2016瀬上沢ホタル観賞ナイト:最新情報(続)

ヘイケは、これから奥ゆかしく ホタル観賞、第2ラウンドのお知らせ 

「驕(おご)る平家は久しからず」というのが、ぼくらが〇十年前に教科書で習った源平盛衰記のひとこまですが、殿様気分で公私をわきまえず豪遊&税金の乱用のあげく自爆・自滅に追い込まれた某知事の天下はまさに「久しからず」でしたね。

でも、ここは370万都市横浜の南部、円海山麓に連なる瀬上沢緑地の奇跡的に残された豊かな自然環境保全に特化したサイトなので、これ以上、厚顔無恥な政治家の驕りや出処進退にふれるのは慎みます。
が、実は瀬上のホタルの出所進退(笑)について、本欄の昨日のコメント欄に重大な投稿がありましたので、いさぎよくブログの記事の舌足らずを反省し、全文転載、ご紹介します。


7月半ば過ぎまで楽しめるのではないか
「瀬上沢のホタル観賞シーズンも終わりを迎える」というのは、言葉が足りず、ヘイケボタルには失礼にあたるかもしれません。
もっとも、ヘイケは音にも敏感だそうで、ひっそりと草叢で奥ゆかしく光っていいるので、抗議をするようなタイプではありませんが・……7月半ば過ぎまで楽しめるのではないでしょうか。

今年は、ヘイケも発生が早く市民観察の森のヘイケボタルの池では、すでに沢山出ているようです。

ホタルの保護団体が瀬上沢入口で、子供たち向けに紙芝居でホタル観察の作法をそれとなく教えていました。
 ・光を出すものはカメラのフラッシュや懐中電灯は論外で、カメラ・携帯の液晶 にも気を付ける
 ・音を出さず、静かに観察する
 ・遊歩道から外れて草地を踏みつけない
など心配りが必要とのことでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)