上郷開発NO! 6月街宣活動レポート

計画承認待たず陳腐化! 大義名分失った上郷開発計画

24日(土)、翌日からの梅雨空予報を前に、タイミングよく街宣を行う
ことができました。

2017062509280000_convert_20170625114045.jpg

今回の街宣では、横浜市が「開発計画は地域の利便性向上に資する」
としている最大の目玉(セールスポイント)の医療モールが、建設予定地
と目と鼻の先に1週間後の7月3日(月)にオープンする運びとなり、既に
あるホームセンターも含め開発計画自体が陳腐化して、都計審(横浜市
都市計画審議会)における審議を待たず、すでに“開発の意義”が失われ
てしまっていることをメインに訴えました。

DSCN1419_convert_20170625114142.jpg
7月3日オープン予定の港南台医療モール

この日の朝刊各紙に「港南台医療モール」のオープンと、一般向けの内覧会開催(1~2日)を告げるチラシが折り込まれたこともあり、市民の関心も高く、守る会の街宣チラシを手に話しかける方も多く、手ごたえ十分の街宣となりました。
 日時:6月24日(土) 11時~12時 
 場所:港南台バーズ前
 参加:9名 チラシ配付約250枚、カンパ2000円

■守る会街宣チラシ:表面

 img037_convert_20170625114559.jpg

■資料:内覧会を告げる広報記事

nairankai_convert_20170625114303.gif

以下、同モールの目玉?である病児向け保育室「東海キッズケア」の宣伝文句。(HPから抜粋)

最大定員300名 日本最大規模の施設です。
4階に5部屋、2階に12部屋、合計17部屋があります。感染病、隔離室も設けております。
床暖房が完備されています。
部屋の間仕切りにはガラス張りの部分があり
各部屋の状態が目視出来るので安心です。
毎日開室しています。(年末年始を除く)
.
午前7時~小児科医診察
事前のかかりつけ医の受診不要
医療モールの中に当保育室、小児科の他
3つの内科 耳鼻咽喉科 泌尿器科 血液検査室
調剤薬局が入り緊密な連携を取ります。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)