛恨の極み。責任を感じている」と陳謝したのです。
以下、遅ればせながら10月8日の午後行われた市長の定例記者会見の速記録から。(HPから一部を抜粋)

記者:
今回の緑区の崖地ですが、違反の是正勧告がありながら、市の方では指導の継続ができずに止まっていたということが昨日明らかになっているのですが、4年間くらい指導ができていなくて今回のようなことが起きたことについて、市長としてどのようなご見解があるかということが1つ目の質問です。
市長:
まさに痛恨の極みで、お亡くなりになった方に対しては誠に私どもとしてできることがもっとあったのではないかと非常に私自身も反省しきりです。違反が発覚して横浜市から緊急工事停止命令、是正勧告書も送付して、いったん土の搬入工事が停止されました。違反者から基準に合うような是正計画書及び工程表も提出されました。その後に呼出しに応じなかったということで、そこで放置されてしまったことについては、大変私は責任を感じています。それで決してこういうことがないように、今詳しく、なぜ継続的な勧告やフォローを行えなかったかについて、建築局とも話を続けていますが、しっかりとした引継ぎがされていなかったことが一因ではないかと今の段階では考えています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)