FC2ブログ

上郷開発NO! 1月街宣レポート Ver.2(1/29追記)

‟周回遅れ”の大型開発の撤回を 新春の港南台駅頭で爽やか初アピール

国の内外、さまざまな局面で時代の転換点を想起させる大きな状況の変化に直面した2019年年頭、上郷・瀬上の自然を守る会及び上郷開発から緑地を守る署名の会は、ちょうど1年前の都計審(横浜市都市計画審議会)で強行採択された「上郷開発計画」による大規模な宅地造成プロジェクトの撤回を求める街宣活動をスタートさせました。
以下、両会世話人会による活動レポートを。

上郷・瀬上の自然を守る会  会員各位
上郷開発から緑地を守る署名の会  会員各位
両会を応援していただいている皆様

風は多少ありましたが日差しがあり、寒さは気にならず、新しい
情報と緑地保全の訴えを発信することができました。
 日時:1月26日(土) 11時~12時
 場所:港南台駅バーズ前
 参加:8名 チラシ約300枚を配布
 カンパ:800円

街宣では、開発計画地の一部で伐採が行われていることについて、
「開発が始まったのでは?」という質問を数名の人から受けました。

これは、開発に先立つ深田製鉄遺跡の発掘調査のための草木の
伐採です。横浜市教育委員会の監理のもと、横浜市ふるさと歴史
財団埋蔵文化財センター(埋文)が2月~3月の予定で発掘作業に
入ります。

開発申請自体、まだ提出されておらず、開発が始まったわけでは
ありません。

また、チラシにも記していますが、地域防災や都市計画の研究者
により次々と客観的な新データが示され、上郷開発計画の矛盾
(人口、世帯数の大幅減の中の開発、開発の安全性の問題)が
浮き彫りになってきています。

人口減少社会における土地利用・住宅政策のあり方
(国交省 第199回政策課題勉強会資料)
http://www.mlit.go.jp/pri/kouenkai/syousai/pdf/b-170419_1.pdf 
<講演内容>
近年、我が国では老朽住宅や空き家が増加しており、それに伴う
地域の防犯・防災、コミュニティ機能の低下等が、社会問題として
指摘されている。 人口減少社会を迎えたなかで、空き家問題は
一層深刻化することが予想され、その対策を強化することは喫緊
の課題である。
本勉強会では、東洋大学理工学部建築学科教授 野澤千絵氏を
講師にお迎えし、空き家対策、及びその土台となる土地利用・都市
計画制度のあり方についてご講演いただいた。

P6に、関東で栄区の空家予備軍率が第1位の32.2%
(空家予備軍率についての説明は、チラシをご覧ください)
止まらない人口減、増え続ける家ー「住宅過剰社会」
https://www.o-uccino.jp/article/posts/24533 

浸水想定域に3540万人居住 20年で世25%帯増
https://this.kiji.is/447126531711222881?c=220450040231249399 

両会世話人一同



■資料:守る会1月街宣チラシ表面


2019_convert_20190128004334.jpg

 ■資料: 同 裏面 

 2019_convert_20190128004527.jpg

注:今回、港南台バーズ前で配布したチラシは約300枚。暖かな日差しもあって手ごたえ十分なチラシまきでしたが、いつもながら街宣にあたっては経費節減のためリソグラフによるモノクロ印刷版を配布しています。

追記:深田製鉄遺跡の発掘調査開始へ?

DSC02225_convert_20190128233131.jpg
横浜栄高校前から見た樹林地破壊の現場(後ろは山手学院の図書館棟?)

舞岡上郷線西側の樹林地の樹木をなぎ倒し赤土の山肌をあらわにして始まった土木工事。
「上郷開発計画」に基づく造成工事の開始を思わせる光景ですが、これは開発予定地や仮設道路の下に眠る深田製鉄遺跡の再発掘調査の一環で、開発そのものはまだ具体的なプランが提出・認可されておらず、大規模な谷埋めによる宅地造成工事とは別もの。
舞岡上郷線の暫定工事に先立って1986年9月から翌87年6月まで9カ月にわたって行われた遺跡の発掘調査の模様は88年に横浜市埋蔵文化財調査委員会から出された「上郷深田遺跡発掘調査概報」(報告書)に詳しい。

さらに横浜開港150年を記念して開設された「みんなでつくる横濱写真アルバム」というサイトには7枚の写真が収められています。大型土木工事による破壊をまぬがれた遺跡が30年余の深い眠りから再発掘され、今回の再調査で出現するかも?
http://www.yokohama-album.jp/picture/search/k/%E6%B7%B1%E7%94%B0%E9%81%BA%E8%B7%A1/
  深田遺跡
http://www.yokohama-album.jp/picture/search/k/%E6%B7%B1%E7%94%B0%E9%81%BA%E8%B7%A1/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

辺野古と同じ。愚策直ぐやめろ!

人口増にあえいだ一昔前ならいざ知らず、少子化・高齢化で人口減社会が目前に迫るいま、なぜ豊かな樹林地を伐採して新しい宅地を造成するのか? 舞岡上郷線の西側で進む土木工事は、深田製鉄遺跡の再発掘工事に名を借りた上郷開発の地均し工事に過ぎない。山手学院は工事に便乗して、舞岡上郷線側に東門を作ろうとしているのか?
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)