上郷開発NO! 緊急アクション瀬上沢篇/概報

緊急アクションを1000名が支援 ホタル観賞の夜、賛同署名あいつぐ

ホタル観賞シーズンを迎え、6月2日(金)~4日(日)、また9日(金)~11日(日)と2週連続して、守る会の街宣チームは瀬上沢現地入口(横浜栄高校グラウンド下の広場)で横浜最後の大自然を守るための「緊急アクション」の一環として賛同署名を呼びかけてきましたが、昨11日夜をもってひとまず終了、その概報が届きました。

初日こそホタルも署名活動メンバーも少なかったものの、終盤の10、11日はパタゴニア日本支社スタッフ有志の支援を受けたこともあり両日ともそれぞれ10名がボードを手に緊急アクションへの賛同署名を呼びかけ、最終日の昨夜までで延べ参加者36名、賛同署名約1000名(そのうち横浜市民が8割強)、カンパ総額14600円という大きな成果を得ました。

この先なお瀬上沢小川アメニティ沿道のホタルロードなどで源氏ホタルに続き平家ホタルの遊弋シーンが見られ、15日(木)夜には有力な公害・環境活動グループ有志による上郷開発計画現地視察をかねたホタル観賞が予定されるなど、「初めに開発ありき」?もどきの横浜市の都市計画案審査の流れを検証し、その撤回を求める「緊急アクション」への賛同の輪は大きな広がりを見せつつあります。

なお平家ホタルの飛翔状況はじめこの先の瀬上沢の様子についても折々にレポートしますが、とりあえず昨2016年の状況については次の記事をご参照ください。
http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-date-201606.html 2016平家

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)