FC2ブログ

上郷開発NO! 「利便性向上」に異議あり-1

港南台医療モールに大型保育室 大義名分を失った上郷開発計画

12月19日付けブログで速報した「港南台医療モール」建設計画について『タウンニュース』栄区版1月19日号が大きく報じました。

ブログのタイトルは「上郷開発計画は早くも暗礁に?  来夏、港南台5丁目に大型医療モールが誕生!」。
上郷開発計画が市街化調整区域における大規模開発の“大義名分”として掲げた「地域住民の生活利便の向上のための施設」としてあげた商業・医療・福祉施設のうちクリニックモールが全く不要となることを速報したものですが、同紙のレポートによれば診療施設に加えこの医療モールの目玉は「病児保育室」。


 img001_convert_20170123012254.jpg

医療モールの保育室は7月3日オープン、計画定員641人と大規模であることに加え、保育時間は午前7時から午後9時まで。また小児科医院併設のため急な病気になっても安心して預けることが可能で、港南台駅から徒歩約10分とやや遠いものの上郷&港南台エリアのフルタイムの共働き夫婦にとって心強い施設となりそう。

同じ19日付け朝日新聞が上郷開発計画案の詳細図でクリニックモールとして示した建設予定地と港南台医療モールは環状3号線を挟んで目と鼻の先、徒歩3~4分の距離に。医療施設数で18区中最低レベルにある栄区だけに、上郷地区の住民にとって待望の利便施設誕生として注目されています。

注:病児保育室って何?
横浜市こども青少年局のHPによれば「病児保育室」制度は次の通り。
港南区では上大岡についで2カ所目、栄区ではまだ開設されていないようです。

医療機関併設型病児保育室で、看護師・保育士が病初期の段階から病気のお子さまをお預かりします。
お子さんを、その養育者が仕事の都合や事故、出産、冠婚葬祭など社会的にやむをえない事情で
家庭での育児が困難な期間、一時的に保育する事業です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)