上郷開発NO! 緊急アクションについて(報告と御礼)

上郷開発NOの民意燃ゆ! 意見書9300余を市に届ける

「都市計画の方針と線引きの見直しに関する都市計画案」の縦覧及び意見書受付の最終日となった27日(金)夕、守る会の井端代表世話人は建築局都市計画課を訪ね、広範な市民から托された9135通に上る意見書を提出しました。これにはこの間、意見書の共同提出に向け共に市民に訴えてきたNPO法人ホタルのふるさと瀬上沢基金の角田理事長も同行しました。

今回の意見書は、様々な論点から市街化調整区域の緑地をつぶす大型宅地造成による「上郷開発計画」に反対し緑地の保全を求める意見を集約したものですが、この一括提出とは別に私たちの緊急アピールに応える形で守る会のメンバーが直接窓口に延べ150通近く届け、さらに個人的に電子申請したとの情報が数多く寄せられており、最終的には9500通前後の反対意見が今回の都市計画案に対して寄せられたと思われます。

なお都市計画案を審議する横浜市都市計画審議会(会長=森地茂:政策研究大学院大学教授)は11月13日(月)午後開かれますが、今回の都計審では天神の杜及び三保地区(いずれも緑区)はじめ18地区の特別緑地保全地区指定などが議題です。

上郷開発計画案の審議は次回1月以降に行われる予定ですが、今回の1万近い反対意見書に加え、衆院選の闖入(ちんにゅう)?で先送りとなっていた「住民投票」を求める動きの本格化による新たな民意の高まりに都計審はじめ市長&市会がどう向き合い応えるか注視するとともに、私たちは引き続き関係部局との面談や申し入れなどを通して市政の転換=開発計画からの撤退を求めていきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)