上郷開発NO! GRT速報

9日も鎌倉でGRTを続行 公聴会傍聴をアピールしました

7日(土)鳥浜のベイサイド・アウトレット、8日(日)鎌倉ストア店内に引き続き、「成人の日」で祝日となった9日(月)の午後、守る会はパタゴニア鎌倉ストアの店頭でGRT(グラスルーツ・テーブル)を行いました。

 received_752064318276422_convert_20170111000220.jpeg

荒天のため店内の一角となった前日と異なり、朝からの曇り空が昼過ぎには回復したこともあって来店者は引きもきらず、GRT向けにつくった17日の公聴会の傍聴を呼びかけるチラシを受け取り、熱心に上郷開発計画の問題点に目を止めるカップルや親子連れなど。日頃の港南台駅頭での街宣活動とは異なる手ごたえを感じ取ることのできた3日間でした。
 パタゴニアさん、ありがとう! 
 パタゴニアのカスタマーの皆さん、上郷開発計画ストップに向けたわたしたちの活動へのご支援、よろしくお願いします!
 来る17日(火)は栄公会堂の公聴会を傍聴しませんか!


 騾包スサ陷偵・0500_convert_20170110225231_convert_20170111001229
 8日に引き続き「緊急のお願い」をしました
 画像-0501 (2) (350x263)
 寒さは厳しいけれど店頭でアピール

■注:パタゴニアさんのこと
折にふれてパタゴニアさんによるわたしたち署名の会&守る会の活動支援、とりわけGRTについてブログで紹介しているのですが、同社日本支社は全社的規模で「横浜の緑を守ろう」のスローガンを掲げ、瀬上沢現地視察はじめ様々なかたちで反対運動サポートの取り組みを行ってきました。
今回の1・17公聴会開催にあたってもカスタマー(お客様)に傍聴を呼びかけるとともに、GRTの展開、またスタッフの皆さんによる街頭でのアピールなど活動支援の取り組みを強化しつつあります。で、参考までに2012年5月8日付けブログ記事から。

《解説》パタゴニア日本支社はこれまで環境プログラムの一環として「署名の会」の活動を側面からサポート、2010年&2011年にはこの横浜ストアにおけるVYC(ボイス・ユア・チョイス)プログラムの対戦先(投票先)として「署名の会」を選び、開票の結果多額の活動費援助を行ってくれました。
「守る会」による新たな署名活動に際しても私たち「署名の会」と並んで協賛団体に名を連ねるなど、瀬上の緑の保全にとっては得がたく力強い環境派応援団です。なおVYCについては昨年11月のレポートをご覧ください。(広報チーム:M&M)
 →2011VYCプログラム→2011VYCプログラム その2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)