FC2ブログ

上郷開発NO! 周回遅れ?のアブナイ宅地造成計画(3)

無許可造成地に復旧工事命令 建築局、アブナイ造成地対策に本腰?

台風19号、20号による集中豪雨や強風による浸水や土砂災害への警戒警報が乱打される中、23日(木)付け朝日新聞朝刊25面「横浜版」の右下に載った小さな記事はグッドタイミング。

写真付きながらわずか40行たらずの短信ですが、横浜市建築局が戸塚区名瀬の「無許可の造成地」に対して土砂崩れによる危険性除去のため是正措置をとるよう命令、7月2日付けで行政代執行法に基づく戒告の手続きをとった。10月15日までに土地の所有者が元に戻す復旧工事を行わなければ市が工事を代行し、所有者を命令違反で刑事告発する方針だ、というもの。

建築局建築監察部違反対策課(曽根進課長)の7月27日付け記者発表資料に基づくもので、とかく状況を追認・放置する「不作為の罪」を犯しがちな建築行政が人的被害の事前防止に向けて是正措置を講じつつあることにスポットライトを当てる記事として注目されます。


 img153_convert_20180826233958.jpg
 朝日新聞8月23日 横浜版

なお建築局のHPによれば違反対策課の「情報提供」は次の通り。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/kenkan/ihantaisaku/meirei/市の対応

横浜市では、建築基準法、都市計画法及び宅地造成等規制法に違反し措置命令が発令された建築物等について、当該不動産取引における善意の第三者の保護を図るとともに、崖崩れなどの災害の危険から周辺住民の身体又は財産の保護と違反の未然防止を目的として、広く情報提供することにしました。
★ 建築基準法違反に対する措置命令等 (2018.6.8更新)NEW
★ 都市計画法違反に対する措置命令等 (2017.9.5更新)
★ 宅地造成等規制法違反に対する措置命令等 (2018.7.30更新)NEW

なぜ? 「未然防止」策に逆行する上郷開発計画の宅地造成
他方、日本各地で記録的短時間大雨警報が次から次へと発令され、河川の氾濫や土砂崩れによる被害が多発し、土砂災害ハザードマップとの整合性が指摘される状況を、同じ建築局の都市計画課ではどうとらえているのでしょうか? 本年1月、周回遅れの都市計画提案、都計審での牽強付会な議事進行&採択の事務方として、東急建設による上郷瀬上の市街化調整区域の緑地を潰す大規模な宅地造成工事の旗振り役をつとめていることに危惧はないのでしょうか?


■資料1:横浜市建築局違反対策課記者発表資料


20180727kisyahappyou-1_convert_20180826154453.jpg
  20180727kisyahappyou-2_20180826154746843.jpg

■資料2:2014年10月の土砂災害事故の状況

2014年(平成26)10月6日に首都圏を襲った台風18号による崖崩れ・土砂崩れで中区と緑区で2人の死者が出たことを受け、横浜市は同年12月19日に開かれた市会の建築・都市整備・道路委に調査資料を報告するとともに遅ればせながら「危機管理」を強化、積年の指導や措置命令などの放置&黙認?状態の改善へと動き出したようです。
というわけで参考までに当時のブログの記事を再録します。

 1013-4321_convert_20141013215816_20180826152225de5.jpg
 神奈川新聞 10月7日付け社会面

JR桜木町駅から10分足らず、野毛の住宅街の一角にある成田山横浜別院の崖崩れ現場は土砂災害警戒区域と急傾斜地崩壊危険区域、また緑区で起きた土砂崩れ現場もJR鴨居駅から約2キロの住宅街のはずれにあり土砂災害計画区域に指定されていたのですが、いずれも市は避難勧告を出していなかったのですね。

しかも緑区の場合、市内の業者が許可を得ずに盛土し宅地造成等規制法違反で2010年3月に建築局違反対策課が是正指導しながら、結果的に是正(改善)措置がとられないまま放置されてきたことが災害につながったと見られています。

追記 上記のブログ発信時点では市会常任委提出の資料は公表されていなかった。詳しくは次のURLで。
http://www.city.yokohama.lg.jp/shikai/pdf/siryo/j7-20141219-kc-51.pdf 2014市会資料

上郷開発NO! 周回遅れ?のアブナイ宅地造成計画(2)

なぜ土砂災害危険区域を拡大? 市は謙虚に開発計画の見直しを! 

大きな被害をもたらした西日本豪雨の被災地を襲う迷走&居座り台風12号による集中豪雨。
今後さらに雨による浸水被害の拡大が懸念されるのですが、メディアの報道で特筆されるのは各自治体が事前に示した土砂災害警戒区域を示す「ハザードマップ」と被災・被害の現場がほぼ重なったことを報ずるニュース。
以下、31日夕に届いた産経デジタルの最新記事の冒頭をピックアップします。

それにしてもハザードマップを置き去りにして進められようとしている上郷開発計画。
最大で14メートルにも及ぶとされる大量の土砂搬入、谷埋め造成予定地の安心・安全への懸念&疑念に横浜市はどう答えるのでしょうか? 


西日本豪雨 ハザードマップほぼ予測通りだった
「危険回避に活用してほしい」

 産経デジタル配信ニュース 2018.7.31 15:32

西日本豪雨によって多くの犠牲者を出した広島県や愛媛県の土砂災害の現場を、行政が事前に危険箇所を示したハザードマップと比較したところ、ほぼ予測通りだったことが、各自治体への取材などで分かった。ハザードマップを巡っては、川の決壊で大きな被害が出た岡山県倉敷市真備(まび)町でも、実際の浸水域と、ほぼ一致していたことも既に判明。あらかじめ危険性を把握する手段としての重要性が改めて浮かぶ結果に、専門家は「それぞれハザードマップを確認することで、危険回避に活用してほしい」と訴えている。

なお詳しくは同紙のサイトをご覧ください。
https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/180731/evt18073115320032-n1.html


関連資料 上郷開発計画予定地の問題点

2018蟷エ縺ゅ・縺ェ縺Юconvert_20180731182340
守る会の7月街宣チラシ改訂版から関係部分を。詳しい解説は7月13日付けブログ、チラシ1面・2面をご覧ください。

上郷開発NO! 周回遅れ?のアブナイ宅地造成計画(1)

緑地破壊の宅地造成不要論高まる 港南台・本郷台で再開発ラッシュ

少子高齢化と中心市街地への人口回帰現象によって人口減が進む郊外区で、なぜ新たに市街化調整区域を市街化区域に編入し新たな宅地造成を? 

「陳腐化」「周回遅れ」との批判の声が高まる一方で注目されるのが駅周辺で次々と進む市街地再開発による大型マンション建設。「2020年問題」を見据えた民間事業者による既成市街地の再開発によるものだが、このところ新聞折り込みチラシで注目されるのが徒歩圏にあった国家公務員宿舎跡地の再開発によるもの。とり急ぎ3つの物件を。

●プライム港南台 全183戸 売主:京急電鉄、三菱地所レジデンス
  港南台駅徒歩8分 入居予定:2020年2月上旬 

keyvisual_convert_20180731085606.jpg

●アドグランデ横浜港南台 全127戸 売主:東新住販、ヤマウラ企画開発
  港南台駅徒歩14分 入居予定:2019年12月中旬

67718206_000084_convert_20180731085438.jpg

パークホームズ横浜本郷台リバーサイドヴィラ 全339戸 売主:三井不動産レジデンシャル
本郷台駅徒歩3分  入居予定:2020年4月下旬

gaikan_convert_20180731085517.jpg
こちらは本郷台エリアの大型開発。
上流の上郷開発計画による「いたち川」の増水・氾濫への対応はじめ、注目の物件だ。


ここでは不動産市況全般について分析する余裕はないけれど、次のようなグラフも参考になりそう。
とりわけグラフの頂点の0(ゼロ)=「最寄り駅に百貨店のある物件」として新しく登場するのが港南台地区2物件。

img-05_convert_20180731085645.jpg


なお詳しくは続報で。(注:写真及び駅からの徒歩の時間は広報チラシから)

上郷開発NO! 緊急アピール発信

危うし上郷開発計画 西日本豪雨禍は「対岸の火事」に非ず 

西日本の広い範囲での河川の氾濫や洪水、土砂災害などなどにより死者211名、行方不明18名という甚大な被害を発生させた西日本豪雨。

連日の報道で住宅の立地や河川管理はじめ住環境をめぐる様々な問題点が明らかになっていますが、ここでは上郷開発計画との関連で、大規模な盛り土造成による開発予定地の問題点をあらためて指摘する守る会のチラシ最新版と13日付けで署名の会・守る会世話人会が支援者に発したメッセージの一部を。


資料:西日本豪雨 この間の期間降水量

 期間降水量_svg

西日本豪雨による住宅の被害 7月16日13時45分現在の総務省消防庁による被害状況の集計から。
 全壊401 半壊347 一部損壊861 
 床上浸水9,915 床下浸水17,008


■資料:守る会7月広報チラシ1面

_2-1_convert_20180717015124.jpg

■資料: 同 2面

2018蟷エ7譛医メ繝ゥ繧キ_2-2_convert_20180717020132

注:経費節減のためブログ掲載を除き広報チラシはリソグラフによるモノクロ印刷で配布しています。

●世話人会の緊急アピール

(略)折しも異常気象による自然災害が各地で発生しています。
3年前に発表された国の国土利用計画では、我が国は、国土の35%を占める災害リスクの高いと地域に、人口の70%以上が止むなく居住しているので、自然災害の未然防止の観点から、この状況の改善が急務であると、国土利用計画の7か所にわたって強調しています。(添付をご参照ください。)
http://www.mlit.go.jp/common/001100246.pdf (国土利用計画、P1に35%云々)

軟弱地盤への上郷開発について、正にこの水害が警鐘を鳴らしているように感じます。
また、倉敷市真備町で今回発生した河川の決壊に伴う浸水被害は、本流の水位が上がり、合流点で支流の流れが捌けて行かなくなって発生したものであり、数年前の台風18号の豪雨による「いたち川」の4か所にわたる溢水災害(オーバーフロー)を彷彿とさせます。

この時は、本流の柏尾川の水位が最高となったタイミングがいたち川よりも1時間ほど遅れたので、この程度の被害に収まっていますが、柏尾川の最高水位の時点が、いたち川のそれに近かったら、被害は拡大していました。

ましてや、1時間に100mmを超える雨が日本各地で見られるようになった今、上流部で開発が行われれば、条例に基づきいくら調整池を設けても、下流部の水害の増大は避けきれないことも今回の水害は物語っているのではないでしょうか。

両会世話人一同

添付資料:自然災害の未然防止を(「国土利用計画」から)

 国土ソ_convert_20180717015620

関連記事:2014年10月台風18号による被害を報じたブログ記事
http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-date-201410.html
台風18号によるがけ崩れで緑区では死者が。違法造成地への行政指導の不作為を指摘する世論が高まりましたが…。

■関連資料:主な河川の被害状況 7月3日~ 国交省まとめ
http://www.mlit.go.jp/common/001243212.pdf  全国の河川の被害状況

上郷開発NO! ホタル観賞関連情報

映画「ほたるの川のまもりびと」いよいよ7日公開 渋谷に続き横浜でも!

6月9日付けブログ(ホタル観賞ナイト番外編)でご紹介したドキュメンタリー映画「ほたるの川のまもりびと」がいよいよ明日7日から東京・渋谷のユーロスペースで公開されることになり、公開初日には加藤登紀子さんと山田監督とのトーク・イベントが行われることに。

  top_pc_convert_20180609114418.jpg

公開時は連日10時開映と涼しいけれど横浜から出向くにはやや厳しい時間帯ですがこの機会にぜひ鑑賞し、ホタルの里(瀬上沢)の保全に向けてパワーを!  なお引き続き横浜地区ではジャック&ベティで28日公開予定と嬉しい予告も。
以下、直前情報で恐縮ですが同作品のHPから関連情報を。

7月7日ユーロスペース 
劇場トーク続々決定!公開初日は加藤登紀子さん


いよいよ7月7日にせまった渋谷ユーロスペースでの劇場公開!
公開初日に、加藤登紀子さんのゲスト出演が決定しました!
山田英治監督とのトークになります。

加藤登紀子さんは今年5月に映画の舞台である川棚町こうばる地区を訪れて、
ダム建設予定地をご覧になり、1200人を超える方々が訪れたイベントにもご参加になりました。
映画にもコメントを寄せていただいております。

 ece0ac0151b45626fc9e20db4f126b6b-2_convert_20180705135615.jpg

●トークのゲスト
7月7日(土) 加藤登紀子さん+山田英治監督
7月8日(日) 嘉田由紀子さん(元滋賀県知事)+辻井隆行(本作共同プロデューサー、パタゴニア日本支社長)
7月9日 (月)末吉里花さん(一般社団法人エシカル協会代表理事)+山田英治監督
7月11日 (水)津田大介さん+山田英治監督
7月13日 (金)いとうせいこうさん+竹本吉輝さん(株式会社トビムシ代表)+山田英治監督

hotaru_reeflet1806-2_convert_20180609114659.jpg
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)