上郷開発NO! 「都計審」速報(補訂版)

異論を封じ「開発計画」を承認 都計審、異例の挙手による賛成多数で採択

15日(月)午後1時から開かれた横浜市都市計画審議会(森地茂会長)は「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」(整開保)の変更案はじめ20以上の審議案件を一括審議し、このうち上郷開発関連の地区計画・特別緑地保全計画などについては学識経験者や市会代表などから計画への疑義・異論が多数出される中、挙手による採決が行われ賛成多数で採択(承認)しました。

「これがベストの案か? もう少しベストのやり方があるのでは?」
「国の国土利用計画に逆行している。ここまでして開発を認めるべきか」
「みどり税は上郷の緑地保全のために設けられたのでは?」
「30年後にここに住宅を造ったことが良かったと言えるのか疑問だ」
「盛り土造成をきちんとやるから安全だと言っているが、事業者がそう言うのは当然だ」 

――等々、学識経験者や市会・市民の代表などから地区計画案への疑問や批判がいくつも出されましたが、およそ1時間の提案・質疑を封じる形で採決が行われ上郷開発は計画推進に向け大きく歩み出したわけですが、人口減や高齢化、また空き家増大という深刻な社会現象に直面している郊外区のまちづくり、コミュニティ再生に向け、既に陳腐化している事業計画案の修正や周辺住民の合意形成はじめ残された課題は多く、市長による最終的な判断が注目されます。

なお審議会開催に先立ち午前10時半から1時間、守る会はじめ住民投票運動推進グループ(横浜の緑をみらいにつなぐ実行委)など約40名が市役所の関内口前で緑地保全を求める街頭アピールを行い、引き続き都計審会場となったビル前でも審議会委員らに最後の訴えを行いました。

 2018011601420000_convert_20180116042115_convert_20180116100133.jpg
  市庁舎前で上郷開発計画却下をアピール

■資料:朝日新聞横浜版から
 
  2018_01_16縲€譛晄律譁ー閨・001_convert_20180117015619
 

上郷開発NO! 「都計審」開催に向けて

都計審は上郷開発計画の却下を 安心・安全なまちづくりこそ市政の基本だ

上郷開発計画案などを審議する横浜市都市計画審議会(都計審)開催が本日午後に迫りました。

私たちは今回の都市計画提案が民間デベロッパー(東急建設)による市街化調整区域における新たな大規模宅地開発計画を追認することによって、安心・安全な住環境づくりという国の新しい国土利用計画の方向に逆行するばかりか、横浜のまちづくりの基本的な枠組みを大きく歪め、緑被率の減少を加速させる恐れがあるとの考えから、横浜市に対して計画の見直しを求めてきましたが、あらためて都計審が慎重審議の上、この計画案を却下するよう求める緊急アピールを発しました。

なお本日の予定は次の通りです。
 12:00~   都市計画審議会傍聴受付
 12:30~        〃   抽選(定員20名)
 13:00~   都市計画審議会


■守る会:1月街宣チラシ臨時号 1面 

 2018蟷エ_1_譛郁。怜ョ」縺。繧峨@縲€_convert_20180115013005

■ 同 2面  
 
 2018蟷エ_1譛医メ繝ゥ繧キ譯・陬城擇_髢狗匱險育判蝨ー縺ォ隕九i繧後k蝨ー荳区ーエ縺ョ豬∝・縺ィ縲√◎繧後↓邯壹¥30謨ー蟷エ蜑阪↓螟ァ隕乗ィ。逶帛悄縺輔l縺溯サ溷シア蝨ー逶、蝨ー蟶ッ_convert_20180115013142

上郷開発NO! 「都計審」宛て要望書

資料:署名の会・守る会連名の要望書全文  


  都計審あて要望書ブログ-1

 都計審あて要望書ブログ-2

 都計審あて要望書ブログ-3

 都計審あて要望書ブログ-4


■資料:横浜市都市計画審議会委員名簿(2017年11月13日現在)


146-meibo291113.jpg

上郷開発NO! 2018年頭の辞



蜷咲ァー譛ェ險ュ螳・1縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20180104011736



《 緊急のお知らせ 》
横浜市は年明け早々の1月15日(月)午後開催予定の横浜市都市計画審議会(森地茂会長ほか25名)で上郷開発計画に関する都市計画提案の一括審議・採択に向け着々と布石を打っています。
署名の会・守る会は12月25日付けで横浜市会の松本研議長及び都計審の森地茂会長宛てにあらためてこの開発計画の問題点を指摘するとともに現地視察を含め慎重審議を求める「要望書」を提出しました。

続きを読む

上郷開発NO! 12月街宣活動レポート

郊外部の住環境を破壊する開発計画の撤回を! 
今年最後の街頭アピールに声援あいつぐ


 日時:12月23日(土) 11時~12時
 場所:港南台バーズ前
 参加:7名 チラシ配付350枚

新春早々、都計審の開催が告知され、いよいよ都市計画提案制度による上郷開発計画関連案件など22件の審議・採決が強行されようとしている中、やや寒さも緩んだ23日(土)昼前の1時間、港南台駅頭で守る会&署名の会両会の代表世話人はじめ7名による今年最後の街頭宣伝活動が行われました。

今年も余すところ1週間余。電車やバスが着くたびに歳末の買い物客や悠々散歩のお年寄りまた親子連れなどで賑わうバーズ前では、路上に「上郷開発反対」と大書した横断幕を掲示する異例?のパフォーマンスに応えるかのようにチラシの受け取りも上々でした。

  2017122316010000_convert_20171224020928.jpg 冬の陽に映えて効果抜群?

9月中旬以降繰り広げられた住民投票条例制定請求運動は時ならぬ衆院選実施による中断もあって規定の署名数を得ることができず結果的に不発に終わりましたが、署名の会&守る会による定例の街頭宣伝活動に加え、12月10日までの運動期間中に住民投票推進グループの若者などが港南台で署名活動を展開し、新聞や週刊誌、タウン紙などのメディアがその動きを報じたこともあって、行き交う人の緑地保全運動への認知度がこれまで以上に上がっている様子もうかがえました。

チラシを手にする人の中には、「署名は済ませたが、緑地保全に向け、いま何ができるか」と熱心に語りかける大学生の姿もあり、オリンピックを控え何度目かのニッポン列島改造に向けて大号令をかける立場にある国交省の担当部局ですら「異例」とのコメントを投げかけた横浜市&東急建設による上郷開発問題が、都計審という行政の別働舞台でどういう形で演じられるか引き続き注視が必要です。

今後は、1月15日の都計審における上郷開発問題や整開保(都市計画・都市整備の基本方針)など重要案件の審議を目前に、同審議会構成メンバーや市会に対して現地の実地検証や慎重&徹底審議を求める働きかけを強めていく計画です。

■資料1:守る会チラシ1面

 2017蟷エ12_譛郁。怜ョ」縺。繧峨@縲€陦ィ髱「縲€遒コ螳夂沿縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20171224002545


■資料2: 同 2面

2017蟷エ12譛郁。怜ョ」縺。繧峨@縲€陬城擇縲€遒コ螳夂沿_convert_20171224002628

 注・街頭配布のチラシは経費節減のためモノクロで印刷しています。


■資料3・国土利用計画から自然災害の未然防止の記述

 国土利用計画 7か所で自然災害の未然防止を強調 資料 1-1
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)