FC2ブログ

上郷開発NO! 5月街宣レポート

緑地破壊の上郷開発 根拠ナシ 地盤災害の恐れあり

2018ホタル観賞シーズンを迎え、守る会&署名の会は26日(土)、時代の流れに逆行する上郷開発計画の撤回を求める街宣活動を活動のベースキャンプともいうべき港南台駅頭で行い、あらためて瀬上沢緑地の自然環境を激変させる大規模な谷埋め盛土造成工事による大規模な宅地造成事業の中止をアピールしました。

以下、世話人会の両会員宛てレポートと、同日の夜、瀬上沢現地で行ったホタル観賞の市民向けアピール行動の報告を。

反響良好 5名参加、チラシ300枚配布
今日の街宣についてご報告します。
 日時:5月26日(土)11時~12時
 場所:港南台バーズ前
 参加5名 チラシ配付約300枚

爽やかで人出も多く、いつもより少ない5名の参加で
300枚のチラシを受け取っていただきました。

瀬上沢の平年より1週間程度早いホタル発生と
開発地におけるホタル絶滅の危機や、横浜市が都市計画の
目標年=2025年において横浜市の人口が1万人減ると
予測しているにもかかわらず、緑地を壊して新たな
市街地をつくるという矛盾についてマイクで発信しました。

両会世話人一同


 2018052807050000.jpg


高校下~瀬上池の間で99頭 発生状況に異変?/26日夜
昨夕は、ホタルの今季の手始めとして19:30から横浜栄高校下の瀬上沢入口でチラシを約100枚を配布しました。
街宣と異なり、チラシを手渡すときにホタル情報や開発事業計画の状況を伝えることができ、相手も関心を持って聞いてくれ、よい反応を得ました。

1時間で訪れた人は約150人で、やはり地元の人が多く、横堰方面からの人が3分の2以上でした。
6月1~3日と8~10日の週末、大勢の観賞者が訪れると思われるので、チラシを配りながら、この有効な情報発信をするつもりです。

なおホタルは横堰から高校下の間は、依然として発生が少なく数匹程度で、高校下~瀬上池の間では、実際にカウントした人が99頭だったと言っていました。


■資料:守る会街宣チラシ1面

2018蟷エ5譛医メ繝ゥ繧キ-1_convert_20180528105337

■ 同2面

2018蟷エ5譛医メ繝ゥ繧キ-2_convert_20180528105411

注:街頭で配布するチラシは経費節減のためリソグラフによるモノクロ(単色)印刷です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)