2017ホタル観賞ナイト:速報(その3)

市民の声を横浜市へ届けよう 夜の瀬上沢で緊急アクション

守る会の街宣チームは「横浜最後の大自然を守る緊急アクション」の一環として、2日~4日の週末3日間、瀬上沢現地でホタル観賞に訪れる市民への緑地保全アピール&緊急アクションへの賛同署名を呼びかけました。

  繝帙ち繝ォ鄂イ蜷・2017_6_3_convert_20170605011127
  3日夜、栄高校下広場の街灯の下で署名呼びかけ(20:41)

延べ13名が参加した今シーズン第1波の行動でしたが、晴天に恵まれたこともあり3日間で約400名もの市民から賛同署名が寄せられ手ごたえ十分。7日から天気が崩れ降雨の予報も出ていることから、今週末にはホタルの飛翔数も一気に増え、観賞に訪れる市民の数も第1波を大きく上回ることが予想され、引き続き第2波の行動が計画されています。

なお情報が前後しますが3日夜、速報の形で「掲示板」に載せたレポートを転載します。(こんなに慌ただしいホタル観賞はおススメできませんが)

■瀬上沢、3日夜の賑わい by ブログ制作本舗スタッフ
3日(土)の夜、駆け足で瀬上沢のホタルロードを取材してきました。19時21分、港南台駅前発洋光台駅行きの市営バスで2つ目の榎戸(港南台医療モール前)で下車。港南台5丁目交差点を渡り栄高校下からホタルロード(小川アメニティ)沿いに池の下広場まで歩いてUターンし、高校側へ戻らず横堰を経て舞岡上郷線伝いに榎戸バス停発20時15分のバスで港南台駅へ。ちょうど1時間という慌ただしい行程でしたが、急速に孵化が進んだのか、市民の森の案内掲示板あたりから雙葉学園の田んぼ前あたりにかけてところどころで遊弋シーンが見られ、ざっと200頭ぐらい? もっともこの日はボースカウトのグループはじめ観賞に訪れた親子連れなども急増し数百名規模、早くも最盛期の賑わいを思わせる状況でした。なおこの日、高校下のT字路の片隅で「上郷・瀬上の自然を守る会」の井端代表ら街宣チーム5名が上郷開発計画に反対するアピール活動を行い多くの賛同署名を得た模様ですが、市民の反応など詳しい状況はまだ未確認です。


  2017060917060000.jpg
  港南台5丁目交差点際の榎戸バス停。 
  向こうが7月オープン予定の港南台医療モールだ。

2017ホタル観賞ナイト:速報(その2)

ホタルロード、見ごろ迎えました 6・1瀬上沢通信員だより(速報)

瀬上の森ほたる_20140613_だいとしぃ (350x262) 撮影:だいとしぃ
瀬上沢では撮影を自粛。これは2014年の遊弋(ゆうよく)シーンです。

ホタルは昨夜の雨のせいか増えていて、池の下広場でも10数頭見ることができました。

今年も栄高校下の瀬上沢入口には仮設トイレが4基設置されていました。
最盛期は5日~10日先と見込まれますが、今年はピークが長いかもしれません。

いま月齢は「半月」ですが、ホタル観賞には明るすぎるようです。これから約1週間で満月になり、なお明るくなりますが、月の出は遅くなるので、曇天を除きホタル観賞は昨年と異なり8日以降がよいかもしれません。

人出はまだ数十人程度で、さすがカメラのフラッシュはないものの、懐中電灯を点けたりする人が散見されました。

          20090911110439382c_convert_20170602014159.jpg
●ホタルからのお願い  
……というわけでここで、瀬上のホタルと共存共栄?するための観察マナー(作法)について。
 ・カメラのフラッシュや懐中電灯はもとより、光を出すものはカメラ・携帯電話の液晶にも気を付ける
 ・大声で騒いだり、音を出さず、静かに観察する
 ・遊歩道から外れて草地を踏みつけない

上郷・瀬上の自然を守る会:お知らせ
守る会の街宣チームでは本日2日~4日、来週9日~11日と週末の金土日、18時半から、栄高校下でホタル街宣&署名を行う予定です。
ホタル観賞の手引きや上郷開発問題の現状など、気軽に声をかけてください。

2017060916420000_convert_20170609165350.jpg トイレも近くにあります

 

2017ホタル観賞ナイト:速報

ホタル、順調に増えています 雨不足が原因か昨年に比べまだ少数2ケタ台

お待たせしました。
ようやく瀬上沢でホタルと出会える季節がきました。
ただし昨年の同時期のブログをご覧いただくと驚くのですが、今年は真夏日の訪れが早い一方、降雨量が少ないためか感動シーンは週末以降? 今朝、瀬上沢通信員から届いた「2017ホタル観賞ナイト:速報」→5月30日(火)夜の瀬上沢の状況をお伝えします。

ホタルの出具合は、26日以来、順調に増えているようです。
30日の様子は、
 横浜栄高校下から右手の横堰の間で約20頭
 同高校下から左手、瀬上池方面に向かう田んぼまでの間、ちらほら
 横浜雙葉学園の田んぼの下で約30頭
 池の下広場は全く観察できず

――で、最盛期のホタルの幻想的な遊弋(ゆうよく)、群舞を知る者にはやや不満足でしたが、初めての人には十分感動を与える数でした。
あと一雨ほしいところですが、今週末には相当な数になろうかと思われます。

参考:2016の速報から
29日(日)、瀬上沢小川アメニティ周辺のホタルの様子を見にいってきた守る会の会員からレポートが届きました。
土地の古老?からの口コミ情報を得て、同日午後7時から8時半過ぎにかけてホタルを見に行ったところ、すでに200~300頭(匹)ぐらいが乱舞していたそうです。しかし、ホタル観賞に来ている人はまだ50人から100人ぐらいと少なかったようです。



上郷開発NO! 5月街宣レポート

ホタルのシーズン目前に反対意見次々と 27日、開発計画案強行に向けて反撃の備え

2017052714570000_convert_20170528033801.jpg

27日の街宣は気温が上がったものの、さわやかな風が吹きわたる
なか、多くの方からご支援の言葉をいただきました。

 日時:5月27日(土)10:50~12:15
 場所:港南台バーズ前
 参加:8名
 アンケートに応じて意見発信された方:50名

いよいよ開発の是非が今年末~来年3月に決せられる状況になり、
また、夏頃には開発計画案の公表と、この案に対する市民意見の
募集が始まる見通しであることを伝え、緑地保全に関しアンケート
形式で皆さんの意見を募りました。

既に開発反対・緑地の全面保全を求める署名を済まされている方も
多いなか、新たな反対意見の発信ということで積極的にアンケートに
応じていただきました。
なお50名の方の住所の内訳は、港南台駅前という土地柄、港南区、
栄区、磯子区の順で多く、市外は横須賀市1名でした。

守る会:5月街宣チラシ表面

2017年5月後半ちらし -表面

同:裏面

2017年5月後半ちらし 裏面-


追記:ホタル観賞シーズン近づく! *瀬上沢通信員だより速報

例年通り6月初旬~中旬が観賞シーズン?
   ホタルイラスト ホタルイラスト


26日(金)夜、今年のホタルの出具合を見に行ってきました。
栄高校下から瀬上池にかけて上流は、1匹も見ることができませんでした。
横堰の少し下流で止まっているもの1匹、その少し下の明るい
街灯の下で健気に飛翔している1匹、それからさらに歩を進めて山手学院入り口の
押切橋よりはるか下流で1匹という結果でした。

注:このところの夏日の連続で例年より幾分早く孵化が進むのではという期待も
あったのですが。気温は高かったものの雨が非常に少なかったので26日夜半の雨で
一気に出始めたかも? が、あいにく27日(土)夜の状況は未確認です。(編集部)

なおホタル観賞でお出かけの際の注意事項などは近日中に発信予定です。
    a-1.gif
瀬上沢現地の素晴らしさを実体験するため「百聞は一見に如(し)かず」、
幻想的なホタルの遊弋(ゆうよく)は最高最適なファクトなのですが、近年は
観賞に訪れる市民も多く、自然との共生のための心得(マナー)が必要なの
ですね。

上郷開発NO! 緊急アクション2:速報

真夏?の由比ガ浜でアピール 
21日、鎌人いち場、大賑わいでした

朝から抜けるような晴天と真夏日の予感(予想)に恵まれ、鎌倉・由比ガ浜の海浜公園には朝9時の開店前から様々な市民活動グループの出店・出展が相次ぎ、守る会も先週14日(日)の「プチロックフェスタ」に続きパタゴニア鎌倉ストアのスタッフ有志の皆さんのサポートを得て、ブースを拠点に横浜市による上郷開発計画の撤回を求める活動への支援をアピール、多くの賛同署名をいただきました。

011_convert_20170522094512.jpg
 海からの爽やかな汐風を背に瀬上沢をガイド
007_convert_20170522094350.jpg
 出展準備完了頃から気温も人出もグングン上り…
010_convert_20170522094435.jpg
 ブース前はまるで“由比ガ浜銀座”のような賑わいでした
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)