FC2ブログ

上郷開発NO! 9月街宣活動レポート Ver.2

豪雨禍は上郷開発への警鐘だ! 28日 2カ月ぶりの訴えに熱い声援

28日(土)、守る会&署名の会はゲリラ豪雨と台風の相次ぐ襲来・接近により繰り延べになっていた街宣を消費税増税目前の駆け込みの買い物客で賑わう港南台駅頭で行い、大型開発による住環境への危険性増大について言及、上郷開発計画の撤回をあらためて訴えました。以下、世話人会による市民へのレポート、また8月に市会に対して行った陳情への回答を。

上郷・瀬上の自然を守る会    会員各位
上郷開発から緑地を守る署名の会 会員各位
両会を応援していただいている皆様

2か月ぶりの街宣となりましたが、やはり10年以上続けていることも
あり、約10人の方々からのカンパや、「頑張って!」という温かい
応援の言葉を沢山いただきました。

日時:9月28日(土)11時~12時15分
場所:港南台バース前
参加:7名 チラシ約300枚配布 カンパ1282円

特に、9月3日の大雨は、横浜にも1時間に100㎜の雨が降ることが
現実的になってきたわけであり、明らかに上郷開発が水害の増大に
繋がっている危険性に触れ、横浜市は、市民の安全・安心を損なう
開発を撤回すべきと訴えました。

今日、お配りしたチラシと、先日提出した横浜市会あての陳情書及び
それへの市長からの回答を添付します。

陳情は、上郷開発の撤回を求めるものでしたが、開発を撤回する予定は
ないとの回答です。
開発の安全面については、条例等に則って許可された開発でも、昨今、
地盤災害が多発していることや、気象の激化で、これまでに例を見ない
豪雨が降るようになってきたことを数値を挙げて具体的に質問している
にもかかわらず、「法令の技術基準や、条例で強化した審査基準等により、
関係部署と連携しながら開発許可に向け進めて行く」と、答えを
はぐらかしています。

また、2014年の台風18号の豪雨で発生した可能性のある、いたち川と
柏尾川の合流地点におけるバックウォーター現象について、以前から
横浜市にデータを提示して検証するよう求めている件に関し、その後の
対応について質問していますが、回答は「検証を行っていない」という
ものでした。「検証を行っていない」理由について、再質問をしていく
所存です。

両会世話人一同


■資料1:守る会9月街宣チラシ表面

2019蟷エ9「_convert_20190929101722

■資料2: 同 裏面

2019蟷エ9€_convert_20190929101811

注:街宣チラシはA4判の「3つ折り」で作成。街頭等での配布にあたっては経費節減のためリソグラフによるモノクロ印刷版を用いています。ブログ掲載の場合、文字が小さくちょっと読みにくいのですがご了承ください。

■資料3:市会議長宛て陳情書 (8月29日)

   「上郷開発計画の取り止め」を求めます 

2019_8_29 市会あて陳情書(上郷開発の撤回)-1
  2019_8_29 市会あて陳情書(上郷開発の撤回)-2
2019_8_29 市会あて陳情書(上郷開発の撤回)-3

■資料4:市会議長からの回答 (9月24日)
201908回答・1_convert_20190929014238
回答ュ・2_convert_20190929014337
回答ュ・3_convert_20190929014429

上郷開発NO! 上郷開発批判の雑誌記事を紹介します

「変化に対応しない行政」 忖度と既得権にアグラの開発行政を批判

当会の世話人の一人が、円海山の「いっしんどう広場」でお会いした方が『エルネオス』という月刊誌の連載コラムに、今回、上郷開発問題について記事を載せていることを知らされました。
筆者の内海さんは、円海山から鎌倉に至る丘陵を我が庭のように歩いておられ、特に毎年、数百頭ものホタルが自然発生する瀬上沢の自然環境を高く評価しておられます。心強いアピールですね。以下、筆者の了解を得てその全文を紹介します。

 _-1_convert_20190905004056.jpg

  _驥悟-2_convert_20190905004158
  エルネオス9月号から

内海さん、ありがとうございます! 
「やぶ睨み」どころか、近隣住民のみならず多くの市民の共感を得る視点ではないでしょうか。
そしてブログ訪問者の皆さん、3日夜のゲリラ豪雨による港南台駅周辺の道路の冠水被害の映像をメディアに先駆けていち早く公開した市民レポーター同様、ツイッターなどでどんどん上郷開発の問題点、緑の自然環境の危機、保全へのアピールを発信してください!(ブログ制作本舗 広報・編集担当)

上郷開発NO! 残暑下の街宣活動レポート、その前に Ver3(8日追記)

港南台駅周辺が冠水! ゲリラ豪雨が実証した上郷開発の問題点

8月24日(土)に予定していた街宣活動が猛暑やら台風の接近やら夏バテやら諸般の事情で延期となって早くも2週間、ようやく7日(土)午前11時~12時に行うことになりましたが、上郷開発をめぐる最新の動きをお伝えするため当日配布予定の街宣用チラシ最新号をお届けします。

しかしここで注目すべきは、3日(火)夜、神奈川県南部を襲った激しい落雷をともなったゲリラ豪雨による港南台駅一帯の冠水被害です。
ネットのニュースで横浜エリアの豪雨、とりわけ上大岡駅周辺や港南台駅周辺の道路の濁流や冠水被害、さらに金沢区におけるがけ崩れの映像が流れたことから、あらためて上郷開発の問題点が浮き彫りになり、驚いた市民も多かったのでは?

以下、「ニュース速報Japan」のニュースからその一部を抜粋します。
https://breaking-news.jp/2019/09/03/050654


神奈川県横浜市の港南台駅周辺が9月3日、ゲリラ豪雨で冠水しているとの情報が入りました。一部地域では停電も発生。
発表によりますと9月3日午後7時ころから、横浜市港南区港南台周辺で激しい雷雨が降り、道路などが冠水したということです。
以下は、Twitterユーザーが港南台駅周辺の様子を撮影し投稿したものです。
 

 EDiQOR7UwAAgUgj_convert_20190905015027.jpg
 高島屋前のバスターミナル周辺は歩道まで冠水

大岡川が近くを流れる上大岡駅周辺はともかく、高台の港南台駅周辺でなぜ道路冠水が? 
港南消防署のデータによれば3日20:00時点の時間雨量は59.5ミリ。文字通りのゲリラ豪雨で、平素から水はけに難のある?バスターミナル周辺の下水の排水キャパをはるかに超えたものですが、水害の真相は未確認です。


*港南台地区の状況を詳しく見るため港南消防署管内の5出張所で最大の雨量を観測した港南台出張所の雨量観測データを添えます。同出張所は環状3号線が舞岡上郷線と交わる港南台5丁目交差点際にあり、上郷開発計画予定地(栄区上郷町)とは目と鼻の先。港南台駅周辺はもとより上郷開発予定地への影響を予測する絶好のポイントでもあるのですね。(6日00:30)

 fr_546032_201909032330.png

 折れ線グラフが示すように3日20時:78.0ミリ、21時:32.0ミリと
 まさにゲリラ的な集中豪雨(時間雨量)を記録しています。

いたち川も城山橋で「氾濫危険水位」すれすれの濁流が! 

一方、栄消防署のデータによれば3日夜19時から1時間の時間雨量は港南をやや下回ったものの50ミリを超え、上郷開発計画による大規模な樹林地伐採、宅地造成工事の影響が及ぶいたち川の下流、定点観測地である本郷台の城山橋(柏陽高校の裏手)では19時以降急速に水位が上昇し19:30=103cmを→20:00=231cmと同地点での氾濫危険水位236cmすれすれまで達し激流が河岸を洗ったようです。

今や想定外どころか日常的に各地を襲うゲリラ豪雨、それにともなう水害、そして次々と発生する台風。
上郷開発の「負」の影響、とりわけ大規模な宅地造成による「安全性」=「危険性」について訴えるわたしたちの問題提起に林市政はどう答えるのでしょうか。IR(カジノ)問題も同じですが、目先の経済的な開発利益(皮算用?)に目がくらみ、市政が何よりも大事にすべき市民生活の安心・安全を軽視することは横浜の都市行政にとって致命的な汚点となること必至です。
 

 546611_mobile_20190903200000_convert_20190905015214.jpg
 河川監視カメラがとらえた3日20時のいたち川の激流
 546611_mobile_20190903180000_convert_20190905015130.jpg
 同じく3日18時の時点ではまだのどかな流れ

いたち川も「氾濫危険水位」を15分にわたって超過! (Ver3 8日追記)

その後の調べで3日(水)夜には私たちの想定をはるかに超える激烈な「ゲリラ豪雨」に見舞われていたことが明らかになりました。
横浜市消防局には市内98カ所の本署および消防出張所があるのですが、3日(水)の12時間雨量(と言っても実際は午後7時過ぎから約1時間の集中豪雨)のデータを見ると、市内1位は金沢区の東富岡出張所140.5ミリ、2位が港南区の港南台出張所128.5ミリ、そして栄区の上郷出張所118.5ミリで4位と、円海山周辺の消防出張所が軒並み激しい集中豪雨禍に見舞われていたのですね。

その結果、上郷開発の影響を受けるいたち川も本郷台の城山橋(柏陽高校の裏手)で「氾濫危険水位」236cmを15分にわたって超過していたのです。
河川監視カメラのある城山橋では19時以降急速に水位が上昇し19:40=252cm、19:45=265cm、19:55=247cm、と同地点での氾濫危険水位236cmを15分にわたって超過、激流が河岸を洗っていたのです。(10分間隔表示プラス5分ずれた10分間隔表示を活用)

降雨時間が短時間だったにもかかわらず市内各地でこれだけの被害が出ました。
台風15号の接近にともない風雨が強まると予想される今夜半はじめ、先の北九州のように線状降雨帯が停滞してこのような雨が長時間にわたって降れば、どの自治体も50㎜~60mm対応がせいぜいで「お手上げ」となることが必至といっても過言ではありません。


■守る会:街宣チラシ1面

2019蟷エ8_convert_20190905003853

■ 同 2面

2019蟷エ8_convert_20190905003937

注:駅頭で配布する街宣チラシは経費節減のためリソグラフによるモノクロ印刷です。

上郷開発NO! 開発事業計画縦覧問題

計画の妥当性を疑う! 「再意見書」で開発の問題点を追及へ

事業計画案に対する市民の意見とそれに対する事業者(東急建設)の見解。
しかし実は賛否両論への見解は「バランスのとれたよい計画」という都計審の決定=横浜市の判断をなぞるものでしかなく、短時間ではチェック不可能な大部の縦覧書類の中身はコピー&ペーストで散りばめられた類型的な弁明の連続にすぎないのですね。

28日付け7月街宣活動レポートの解説が指摘するように、「計画の妥当性に疑念が投げかけられても、一度決めたら突き進んでしまいがちな日本の行政」、そしてまた「大手ディベロッパーが行政を主導して再開発を進める手法が加速し、行政が自らのグランドデザインを描く意思を手放しているように映る」‥‥現状。

地権者をたばねるデベロッパー(東急建設)の事業計画が「都市計画」の名のもとにあたかも公共事業そのものでもあるかのように地域の自然や住環境、コミュニティを大きく揺るがし、地域社会の安心安全に不安材料を残そうとしている状況に対してNOの意見をつきつけようではありませんか。
遅ればせながら25日付けで発信された「再意見書」についてのアピールと提出用文書フォームを。

■再意見書提出に向けたアピール

上郷・瀬上の自然を守る会    会員各位
上郷開発から緑地を守る署名の会 会員各位
両会を応援していただいている皆様

上郷開発事業計画についての縦覧が、7月22日~8月5日の間、栄区役所と横浜市役所の建築局宅地審査課で行われています。
内容は、説明会で提示された開発事業計画と、皆さまから提出された意見書及びそれに対する東急建設の見解書です。
縦覧期間中にこの開発事業計画書に書かれた開発事業者の見解に対して、市を経由して開発事業者に再意見書を提出できます。下記の要領で提出をしていただきますよう、ご案内いたします。

再意見書提出期限:7月22日~8月5日(月) 当日消印有効
   〃     方法:下記あて郵送
   〒231-0012 横浜市中区相生町3-56-1 JNビル6階
   横浜市建築局宅地審査課指導担当

再意見書の提出者:説明会参加・意見書提出・縦覧の有無に関係なく東急の見解書に対し意見があれば提出できます。
再意見書の書式 :添付の書式
  〃  書き方
     ① 説明会の日付は、5月17日(金)夜間、18日(土)午前中でしたが、不参加の人は空欄にしてください。
     ② 細かい項目に分かれていますが、土地の利用計画欄のその他の項目等に☑してください。
     ③ 書き切れない場合は、適当な用紙に書いてください。
     ④ 横浜市を経由して東急建設に提出することになるので、市への意見を含めることも可能です。

再意見書記入例 :意見書を提出された方々には、東急から見解書が送付されていると思いますが、それに対する再意見や、意見書を提出されていない方も含め、この再意見例にあるものでご賛同いただける意見があれば、ご活用のうえ再意見書を提出していただければ幸いです。

両会世話人一同

■資料:再意見の提出に向けて(記入参考例) 

 上郷開発事業計画についての東急建設の見解書に対する再意見書について
                        
 提出された意見書と東急建設の見解書を精査してみると、開発計画の評価や緑地保全のあり方などについては、立場の違いによるお互いの意見の述べ合いとなっており、平行線の感を脱し得ません。
 そこで、再意見書の内容は、「誰が見ても明らかな開発の不条理」及び「開発がもたらす地域社会への負の影響」について、東急建設(株)に対し、企業の社会的責任を問うという観点から、「開発後に起り得る様々な悪影響に対し、開発を断念すべき」という形が有効かと考えます。
 開発がもたらす地域社会への負の影響については、周辺部住宅地の過疎高齢化の加速による地価の更なる低下や軟弱地盤への市街地造成による地滑り・液状化などの地盤災害、雨水の流出増加による水害の増大などの市民の安全に関わる問題が考えられます。
 この安全問題については、横浜市にもいえることですが、単に法令を順守している、あるいは、法令などの基準を多少上回る施工を行うなど法令以上の申請内容となっているから開発を認可するという判断では、昨今の認可された多くの宅地造成地で起きている地盤災害などの例を見ても、開発後、長期にわたる市民の安全・安心が保証されないからです。すなわち、この開発がもたらす可能性のある負の側面について、血の通った人道的・社会的判断をいかに行い得るかがポイントとなります。
 国の国土利用計画においても、自然災害の未然防止については、「巨大災害等に対応するため、安全を優先的に考慮する国土利用へ転換」の中で「我が国では、災害リスクの高い35%の地域に人口の70%が集中しているので、これを早急に解消する必要がある」などと、その方針を7か所にわたって強調しています。
 傾斜する谷戸地の軟弱地盤を埋め立てる上郷開発は、地盤工学などの専門家が避けるべきと警告する典型的な開発です。また、昨今、日本中で常態化した1時間に100㎜を超える大雨が降った場合、開発地からの雨水の流出増加で、水害が増大することも予見されています。
 上記の国土利用計画の方針にも逆行し、新たなリスクとなる上郷開発を行うべきではありません。

 市民から提出された300通を超える意見書に関する東急建設の見解書を要約して項目ごとに番号を付け、それに対する再意見の例(⇒で表示)を下記の通り記します。
2019年7月25日
上郷開発から緑地を守る署名の会
上郷・瀬上の自然を守る会

                 <記>
1.開発計画は、緑地の保全に配慮した地域社会の発展に貢献するバランスの取れたよい計画である。
⇒周辺の住宅地で過疎高齢化が進むなか、その必要性と妥当性が全く見出せなくなってきた開発により約10haの緑地が失われる。
⇒開発が地域社会に及ぼす負の影響(周辺住宅地における過疎高齢化の加速、買い物・受診難民の増加、地価の低下など)について、バランスの取れた地域社会に貢献する計画が裏目に出た時の、社会的責任は、いかに取るのか?という意見書の趣旨に対し見解書では回答していないので、再意見書で再確認する。

2.地域の防災拠点としても有効
⇒神奈川県の大正型関東地震の想定では、計画地には一部に液状化の可能性が極めて高い箇所が含まれ、余震の方が大きかった熊本大地震の例を考慮すると、災害時に広範な市民が集まる防災拠点としては好ましくないと考えられる。

3.地球温暖化については、再生エネの積極活用、省エネ住宅、自然採光・通風などで対処する。
⇒今や不要であることが明らかになった開発を断念し、緑地の全面保全を図ることが、何よりも地球温暖化防止に役立つ。

4.ホタルや植物の移設・移植を進めるので、生態系への影響はないと思われる。
⇒豊かな生物多様性を育む緑地の連続性が喪失し、取り返しがつかない。
⇒上記3と同様に、今や不要であることが明らかになった開発を断念し、緑地の全面保全を図ることが、何よりも生物多様性の保全に貢献する。

5.様々な意見に対しては、横浜市が、この計画を総合的に判断して都市計画決定し、市街化調整区域から市街化区域に編入している。またこの開発計画は、東急建設一社だけではなく、多数の地権者の総意に基づくものである。
⇒全くの責任転嫁であり、特に開発計画を主導してきた企業としての社会的責任を認識したうえで、開発がもたらす地域社会への負の影響についても十分配慮し、開発を断念すべきではないか。

6.第五次国土利用計画との整合については、同計画に示されている「都市のコンパクト化に向けた誘導、都市の国際競争力強化の観点から土地の有効利用・高度利用・生産性を高める」など国の考え方と整合している。
⇒駅から開発地の中心まで約1.2kmも離れており、都市のコンパクト化に逆行している。
⇒同計画では、全国で820万戸にも及ぶ空き家問題を踏まえ、宅地は現行より増やさない方針が示されている。また、同計画書にある「土地の有効利用や高層ビルなどを想定した高度利用、生産性向上などの国際競争力強化策」は、明らかに市の中心部の市街化区域を対象とするものであり、郊外部の駅から約1.2km離れている市街化調整区域への開発計画は、全くこれに当てはまらず、的外れの引用による根拠であり、整合性が取れていない。

7.地盤工学などの専門家が警告する谷戸地の軟弱地盤への2重盛り土造成については、2重盛り土ではない。造成計画は都市計画法等に基づき調査・設計・施工を行う。水害対応のための調整池については、基準に従って計画する。計画地からの雨水の流出は、横浜市の基準により抑制される。
⇒今回の宅地造成に伴う谷埋め盛土工事では、2重盛り土とはならないが、開発計画地の約40%は、40年ほど前に水田地帯を最大で10m埋め立てられている。現在でも年中、地下水の流出が見られ湿地帯となっている。
⇒埋め立てに用いられた土砂の材質は不明である。以前は、砂が用いられることが多かったが、砂の層の存在は液状化現象発生の一つの要因である。
⇒現行の宅地造成法などでは、液状化の要因となる地下水位について、監視装置などの設置と長期にわたる監視は義務付けられていない。
⇒昨今、都市計画法、宅地造成法などの法令に則り認可された造成地においても、地盤災害が多発しており、法令等に基づく調査・設計・施工は、将来、長きにわたって地滑りや液状化などの災害が発生しないことの保証とはならない。
⇒調整池に関する市の基準は、1時間に76mm程度の降雨に対応できるだけであり、昨今の1時間に100mmを超える豪雨には対応できず、大量の雨水が流出して水害が増大することが容易に予見される。
⇒これらの市民の安全・安心に関わる問題について、企業の社会的責任を踏まえ東急は、いかに考えるのか?という意見書の趣旨に対し、東急は全く答えていない。

再意見書提出期限:7月22日~8月5日(月)消印有効
   〃  方法:下記あて郵送
〒231-0012 横浜市中区相生町3-56-1 JNビル6階
横浜市建築局宅地審査課指導担当
再意見書の提出者:説明会参加・意見書提出・縦覧の有無に関係なく東急の見解書に対し意見があれば提出できます。
再意見書の書式 :添付の書式
  〃  書き方:①説明会の日付は、5月17日(金)夜間、18日(土)午前でしたが、不参加の人は空欄にしてください。
         ②細かい項目に分かれていますが、土地の利用計画欄のその他の項目等に☑してください。
         ③書き切れない場合は、適当な用紙に書いてください。
         ④横浜市を経由して東急建設に提出することになるので、市への意見を含めることも可能です。

注:再意見書記入例:意見書を提出された方々には、東急から見解書が送付されていると思いますが、それに対する再意見や、意見書を提出されていなくても、この再意見例にあるものでご賛同いただける意見があれば、ご活用ください。

■再意見書FORM

開発事業計画書の見解に対する再意見書 FORM-1
 開発事業計画書の見解に対する再意見書 FORM-2

上郷開発NO! 7月街宣活動レポート

地域の生活環境激変、是か非か 開発事業計画の「負」の影響など訴える

台風6号は27日午前7時頃、三重県南部に上陸し、午後3時には岐阜県で熱帯低気圧に変わったそうですが、台風の接近にともない関東各地でも暴風雨圏による大雨の警報が出され、気象庁が土砂災害などの警戒を呼びかけ、午後7時までの24時間雨量は箱根で130ミリに達したそうです。

横浜でも朝は小雨模様で、一時は街宣の順延やむなし‥‥の決断を迫られる状況になったものの、幸い定刻の11時前には晴れ間が広がりGO! 厳しい自然条件の中でしたが、上郷開発問題についての最新の知見をコンパクトにまとめたチラシ配布とマイクによるアピールに足を止める市民も多く、夜には守る会&署名の会の両会世話人会によるレポートが届きました。以下、その全文を。

リスクが予見される開発は断念すべき 

上郷・瀬上の自然を守る会    会員各位
上郷開発から緑地を守る署名の会 会員各位
両会を応援していただいている皆様

台風の余波で風があり、パネルなど使用できず、のぼりを立て、横断幕を
地面に敷いての街宣となりました。

 日時:7月27日(土) 11時~12時
 場所:港南台バーズ前
 参加:6名 チラシ配布 約250枚

立ち止まって話し込む人に、また、マイクでも次の事柄を伝えました。
1.(いつもながら)上郷開発はコンセプトが決っただけで、宅地造成など
実際的な開発事業については、来年後半に申請が出される見込みであり、
開発許可はまだ下りていないこと。(開発は決まったと諦めている人あり)

2.過疎高齢化など地域の社会情勢の変化が顕在化し、新たな住宅地の開発
は、その必要も妥当性もないことが明らかになってきたこと。

3.地域社会に貢献するという開発が、逆に過疎高齢化の加速や地盤災害・
水害などの自然災害の誘発で地域社会の生活環境を脅かす可能性があること。
そうなった場合、取り返しがつかず、企業や行政の社会的責任は、いかに
取るのか、リスクが予見される開発は断念すべき。

4.7月22日~8月5日まで行われている上郷開発事業計画の縦覧で確認した
住民からの意見で意外な意見例
①開発計画地の地権者と思わしき人の意見(2件)で、「マンション経営を考えて
いたが、将来的に借り手の確保に見通しが付かないので建設を諦め、税金対策
として生産緑地として営農したい。」
②開発計画地周辺で貸室を営む事業者で、「今でも70%ぐらいの稼働率が、
開発されると過当競争になり、空室率の上昇と賃貸料の値下げに繋がるので
開発に反対する」などの案内。

両会世話人一同


■守る会:7月街宣チラシ表面

201_convert_20190728120126.jpg

■ 同 裏面

20_convert_20190728120227.jpg

注:毎月お断りしているのですが、長く地道な活動継続のための経費節減により、残念ながら街宣で配布するチラシはリソグラフによるモノクロ印刷版です。

■解説
ブログ既報のように7月22日~8月5日まで行われている上郷開発事業計画の縦覧。チラシのチャート図で示されているように、東急建設&横浜市建築局によって都市計画法に基づく手続きが着々と進められており、工事認可・着工そして2026年春の完成をめざして事態は動いているようですが、縦覧文書を細かくチェックすると地権者筋?の意外なホンネを示す意見が散見され、上郷開発計画そのものがまだ「絵にかいたモチ」もどきのプランに過ぎないことがよくわかるのですね。
たまたま25日付け朝日新聞はオリンピック関連で神宮外苑の高層化問題(高さ15メートル制限緩和によるビル建設ラッシュ)を1~2面で大きく取り上げ、五輪開催と都市開発についての問題点を特集しているのですが、12年ロンドン大会時のロンドンにおける都市再生に触れ二人の専門家のコメントを紹介していて示唆に富むので一部を引用します。
「都市計画の大枠を決めつつ、臨機応変にそうした施設の誘致が決まった点が英国らしい。計画の妥当性に疑念が投げかけられても、一度決めたら突き進んでしまいがちな日本の行政との差を感じる」(建築家の山嵜一也氏)
「東京では、大手ディベロッパーが行政を主導して再開発を進める手法が00年代から加速し、行政が自らのグランドデザインを描く意思を手放しているように映る」(首都大学東京教授の饗庭伸氏)
さて、横浜市の場合は?
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)