fc2ブログ

上郷開発NO! 埋蔵文化財保全問題(続報=Ver.2)

「開発ありき」の都市行政に喝!
上郷深田遺跡、記録保存へ一歩前進

4日(火)開かれた市会の決算第一特別委(都市整備局、教育委員会)の局別審査。
都市整備局関連の質疑の後、午後2時から行われた市教委関連の審査の冒頭で、長谷川悦子市議(栄区)が上郷深田遺跡について市の対応を質し、市は埋蔵文化財の記録保存に必要な手続きを完了させずにきたことを認めたうえで、隣接エリアについても「調査されないまま破壊されることがないよう発掘調査を行い、記録保存できるように事業者と協議する」と答えました。
瀬上_3872 (2)
       東京新聞 10月5日

円海山に連なる瀬上沢緑地の一画、上郷深田地区の製鉄遺跡群を圧殺するような形で推進されてきた東急建設による「上郷猿田都市計画」。
2019年2月から3月にかけて、開発事業計画の推進(強行!)に向け、あらためて舞上線沿線東側部分の試掘が行われ、炉跡などの遺構や炉壁、土師器、須恵器、鉄滓が発見されていますが、横浜市はこの試掘調査の結果、「遺跡の範囲を把握できた」として、東急建設に対して記録保存の発掘調査を行うよう指示してきた、とされています。

しかし東京新聞の一連の報道(9月15日、30日)、そして4日の市会における質疑を通して、史跡に関する調査報告書の作成という文化行政面の長年の不作為の後始末?とは別に、開発ありきの「上郷猿田都市計画」そのものに大きな疑問と課題が投げかけられました。

■4日の決算第一特別委の録画アップ
4日(火)の市会における長谷川市議の質疑の録画がHPにアップされました。
https://gikaichukei.city.yokohama.lg.jp/g07_Video_View.asp?SrchID=5118 
決算や小学校給食、子どもの貧困対策など30分余にわたる質疑のうち2番目、上郷深田遺跡についての質問では、暫定2車線の道路下の未発掘部分の調査も含め言及していますが、教育長は上郷開発計画の未発掘遺跡調査と矮小化しています。13日(木)に予定されている道路局関連の審査においては、この点を含めたた追及が望まれます。
注:長谷川市議の録画全体は約36分。このうち上郷深田遺跡については2:00~8:00です。

上郷開発NO! 埋蔵文化財保全問題(速報)

「上郷深田遺跡」危うし?
発掘調査のルール無視の開発に警鐘

過去現在未来にわたる市民の共有の財産ともいうべき「埋蔵文化財」。
開発にともなう造成工事によって姿を消す前に記録保存のための発掘調査を行うことが決められたケースでも、実測図や遺物・遺構の写真などを収録した報告書の作成がなおざりにされ、港北ニュータウン開発では発掘調査された268カ所の遺跡群のうち7割にあたる192遺跡について報告書が作られていないという、驚くべき実態が明らかになった。9月30日付けの東京新聞が大きく報じたもので、市道舞岡上郷線の仮設道路沿線一帯に眠る「上郷深田遺跡」についても言及。

この問題は4日(火)午後開かれる市会常任委でも質疑が行われる予定。
「データサイエンス」を掲げ選挙戦を制し市長となった山中市政下、担当部局である横浜市教育委員会の対応が注目される。
 東京新聞2a
 東京新聞 9月30日

注:「分析」が目的の統計学と異なり、データサイエンスは「問題を正しく捉えて解決に導くツール」とされています。山中竹春市長はコロナ対策などの市政運営にもその手法を取り入れていく、としていますが、コロナ対策の評価はさておき教育文化行政とりわけ都市開発と埋蔵文化財の保全対策にあたって、データサイエンスがどういう形でとり入れられるか‥‥。

上郷開発NO!  埋蔵文化財保全アクション

歴史遺産軽んずるな! 
上郷深田製鉄遺跡の保全に向けて

15日付けの東京新聞は市道「舞岡上郷線」の六浦街道(環状4号)寄り地下に眠る上郷深田製鉄遺跡の保全問題について、横浜市が埋蔵文化財の記録保存に必要な「調査報告書」の作成を怠っていたことを大きく報じました。


 東京新聞 9月15日

上郷開発NO! 瀬上沢ホタル観賞ガイド(3)

ゲンジの世、いまがピーク?
有終の美 800頭のあえかな光の舞い

横浜地方は今夜は8時過ぎから降雨のおそれがあるものの、
気温は22度前後と快適で日の入りは6時53分。
雨具の用意を忘れずに、いざ瀬上! ホタル観賞へ?

先月来のホタル街宣のレポートが届きました。

■瀬上沢通信員便り 2022ホタル観賞ガイドNo.3

ゲンジボタルの発生は今が最盛期かと思われます。
毎年観に来ているという人の話から推察すると、栄高校下から
瀬上池の間で、おそらく800頭以上出ているようです。

逆に栄高校下から横堰(よこぜき)の間の下流部では減少して
いました。カウントしている人に聞いたら、ノーコメントとい
うことでした。

横浜市は円海山に連なる瀬上市民の森を「横浜つながりの森」(注)
エリアと位置付け、呼び物にしていますが、ホタルの発生数の
調査・公表をしておらず、ホタル鑑賞者に対する立ち位置が不明確です。

逆に、先日NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)の職員3名に
出会い、横浜環状南線(圏央道)の工事の自然への影響を把握する
ため、3日おきにホタルの発生数をカウントしていると聞きました。

来訪者の概数は、5月27日(金)150名、28日(土)400名、29日(日)
200名。今月に入って6月3日(金)300名、4日(土)1200名でした。

瀬上沢で大規模な開発計画があることは殆どの市民が認識しており、
人口減のなか「自然を残すべき」「今さら時代遅れ」という声が聞かれました。

またある人から、「SDGsのDを開発としているが発展の意であり、
都市開発の場合は、むしろ自然を搾取する意、(EXPLOITATION)では
ないか」と聞き、帰って辞書を調べたら、開発と搾取という訳が並ん
でいました。

◎「横浜つながりの森」とは?
「つながりの森」のコア区域である円海山周辺は、多摩丘陵から三浦半島の先まで続く 丘陵地の一角をなしており、多摩丘陵の南端部と三浦半島に続く三浦丘陵との結節点となっています。
この多摩丘陵から三浦半島の先まで続く丘陵地は神奈川県東部で最も大きな緑地です。 「つながりの森」は円海山(標高 153.3 メートル)から横浜市最高峰の大丸山(おおまるやま、標高 156.8 メートル)までが、標高約 100~150 メートルの樹林に覆われた丘陵地となっており、この丘陵地は、南側の鎌倉市、三浦市へと続きます。
(横浜市環境創造局HPから)


追伸
#桜並木を切らないで!
思えば、近くは上瀬谷の「海軍道路」の桜並木、東京では神宮外苑に
おける100年も経った大木約1000本の伐採計画など都市計画法
では、経済第一の行政の独断で行えるようになっており、本来あった
日本人の自然への畏敬、共生の念が振り回されています。
「上瀬谷の未来を考えよう会」の発信をご案内します。
="_blank" title="桜並木を切らないで!">桜並木を切らないで!

上郷開発NO! 瀬上沢ホタル観賞ガイド(第2報)

嵐の前の賑わい? 瀬上沢緑地の風物詩
ホタル観賞にベストな時節がきましたが

27日(金)、朝からの強雨が午後にはすっかりあがり晴れ間も。あいにく瀬上沢小川アメニティ沿いの道はところどころ泥濘(ぬかるみ)が出来ていたのですが、「雨上がりの夜」という、ホタル観賞にとっては好条件……。 

港南台駅頭の風物詩?となっていた「上郷・瀬上の自然を守る会」そして「上郷開発から緑地を守る署名の会」による街頭宣伝活動は、コロナ禍による活動自粛で中断を余儀なくされてきたのですが、この日は久々に瀬上沢現地で「上郷開発計画」の問題点を指摘する最新のチラシ配布が行われるなど、ホタルの季節ならではの賑わいが少し戻りました。

気象予報によれば、本日28日(土)は西日本や東日本はおおむね晴れて、昼間は30℃近くまで気温が上がり(横浜は27℃、降水確率0%)、夏のような暑さになりそう。横浜地方の日の入りは18時48分ですが、月齢27.3、そして週明けの30日(月)は新月という暗闇の時節到来で、まさに月末~来月初旬は絶好のホタル観賞日和のようです。
で、今シーズンのホタルの飛翔数は? また 「ほたる観賞にベストな天気と時間は?」というシンプルな問いにお答えします。

■瀬上沢通信員便り 2022ホタル観賞ガイドNo.2
人出はシーズン初めということで、100人程度でした。
また、24日付けブログの「下流部で早くも100頭!」というレポートを見てきたという人にも会いました。

さて、この日のホタル発生の様子は、横堰から栄高校下までの間で数十頭、栄高校下から瀬上池の間で約100頭と増えていましたが、言葉を交わした人の話では「はま寿司」裏では数十頭ぐらいに減っているとのことでした。


■資料:守る会5月街宣チラシ 表面

2022年5月チラシ表 3

■ 同 裏面

 2022年5月チラシ裏

 注:配布するチラシは活動経費節減のためリソグラフによるモノクロ印刷です。
 
              ★     ★     ★
以下、「ほたる観賞にベストな天気と時間は?」という問いに応えるため、 「ウェザーニュース」の記事からそっくり引用します。(2018/05/11)

ほたる観賞にベストな天気と時間は?
西日本や東日本の太平洋側からほたるの季節が到来! 
ほたるを観賞するのにオススメな天気とベストな時間をお伝えします。
◆ベストな観賞日とは?
ほたるは求愛行動のために光るため、その光がより目立つ日に多く見ることができます。
そのため、月が煌々と夜空で輝いている日はちょっと難しそうです。また、風が強かったり、気温が低い日もホタルはあまり姿を見せてくれません。以上のことから…
 ・曇っていて月明かりがない
 ・風が弱い
 ・気温が20℃以上

という条件がそろった時、最も見えやすくなります。
◆オススメな時間
 ・20時〜21時
 ・23時頃
 ・翌2時頃

ほたるは19時半頃から徐々に飛び始めます。
つまり、この時はまだポツポツとしか飛んでいない可能性があります。

ここから徐々に数が増えていき、20時〜21時頃にピークとなります。

ホタルは夜に3回ほど飛び交い、20時〜21時の1回目が終わると、次は23時頃、その次は日付を廻って2時前後となります。
ただ、21時を過ぎると、ほたるの数は少しずつ減ってくるため、見に行く時は20時〜21時頃が良さそうです。
 注:ウェザーニュース https://weathernews.jp
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)