上郷開発NO! 林市長3選にあたって

上郷瀬上開発計画は「封印」を! 林市長3選にあたっての要望

自民・公明両党が推薦する現職の林市長に元衆院議員の長島氏と元横浜市議の伊藤氏が挑み、三つどもえの戦いとなった横浜市長選。
2期8年間の実績を背景にしたとはいえ、安倍内閣の支持率が急落する中で今回は政権与党推薦候補として気鋭の2候補の挑戦を受けただけに、3選は果したものの批判票や無党派層の票は長島・伊藤両候補にも多く流れ、とりわけ投票率42.05%と今回18区で一番高かった栄区での林候補の得票率は51.21%。18区中、伊藤候補の地元である緑区・青葉区に続き下から3番目と低い結果となりました。(栄区の投票率は前回も32.63%で18区中最高でした)

  《市長選の確定得票》 
             全市    栄区   港南区
  林  文子 71  598,115   21,881   38.280
  長島一由 50  269,897   12,157   17,853
  伊藤大貴 39  257,665   8,689    14,733 

しかも選挙戦で主要な争点となると思われたカジノを含めた統合型リゾート(IR)施設誘致の是非について、新人2人が反対を明言し論争を挑んだのに対し林市長は公約では「導入検討」を掲げながら最後まで慎重な言い回しに終始し争点化を忌避したのですね。そんなことから、開票結果を伝える7月31日の東京新聞は朝刊の社説で、「せっかくの横浜の歴史と文化も台無しになるだろう」とのリードを付し、「カジノはやはり封印を」とクギを刺しています。

  img045_convert_20170802141349.jpg
     東京新聞 7月31日付け社説

他方、同じ日の朝刊1面で「林市長が大差で3選」との大見出しを掲げた神奈川新聞も、社説では選挙戦は現職陣営の巧みな戦術が奏功し「反カジノ」と「中学校給食の実現」という争点がぼやけ盛り上がりに欠けたとした上で、「今回の市長選は人口減時代を迎える『転換期の市政』を問う重要な選挙だった。にもかかわらず選挙戦が盛り上がりに欠け、投票率も30%台と振るわなかったのは残念だ」と厳しい論調で、林市長に対して「謙虚で丁寧、かつ明確な市政運営を求めたい」と、何やら安倍政権批判にも似た注文を記しています。

さてこうしたメディアによる報道とは別に、今回の市長選にあたって私たちは、前々回2009年8月、前回2013年8月に引き続き候補者各氏に公開質問状を発して環境&開発問題についての見解を求めたのですが、手違いもあって投票前に回答を掲載することができませんでした。

そこで選挙公約及び7月25日付けで寄せられた林市長からの回答の紹介をふまえ、改めて上郷開発問題について、市民目線に立ち、次世代にみどり豊かな住環境・自然環境を残し伝えていくことを要望したいと思います。

◎市長選にあたっての林文子候補のHP(選挙公約)から
A4で41ページに及ぶ総合的(総花的)な選挙公約で、みどり・環境に関連するものは一般的な記述にとどまっています。
 環境・エネルギー・みどり
 お約束7
次世代に誇れる緑豊かな地球にやさしい環境先進都市を内外に率先して築いていきます。

緑のこれまでの市の先駆的取り組みや「地域緑のまちづくり事業」、「全国都市緑化よこはまフェア」の成果を活かし、次世代に誇れる緑豊かな横浜のまちづくりに一層取り組みます。

■資料:守る会「公開質問状」への回答から 注:質問は要旨
安倍内閣の支持率急落の原因の一つとされた四国における加計学園による獣医学部設立認可問題。
国会審議における野党の追及の最大の争点は、国家戦略特区での審議&認可が「初めに加計学園ありき」で歪められ、多額の公共資金が支出され、しかも正式な決定を待たず建設工事が着々と進められていること。

上郷開発においても、横浜市は関係部局担当者による評価委員会でのGOサイン以降、一私企業である東急建設と一体となって市街化調整区域の緑地を破壊する大規模な開発計画を推進する立場に身を置き、まさに「初めに上郷開発ありき」。

公開質問状への回答で市長は「今後は都市計画審議会の審議を経て、結論を出すこととなります」と記すのですが、圧倒的多数の市民が寄せた開発反対&緑地保全を求める署名、また公聴会での意見陳述、さらにはそもそも「みどり税」の導入に際して大きな市民的合意とも目された緑地保全→緑被率減少への歯止めへの願い……等々と真摯に向き合うなら、人口減と高齢化、空き家の増大、大規模自然災害の多発という経済社会情勢や自然環境の激変に対するため、既に開発の主要な目標やセールスポイントが崩れた上郷開発計画をいったん封印し、あらためて緑地としての保全策を追求すべきではないでしょうか。

質問1 市街化調整区域の貴重な緑地を破壊して行われる上郷開発に賛成ですか反対ですか。
回答:地区の将来を見据え、緑地保全とのバランスがとれた開発計画と考えています。なお、今後は都市計画審議会の審議を経て、結論を出すこととなります。

質問2 民意は圧倒的に開発反対・緑地の全面保全を願っています。この民意をいかに評価されますか。
回答:緑地保全を望まれる声とともに、長年待ち続けた地権者の思いなど、ご意見の多少ではなく、内容の合理性などを勘案して総合的に判断していくことが大切だと考えています。

質問3 市はみどり税を徴収して緑被率のアップを図ろうとしていますが、今回の開発でこのエリアで市街地を造成すれば約3割の緑地は失われてしまいます。また地球温暖化防止のパリ協定の趣旨にも反することになります。これについてのご意見を。
回答:緑豊かな環境を将来に引き継ぐためには、緑の永続的な保全が課題であり、そのためには、土地所有者や関係者の方々のご理解、ご協力が大切です。
このため、みどり税の活用など、緑地の減少に歯止めをかける取組を進めており、例えば、特別緑地保全地区や市民の森などをみどりアップ計画期間(平成21年度~28年度末)に約790ヘクタール指定するなど、みどりアップ計画前に比べて約5倍のスピードで樹林地を保全しました。また、市街地における緑の創出や農に親しむ取組を一層推進していきます。

質問4 2016年8月に閣議決定された国の国土利用計画は災害に対して脆弱な構造からの脱却を基本方針としています。ところが開発計画地のほとんどのエリアは「大規模盛土造成地」ですでに10mの盛り土が行われており、この上さらに最大14mの埋め立てを行うと地盤工学などの専門家が「宅地造成してはいけない」と危険性を指摘する典型的な軟弱谷地への盛り土造成地になる上、県が公表した「大正型関東地震による被害想定」で「液状化の危険度が極めて高い」エリアとなっています。国土利用計画に逆行し、自然災害の発生が予見されるところでの市街化を進めようとしていることについて、市民の安全問題に焦点を当て、いかにお考えかお尋ねします。
回答:まちづくりでは、地震や風水害などの対策を図ることは大変重要だと考えています。
今回の計画を策定する中で、地震や風水害等の環境影響について、条例に基づき事業者が行った環境アセスメント手続きの中で、専門家で構成する横浜市環境影響評価審議会において、慎重に審議を重ねたうえで答申をいただきました。また、事業者に送付した市長意見では、事前の地盤調査や圧密沈下対策、法令等を遵守した設計施工を行うことを求め、法令や施工基準等を遵守して工事を行うと回答を得ています。
今後も、安全なまちづくりに向けてしっかりと取り組んでいきます。



上郷開発NO! 開発計画“陳腐化”問題(速報)

地域医療&保育に新機軸! 「港南台医療モール」が6日にオープン

東急建設&横浜市が市街化調整区域の緑地をつぶす大規模な宅地造成の上に建設をもくろむ上郷開発計画提案。
人口減や高齢化に伴う空き家の増大、また激甚な気象変動による豪雨と土砂崩れの頻発等々、避けて通れない現実(ファクト)に背を向けた机上の開発事業プランの陳腐化についてはブログや守る会のチラシで具体的に指摘してきましたが、上郷エリア近隣の市民待望の医療モールが6日オープンしました。

横濱タウン新聞は13日付け発行の1、2面で6つのクリニックと病児保育室からなる同モールの開設を大きく紹介しています。
1日と2日に開かれた事前内覧会には1万人を超す地域住民が来場、“日本最大”を謳う病児保育室「東海キッズケア」のオープニングイベントとして特設された縁日コーナーなどは親子連れでにぎわったとか。

 
 横濱タウン新聞7月13日号から

上郷開発NO! 6月街宣活動レポート

計画承認待たず陳腐化! 大義名分失った上郷開発計画

24日(土)、翌日からの梅雨空予報を前に、タイミングよく街宣を行う
ことができました。

2017062509280000_convert_20170625114045.jpg

今回の街宣では、横浜市が「開発計画は地域の利便性向上に資する」
としている最大の目玉(セールスポイント)の医療モールが、建設予定地
と目と鼻の先に1週間後の7月3日(月)にオープンする運びとなり、既に
あるホームセンターも含め開発計画自体が陳腐化して、都計審(横浜市
都市計画審議会)における審議を待たず、すでに“開発の意義”が失われ
てしまっていることをメインに訴えました。

DSCN1419_convert_20170625114142.jpg
7月3日オープン予定の港南台医療モール

この日の朝刊各紙に「港南台医療モール」のオープンと、一般向けの内覧会開催(1~2日)を告げるチラシが折り込まれたこともあり、市民の関心も高く、守る会の街宣チラシを手に話しかける方も多く、手ごたえ十分の街宣となりました。
 日時:6月24日(土) 11時~12時 
 場所:港南台バーズ前
 参加:9名 チラシ配付約250枚、カンパ2000円

■守る会街宣チラシ:表面

 img037_convert_20170625114559.jpg

■資料:内覧会を告げる広報記事

nairankai_convert_20170625114303.gif

以下、同モールの目玉?である病児向け保育室「東海キッズケア」の宣伝文句。(HPから抜粋)

最大定員300名 日本最大規模の施設です。
4階に5部屋、2階に12部屋、合計17部屋があります。感染病、隔離室も設けております。
床暖房が完備されています。
部屋の間仕切りにはガラス張りの部分があり
各部屋の状態が目視出来るので安心です。
毎日開室しています。(年末年始を除く)
.
午前7時~小児科医診察
事前のかかりつけ医の受診不要
医療モールの中に当保育室、小児科の他
3つの内科 耳鼻咽喉科 泌尿器科 血液検査室
調剤薬局が入り緊密な連携を取ります。
 

2017ホタル観賞ナイト:速報(その5)

まだまだ魅せます瀬上のホタル 歓迎!弁護士会現地視察団御一行様

15日(木)夕から夜にかけて、神奈川県弁護士会の公害・環境問題委員会に所属する弁護士有志が上郷開発計画予定地の現状を視察、その後、瀬上沢のホタル観賞を行いました。

この日6時過ぎ、集合場所となった横浜栄高校正門前にはベテランから若手まで約20人のメンバーが次々と駆け付け、中には小さなお子さん連れのママさん弁護士も。

2017061603210000_convert_20170616032729.jpg
守る会・井端世話人代表(左)のガイドで現況を聞く
2017061603150000_convert_20170616033021.jpg
K1(トンネル)から横堰に向け藪の中を下る
2017061603140000.jpg
市? 東急建設? 密かに土地調査が進む

情報筋によれば今年の瀬上のホタルは「ピークを過ぎた」と言われており、この日のホタルロード来訪者数は守る会の緊急アクションが行われた10~11日に比べて大幅減。
しかし星空の下、漆黒の闇夜となった午後8時頃には池の下広場の前では水辺沿いから樹林の高みあたりにかけて、あえかな光を放ちながら遊弋するホタルはざっと200頭(匹)ぐらい。時を置いて輝きを競う度に、感嘆の声が広がっていました。

横浜地方では久々の本格的な降りとなった13日の雨が恵みの雨となって、数こそ少ないものの下流でも蛍石あたりはじめ小川アメニティ沿いの各所で幻想的な情景をまだ見ることができ、「2017ホタル観賞ナイト:源氏の巻」はもうしばらく楽しむことができるようです。
今シーズン、まだホタルを未見の方は、ぜひ週末に瀬上沢を訪れ、この豊かな自然の恵みを体験なさってはいかがでしょうか?
そして、一民間事業者(東急建設)の目先の開発利益を最優先し、次の世代に残すべき緑の自然環境の破壊に手を貸すことに直結する上郷開発計画案の推進に汗をかこうとしている横浜市の関係部局(建築局・都市整備局・環境創造局)の猛省を促す運動へのサポートをお願いいたします。

上郷開発NO! 緊急アクション瀬上沢篇/概報

緊急アクションを1000名が支援 ホタル観賞の夜、賛同署名あいつぐ

ホタル観賞シーズンを迎え、6月2日(金)~4日(日)、また9日(金)~11日(日)と2週連続して、守る会の街宣チームは瀬上沢現地入口(横浜栄高校グラウンド下の広場)で横浜最後の大自然を守るための「緊急アクション」の一環として賛同署名を呼びかけてきましたが、昨11日夜をもってひとまず終了、その概報が届きました。

初日こそホタルも署名活動メンバーも少なかったものの、終盤の10、11日はパタゴニア日本支社スタッフ有志の支援を受けたこともあり両日ともそれぞれ10名がボードを手に緊急アクションへの賛同署名を呼びかけ、最終日の昨夜までで延べ参加者36名、賛同署名約1000名(そのうち横浜市民が8割強)、カンパ総額14600円という大きな成果を得ました。

この先なお瀬上沢小川アメニティ沿道のホタルロードなどで源氏ホタルに続き平家ホタルの遊弋シーンが見られ、15日(木)夜には有力な公害・環境活動グループ有志による上郷開発計画現地視察をかねたホタル観賞が予定されるなど、「初めに開発ありき」?もどきの横浜市の都市計画案審査の流れを検証し、その撤回を求める「緊急アクション」への賛同の輪は大きな広がりを見せつつあります。

なお平家ホタルの飛翔状況はじめこの先の瀬上沢の様子についても折々にレポートしますが、とりあえず昨2016年の状況については次の記事をご参照ください。
http://segamizawa.blog54.fc2.com/blog-date-201606.html 2016平家
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月、新たな動きが…?

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)