fc2ブログ

上郷開発NO! 東急建設社長宛て公開質問状

上郷開発計画からの撤退を
21日、東急建設社長宛て「公開質問状」を提出

26日付けで横浜市はワクチン接種担当部門の強化のための大幅な人事異動を発令しました。(これに先行する19日付けの部長級3名はじめ市長部局各局で「健康福祉局健康安全部健康安全課担当課長兼務」など課長・係長28名)。
後手後手、ドロナワもどきの遅々たる歩みながらコロナ禍への対応の一歩前進を前向きに評価したいところですが、さて?
梅雨前線の足早な北上に呼応するかのように、瀬上沢ではホタルとアジサイの季節が到来しましたが、不要不急の外出自粛のキャンペーンもあってか、ホタル観賞の「人流」は例年に比較して少ないようです。

さて、これに先立ち21日付けで「署名の会」および「守る会」は東急建設の社長宛てに「公開質問状」を送り、上郷開発計画からの撤退を改めて求めるとともに、開発関連の諸課題についての書面での回答を求めました。
以下、支援者らに宛てた案内と、公開質問状を資料として添えます。


■会員&支援者宛て案内メール

上郷・瀬上の自然を守る会 会員各位
上郷開発から緑地を守る署名の会 会員各位
両会を応援していただいている皆様

ご承知のとおり上郷開発事業は、まだ許可されておらず、東急建設からの
開発許可申請自体が、まだ提出されていません。

このような中、「署名の会」及び「守る会」は、東急建設上郷事務所と昨年来
3回ほど話し合いを行ってきましたが、このほど東急建設㈱社長あて公開
質問状を発信する運びとなりましたのでご案内いたします。

質問状には一昨年来の住民からの意見書と再意見書に対する東急建設の
見解書と再見解書のやり取りに含まれている内容も記されています。

しかし、両者の主張に関しては意見書と見解書のみが栄区役所と市役所で
公開されているだけであり、市のHPでは公表されておらず、必ずしも
一般に公表されているとはいえません。

そこで、最近注目されてきているSDGsなどに関する質問を加味しながら
改めて公開質問状を提出することとなりました。

両会世話人一同

■資料1:東急建設社長宛て添え書き

東急建設社長あて質問状への案内状

資料2:  同 公開質問状


東急建設あて公開質問状 5月21日-1
東急建設あて公開質問状 5月21日-2
東急建設あて公開質問状 5月21日-3

上郷開発NO! 2021瀬上沢ホタル観賞ナイト(第1報)

ホタル元気です コロナ禍にめげず
5月末から6月第一週が発生のピーク?

コロナ禍による感染拡大の激化、それにもかかわらず今もワクチン接種予約の電話が全くつながらず、わが周辺のご高齢の方々の間でもヤキモキ、イライラしている方が多いのですね。
ワクチン接種の成否がオリンピック開催そして支持率の急降下で危機感を増す菅政権の命運を左右する?と言われるだけに、巷(ちまた)の関心はどうしても目先の緊急事態に向かいがち。
で、「接種7月完了」、首相「何言われても、突き進む」、「大規模会場 1日100万回」(24日付け読売新聞朝刊1面)、「横浜大規模ワクチン 接種会場ハンマーヘッド 来月6日にも開始」(同紙湘南地域版)等々、新聞報道は連日勇ましいのですが、政府や林市政の声高なアピールにもかかわらず65歳以上の高齢者(約3600万人)の接種率が今も数パーセント足らずとあっては、どうしても不要不急の外出自粛へと自主規制せざるをえないようです。

さて、過疎の地ならでは…栄区の感染者数が横浜市内18区で最少(24日現在)ということもあって、瀬上沢緑地の最新のレポートをお届けします。(「2020年ホタル観賞ガイド」第1報も5月25日でした)


■瀬上沢通信員便り 2021ホタル観賞ガイドNo.1

今シーズン初めて瀬上沢にホタル探訪をしてきました。
4月に適当な雨量があり、その後も気温が高めに推移したので
今年はホタルの発生が早いと見込んだとおり、すでに沢山の
飛翔が見られました。

横堰の上でホタルを数えて人いるに出会い、「瀬上沢沿いの道路と
舞上線が交差するガード下から瀬上池の間で160頭」という
情報を得ました。

瀬上沢の下手から歩き始め、「はま寿司」の裏あたりで約30頭、横堰と
3軒家の間で約60頭(今年はここが既に圧巻)、その後はチラホラで、
雙葉小学校の田んぼあたりで約20頭、瀬上池下で約30頭
という感触でした。

今後の天候にもよりますが、今年は5月末から6月第1週が
ホタルの発生ピークと思われます。

なお5月は26日(水)が満月で、それ以降、月の出は遅くなるので
ホタル観賞には好都合となります。


追記 なおちなみに26日は“スーパームーン”の日。
スーパームーンとは一般的には地球との距離が近く、大きく見える満月のことですが、実は明日26日には皆既月食とこの“スーパームーン”のタイミングが重なり、「2021年で最も大きな満月の皆既月食」が見られる(20時9分から20時28分までの約20分間)そうで、ホタル観賞と併せて自然の恵みや不思議を体感できる好機。
でも、ホタル観賞に出かけるべきか、自宅で天を仰いで皆既月食観察にとどめるべきか、う~ん、難しいところですね。(ブログ制作担当)

◎以下、国立天文台のサイトによる解説から。
次回は12年後…普通の月食との違いは?
――「最も地球に近い満月が皆既月食になる」のはどれだけ珍しい現象?

月食自体、日本からは見られないものを含めても平均して年間1~2回程度しか起こらない珍しい現象ですので「その年、最も地球に近い満月が皆既月食となる」ことは、それよりもさらに珍しい現象となります。
「その年、最も地球に近い満月が皆既月食となる」のは、
 前回…2015年9月28日(6年前/日本では見えない) 日本で見えたものに限定すると、1997年9月17日(24年前)
 次回…2033年10月8日(12年後/日本でも見られる)
このように、単純な「○○年おき」という周期はありませんが、次回も見ることができる方は多いでしょう。


上郷開発NO! 開発事業計画への警鐘

改めて大規模宅地開発の安全性を問う 
5日、開発計画地の安全&水害問題で市に陳情

上郷・瀬上の自然を守る会 会員各位
上郷開発から緑地を守る署名の会 会員各位
両会を応援していただいている皆様

横浜市あて4月5日、2通の陳情書を提出しましたのでご案内します。
詳細は添付をご覧ください。要約は下記のとおりです。
1.上郷開発計画地の地盤の安全性に関し、十分な検証を行なうことを求める陳情
 東急建設㈱による上郷開発事業の開発申請は、年初に提出される予定でしたが、事前協議が整わず、まだ申請書は提出されていません。
 上郷開発計画地の約4割は、40年以上前に埋め立てられた大規模盛土造成地であり、埋立にどのような材質の土砂が用いられたか不明です。
 また、環境影響評価審査会は2014年に提出した答申書に、計画地の一部が軟弱地盤であることを踏まえ「施工前の地盤についてボーリングなどによる綿密な調査を行うこと」を記しています。これを受けて横浜市長は東急建設への意見書にその旨記し、東急建設も見解書で、その実施を約しています。
 一方、国交省は大地震発生時の大規模盛土造成地における滑動崩落を未然に防止するべく、その対応策についてガイドラインを提示しています。横浜市は、このガイドラインに基づき、簡易な方法による開発計画地の暫定的な安定計算を実施していますが、この陳情では開発申請時に提出される上記の調査結果から、埋め立てに実際に用いられた土砂の情報を有効活用して地盤の安全性確認を入念に行うなど、開発が許可された場合の宅地造成に万全を期すよう求めています。

 大規模盛土造成地の滑動崩落対策推進ガイドライン及び同解説について  国交省
 <https://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_tobou_tk_000015.html>
 <https://www.mlit.go.jp/common/001090725.pdf>
  
2.いたち川流域の緑地における2019年秋の豪雨と台風による崩落被害が治水に与える影響を検証し、その検証結果を治水・都市計画に反映することを求める陳情
 いたち川流域の緑地においては、2019年秋の豪雨と台風により、多数の崖地の崩落被害が発生しており、岩盤が剥き出しになっています。
 しかし、横浜市は種々の制約から、その被害状況を十分に把握できていません。昨今の気象の激化に伴う豪雨の増加に加え、崖地の崩落に伴う岩盤の露出と表土の流出は開発とともに水害の増大要素となることが危惧されます。
 そこで、岩盤が剥き出しになっていることに起因する雨水の流出増や表土流出によるいたち川の河床の上昇など洪水対応力への影響を検証するとともに、その検証結果を治水・都市計画に反映することを求めています。

  両会世話人一同


上郷開発計画地の地盤の安全性に関し、十分な検証を行なうことを求める陳情


上郷開発計画地の安全性に関し、十分な検証を行なうことを求める陳情書-1
上郷開発計画地の安全性に関し、十分な検証を行なうことを求める陳情書-2
上郷開発計画地の安全性に関し、十分な検証を行なうことを求める陳情書-3
上郷開発計画地の安全性に関し、十分な検証を行なうことを求める陳情書-4
 上郷開発計画地の安全性に関し、十分な検証を行なうことを求める陳情書-5   資料3 2月27日 朝日新聞夕刊

いたち川流域の緑地における2019年秋の豪雨と台風による崩落被害が治水に与える影響を検証し、その検証結果を治水・都市計画に反映することを求める陳情


再提出 市長あて陳情書「いたち川流域の緑地における2019年秋の・・」-1
再提出 市長あて陳情書「いたち川流域の緑地における2019年秋の・・」-2
再提出 市長あて陳情書「いたち川流域の緑地における2019年秋の・・」-3


上郷開発NO! 緊急のお知らせ

なぜ? 震災への備え 県と市で落差 
本日、市会常任委で請願審査へ 緊急のお知らせ

ドタバタ、あたふた、まるでオリンピック組織委の会長辞任劇もどき?で恐縮ですが、本日16日(火)午前10時から開かれる市会の常任委で、守る会&署名の会が提出していた上郷開発問題関連の請願の審査が行われる予定です。

本日の常任委を取材し、本件請願で私たちが投げかけた問題点を詳しく報道するよう求めたメディア宛ての要望書と、関連する新聞記事を遅ればせながらご紹介します。

なお常任委については9時30分からインターネット中継が行われる予定ですので、お知らせします。
https://gikaichukei.city.yokohama.lg.jp/g07_broadcasting.asp


■メディア宛て発信文書

  横浜市政記者クラブあて 横浜市の震災対策の改善を求める請願の審査のご案内


■関連資料

2021_2_9_譛晄律譁ー・01_convert_20210216083932
  朝日新聞 2月9日付け朝刊

上郷開発NO! 2021年頭にあたって

   ブログ-1

            ◇  ◇  ◇ 


1月2日、東京・神奈川・埼玉・千葉4都県の知事はコロナ禍の感染拡大を受け、政府に対して「緊急事態宣言」の発出を要請。
政府の後手後手の対応もあって、神奈川県下でも感染拡大の波の急激な高まりによって医療体制崩壊への危機感が増していますが、こうした非常時?にあってこそ私たちの暮らしに直結する自然環境・住環境のあり様について見直しを心がけたいもの。
2020年、私たちは緑地破壊&大規模宅地造成による周回遅れ、不要不急の上郷開発計画の見直しを求め、あらためて東急建設及び横浜市の関連部局との折衝を重ねてきましたが、開発事業計画の提出時期とされる本年2021年こそ計画見直しのラストチャンスと捉え、関係各方面への交渉&行動を進めていきます。引き続き、ご指導・ご支援・ご協力をお願いいたします。
プロフィール

上郷/署名の会

Author:上郷/署名の会
横浜7大緑地の1つ「瀬上市民の森」に連なる瀬上沢はホタルの自生地として知られ、貴重な動植物が生息する自然の宝庫です。またみどり豊かな里山風景を今に残し、古代の製鉄遺跡や江戸時代に使われた横堰などの文化遺産も眠る横浜市民共有の財産とも言うべき緑地です。
その瀬上沢に大規模な上郷開発計画が浮上したのは2005年。瀬上沢を愛し、それぞれに保全運動をしてきた市民は、2007年6月に「上郷開発から緑地を守る署名の会」を結成、開発計画の中止と緑地の全面保全を求める活動を開始し、同年12月、市内全域はもとより全国各地から寄せられた92000筆あまりの署名を添えて横浜市長と市議会に陳情書を提出しました。
2008年9月、横浜市都市計画審議会は計画を承認せず、「上郷開発事業」は中止となりました。しかし地権者でもある開発事業者・東急建設は引き続き「開発の意思」を表明。2012年1月、ついに第3次開発計画の事前相談書を横浜市に提出しました。私たち「署名の会」はあらためてこの開発プランの問題点を指摘、瀬上沢の全面保全を求めて新たな活動を開始しました。
そして2014年1月に始まった新たな動きがいま地域の住環境・自然環境を揺るがす重大な岐路に……。

瀬上沢だよりの掲示板へのリンク
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
過去の記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
署名の会 (93)
関連団体 (44)
環境問題 (61)
事務局通信 (2)
横浜市&神奈川県 (3)
未分類 (570)
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター(from 2009/9/19)