上郷開発NO! アセス審査の舞台裏?

なぜ?消えたK委員 アセス審査会に何が起こったのか

昨夏、上郷開発計画に環境影響評価(アセス)面で「お墨付き」を与えた横浜市環境影響評価審査会。
たまたま別件で審査会の過去の記録をチェックしていて重大な事実に気がつきました。

あの菊本統委員(横浜国立大学准教授)が本年3月6日に開かれた平成26年度第12回審査会に出席したものの、同27日開催の第13回審査会を欠席。なぜか任期途中の4月、同じ横大の小長井一男教授と交代しているのですね。

アセス審の新委員の任期は平成27年6月24日から~29年6月23日までの2年間。
佐土原会長はじめ他の委員全員再任される中で、菊本委員だけが任期満了を待たず小長井委員と交代。しかも専門分野は同じ地盤工学ながら、出身校は京大から東大へと異例のバトンタッチ。なぜ?

編集部では目下、アセス審査会の事務局をつとめる環境影響評価課(環境創造局)に照会中ですが、あるいは「審査会への出席状況がかんばしくない」というトンデモ状況がハシゴを外された表面的な理由かも?

注:アセス審査会における菊本委員の「トンデモ発言」と上郷開発計画予定地の軟弱地盤問題については昨年6月以降のブログ参照。 
http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-date-201406.html

後任の小長井一男委員の略歴
横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授 地盤工学

1979年 東京大学大学院博士課程中退。
1997~2011年 東京大学生産技術研究所教授。

2011年から現在まで横浜国立大学教授。

国内外44の地域の地震被害調査154回の経験を踏まえ、地震時の地盤変形と社会基盤施設、地震時の地盤と構造物の相互作用について研究している。

 

◎現在の委員一覧
佐土原委員(会長)、奥委員(副会長)、工藤委員、小堀委員、津谷委員、葉山委員、水野委員、後藤委員、中村委員、小長井委員赤羽委員、岡部委員、木下委員、田中委員、池邊委員、小熊委員

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

K1からK2へ?

昔、舞岡上郷線のK1問題というのがあったけれど、今回もまた「K1問題」が発生? 菊本委員というのはHPで見る限りオリンピックの森元首相のようないかにも悪党(笑い)という人相でなそうだけれど、なんでそんな危ない地盤の深田地区を埋め立ててまで宅地開発を東急建設に認めようとしているのか、それが謎だ。あるいは一般市民が知らない利権がらみなのだろうか。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)